トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【自然を愉しむ】17 マイル・ドライブ(17 Mile Drive)(Monterey County)

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員ブログ

【自然を愉しむ】17 マイル・ドライブ(17 Mile Drive)(Monterey County)

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年7月31日

こんにちは、かんです。☺


皆さん、お元気でお過ごしですか? 3月上旬のSIP(自宅待機令)開始から、早くも4ヵ月以上が過ぎました。
筆者の家庭は一家揃って仲良く、遠出や家族以外の方との接触は最低限に(社会的距離を守った生活に必要な食料や日用品の買い出しや、近隣の散歩をする程度)、自宅待機に努めながら元気に過ごしています。しかし、先の独立記念日の連休前の平日(木曜)、筆者の旦那さまが有給をとったのをきっかけに、家族総出で日帰りの遠出をすることにしました。


行き先はモントレー半島にあるカーメル。通り道にあたるサンタクルーズにもよることにしました。
渋滞もなく、出先でも特に人混みに紛れることもない遠出をしてきました。


カーメル・バイ・ザ・シーと17マイル・ドライブ


カーメル・バイ・ザ・シー (Carmel-by-the-Sea)は、サンノゼより南、モントレー郡にある小さな町で、通常カーメルと呼ばれています。サンフランシスコからは南に約190km、ロスアンゼルスからは北に約530kmの位置にあり、とてもかわいいダウンタウンと周囲の美しい景観で知られています。


1905年頃より芸術家たちが集い始め 、芸術家とアートの町として発展してきたとか。1986年には、かの俳優、クリント・イーストウッド が投票者の支持を72.5 %も獲得して市長に当選しました。一期2年間のみ務めたそうです。


そのカーメルの美しい景観のひとつが、17マイル・ドライブ(17 Mile Drive)です。
モントレー半島の海岸線に沿って、いくつものビーチと海洋動物、森林、ゴルフコース、邸宅などが楽しめるのだとか。噂には聞いていたものの、筆者は一度も行ったことがありません。サンノゼ育ちの筆者の旦那さまもいまだに行ったことがなく、また、17マイル・ドライブはその名のとおり、風光明媚はドライブ・ウェイ。ならば、きっと安全に景色を楽しめるのではないか、と目的地に定めました。


17マイル・ドライブの豊かな自然


17マイル・ドライブ は最高でした。ぜひ、お出かけください。このひと言に尽きます。


Carmel5.png

17マイル・ドライブの多種多様な見事な眺めと海の動物たち


まず、私たちは平日の木曜日に出かけたのもよかったと思うのですが、車で並ぶこともせず、ナビゲーションに従ってそのままスムーズに17マイル・ドライブに進入しました。17マイル・ドライブの入口には、最初に入場料を払うゲートが有り、そのゲートの右側が観光者用入口、左側が17マイル・ドライブの居住者用入口に分かれています。しかし、ゲートの方が観光客に両ゲートを開放してくれていました。入場料を払い、17マイル・ドライブの観光マップを受け取り、そのまま車で進みます。


どこも見事で、海が美しくて。モントレー半島はその海の透明度の高さときれいさでも有名ですが、浄土ヶ浜水島 を思わせる、エメラルド色の透き通った海でした。


車中から眺めるのもよし、見どころごとに駐車スペースがありますので、車を降りてビーチに降りたり、海岸線をぼーっと眺めることもできます。
潮風の涼しさを楽しみ、海鳥やアザラシなどがきままに日光を楽しんでいるのを見、限りなく透き通った海の色に心を洗われ、とてもリラックスができる場所でした。


Carmel2.png


途中下車をしてトレイルを歩いたり、観光スポットごとをのんびりと回れば、1日中愉しむこともできるでしょう。
公衆トイレもありました。


カーメル・ビーチとダウンタウン


17マイル・ドライブのあとは、カーメル・ビーチに立ち寄ってみました。


Carmel3.png

カーメル・ビーチ


カーメル・ビーチには、海藻や流木が流れ着いており、観光客によるであろう流木アートなどが作られていました。また、海岸線沿いのちょっとした洞穴や植物、散策も愉しむことができます。
カーメル・ビーチからダウンタウンも近いので、ビーチのあとにはダウンタウンにも寄ってみました。


カーメル・ビーチもダウンタウンも、駐車スペースを見つけるのが難しいようですが、平日だからかそれなりにすぐに見つけられました。


Carmel4.png


Carmel6.png

かわいい町並みのカーメルのダウンタウン


ダウンタウンのお店は、ベーカリーやレストランのほか、アート・ギャラリーや宝飾店が多かったのが印象的でした。そういうお客さまが多いのでしょうね。


レストランは屋外ダイニングがメインでしたが、どこも人気で、人がいっぱい!
空いていると思われる平日でかなり混んでいるように見受けられましたので、週末などはかなり混むのではないでしょうか。


わが家はカーメルの前にサンタクルーズに立ち寄って、お気に入りのベーカリーで朝ごはんのパンとコーヒーを楽しんでいました。また、カーメルのあとにもサンタクルーズによって、お気に入りのアイスクリーム屋さんでアイスクリームを食べる予定でしたので、カーメルでは一切飲食はしませんでした。


子供がいますから、どうしても、今のような非常事態時に知らない土地の知らないレストランで飲食をするのは気が引けますし、それ以上にいつも行けていたのに行けなくなった行きつけのお店の大好きな味を愉しむ方に軍配があがります。


サンタクルーズのお店は、またいずれ紹介しますね。


久しぶりの遠出はとてもよい気分転換になりました。落ち着いた、それでいて風光明媚な眺めを満喫し、人混みに紛れずに過ごした1日は、よい充電になりました。自然を愉しめるカリフォルニアの環境をとてもありがたく思います。近隣にお住まいの方はぜひ、そうでない方も機会ができたら自然公園へのお出かけを計画してみてください。


Have a nice day + Stay safe and healthy♥



■17マイル・ドライブ(17 Mile Drive) 
・開園時間: 日の出から日没まで。
・17マイル・ドライブ入場料: 車1台につき$10.50。17マイルドライブ内のレストラン施設等で$35以上を費やした場合、入場料は返金される。バイクの入場は禁止されている。


■The Pebble Beach Visitor Center(17マイル・ドライブ内)
・住所: 3297 17 Mile Dr, Pebble Beach, CA 93953
・電話: (831)662-6394
・営業時間: 月〜金曜 10:00〜18:00、土〜日曜 10:00〜19:00

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かん

アメリカ・サンノゼ特派員のかんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員
名前:かん

かん

中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

サンノゼ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンノゼ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンノゼ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【自然を愉しむ】17 マイル・ドライブ(17 Mile Drive)(Monterey County)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について