トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【新型コロナとの暮らし】 Calero County Park②(外出禁止令下での暮らしの工夫④)

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員ブログ

【新型コロナとの暮らし】 Calero County Park②(外出禁止令下での暮らしの工夫④)

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年6月20日

こんにちは、かんです。☺
今回も引き続き、カレロ郡立公園のご紹介です。前回と今回の訪問の間は、たった2週間しか経っていなかったはずなのですが、カリフォルニアの気候と乾燥具合を目の当たりにすることになりました。


カリフォルニアの夏景色


まずは、駐車場へ。駐車場の一角に、臨設の公衆トイレがあります。公衆トイレの向かって左側にあるのは、手洗いエリアです。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.40.29 AM.png

舗装されていない自然のままの駐車場と公衆トイレ


そして、駐車場の真向かいが、公園の入口です。ゲートも何もなく、いきなり散策路が広がっています。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.40.38 AM.png

散策路の入り口


その散策路入口の右側をふと振り返ってみると、5月に広がっていたのは青々とした瑞々しい風景。
そして、6月に広がっていたのが秋色のような乾いた風景。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.41.37 AM.png

同じ風景が2週間の間に様変わり


Screen Shot 2020-06-19 at 11.41.23 AM.png

カリフォルニアの夏は茶色い風景(背景は5月の景色・白枠は6月の景色)


さぁ、6月のカレロ郡立公園ではどのような風景が広がっているのでしょうか。さっそく散策に出かけてみましょう。


6月のカレロ郡立公園


散策路に足を踏み入れる直前の右側には、こんな看板があります。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.41.43 AM.png

「ペットの落とし物はきちんと持ち帰ってくださいね」というお願いの看板


さて、この"Poop Fairy"とは何者なのでしょう?
日本では、子供の乳歯が抜けると、上の乳歯は床下へ、下の乳歯を屋根上へ投げる風習があります。地域差があるかもしれませんが、筆者の地域ではそうでした。アメリカでは、抜けた乳歯を枕下に置いて寝ると、歯の妖精の"Tooth Fairly"がその乳歯を集めに来て、代わりにお金(たいていは硬貨)を置いていってくれるという風習があるのです。


つまり、この公園には「ペットの落とし物(Poop)を集めていってくれる妖精さん(Fairy)はいませんから、ちゃんと飼い主が持ち帰りましょうね」ということなのです。


ところが、その看板のすぐ裏の散策路に、たくさんの馬の落とし物があったのはツボにはまりました。
そう、このカロナ郡立公園には、馬の散歩にいらっしゃる方も少なくなく、馬の蹄鉄で掘られた道筋や、馬の落とし物も各所にあったりします。散策中に、馬を散歩させてらっしゃる方々に遭遇することも少なくありません。


馬の落とし物を踏まないよう気をつけて散策を続けます。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.42.07 AM.png


散策路を歩き始めてすぐに、小さい湖があります。さすがに、水際は緑が残っていて、ホッとします。
この湖では、釣りを楽しむ方もいらっしゃいます。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.41.59 AM.png


しかし、大半はすでに茶色い景色です。5月の風景(下記写真の左側白枠内)と比べると、同じ場所の様変わりの早さは驚かされるばかりです。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.41.53 AM.png


でも、異なる眺めを楽しめるのはウキウキしますし、5月時とはまた趣が変わった花々には頬が緩みます。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.40.50 AM.png


Screen Shot 2020-06-19 at 11.41.15 AM.png


宇宙からの植物?と思わせるようなユニークな植物も目に入ります。この植物、小学校低学年の子供の背くらいの高さがあるのです。実も、鶏卵より少し小さいくらいの大きさです。けっこう大きいです。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.42.23 AM.png


今回は、前回とは違う散策路を採りました。前回より長距離で、大きい湖にも遭遇するルートです。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.42.13 AM.png


こちらの大きい湖では、モーターボートや、水上バイクなどのウォータースポーツを楽しむグループが3、4組解いたかと思います。とても気持ちよさそうでした。


サンノゼでは、トラックやトレーラーを保有される方も少なくなく、またモーターボートのオーナーもよく見かけます。


風景を楽しみながら気ままに歩いていても、この標識さえ間違わなければ、大丈夫。


Screen Shot 2020-06-19 at 11.42.29 AM.png

「ここは散策路ではないから、入らないでね」という標識


外出禁止令執行中でも、こういう公園への外出や健康目的での活動は許容されています。
自然とのふれあいを利用して、気持ちよい毎日の創出に努めていきたいと思います。


Have a nice day + Stay safe and healthy♥



■カレロ郡立公園(Calero County Park)
・住所: 23205 McKean Rd, San Jose, CA 95120


・開園時間: 毎日 8:00~18:00
・地図: https://www.sccgov.org/sites/parks/parkfinder/Documents/CaleroOSAGuideMap.pdf


・電話: (408)535-4070


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かん

アメリカ・サンノゼ特派員のかんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員
名前:かん

かん

中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

サンノゼ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンノゼ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンノゼ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【新型コロナとの暮らし】 Calero County Park②(外出禁止令下での暮らしの工夫④)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について