トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【いなべの夏①】 珈琲一杯から始まるコミュニティ作り ー 桐林館喫茶室(いなべ市北勢町)

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員ブログ

【いなべの夏①】 珈琲一杯から始まるコミュニティ作り ー 桐林館喫茶室(いなべ市北勢町)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月22日

こんにちは、かんです。只今、三重県いなべ市に滞在中です。今日は私の大好きな場所、いなべ市阿下喜にある美味しい珈琲のいただける桐林館喫茶室 をご紹介させていただきます。


June3-1.png

ホットもアイスも共にテイクアウトOK。これはアイス珈琲。


国登録有形文化財 桐林館阿下喜美術室(2017年)の誕生


June3-2.png

桐林館阿下喜美術室の見取図(2017年)と現在の桐林館喫茶室の様子(2019年)


本来、桐林館 は昭和11年に建築された旧阿下喜小学校校舎を復元し、いなべ市の文化財を保存・公開し、町民の郷土に関する認識を深めるための博物館施設でした。いなべ市の活性化活動の舞台として、総務省が行なっている地域おこし協力隊隊員の帖佐さんがいなべ市より委託を受け、"アート&カフェでまち起こし"として、桐林館阿下喜美術室を起ち上げられました。


June3-3.png

June3-4.png

どこか懐かしい木造校舎の桐林館の昇降口、そして、廊下。


帖佐さんは色々な思考と実験を通じて桐林館の在り方や運営方法を模索され、今は、桐林館喫茶室としてカフェ集中型のスタイル(と見受けられる)でさらなる事業展開を手掛けてらっしゃいます。彼のブログ に詳しく記載があるので、興味を持たれた方はそちらもご覧になってみてください。


帖佐さんの視線ははるか遠く、カフェ&珈琲を通じたコミュニティへの貢献方法をみつめ、この夏、違うスタイルでの経営店舗である第二店舗幻珈琲店 (同阿下喜内)、第三店舗ひのめ (亀山市内)も展開されています。


桐林館喫茶室の魅力


かんは"学校という環境"が大好きです。様々な価値観がうずまき、考えを交換しあい、何かを学んでいける環境、自分を切磋琢磨できる環境というのは、居心地が良くありませんか?
学びの薫り漂う昔の小学校校舎、美味しい珈琲を頂けて、Wi-Fiも利用でき(田舎では貴重な情報基盤です)、その上、懐かしい木造校舎の建築という位置づけの桐林館は、温故知新の風が気持ちよく通り過ぎる、かんにとってはドンピシャの存在だったわけです。


桐林館が推進する地産地消、フェアトレード、町おこし、の目標は、大変魅力的です。


桐林館のフェアトレードのカレー。ちょっと日本風に感じる部分はありますが(アレンジ大歓迎!)、中国留学時代にスリランカ人やインド人の友人のお手製カレーを食し、また、スリランカやインドの友人を訪問し、現地の各個人宅でその本場カレーも楽しんだ私でも、とても美味しく、また懐かしくいただくことができます。


June3-8.png

大人気故に売り切れ御免・早いもの勝ちの各種給食カレー(並:950円・小:650円)。毎日、2種類が提供されます。どんなカレーが食せるかは行ったときのお楽しみ。


地元の起業家家たちの美味しいスイーツやパンも見逃すわけにはいかないでしょう。


廊下に地元のクラフト作家さんやスイーツ作家さんなどの出店が並び、喫茶室では木工やお料理のプチワークショップが開催される地元メルシェの一日一(ついたちいち)やけん玉大会、コンサートやイベント展開も頻繁に行われています。昨夏は人狼ゲーム大会や映画上映もありましたっけ。


June3-5.png

毎月一日開催の"一日一"(ついたちいち)。廊下に地元・近郊の方々の出店が並ぶ。


桐林館喫茶室の珈琲とメニュー


桐林館の喫茶メニューは、良い意味で、メニューがあって、ありません。定番と日替わりがほどよくコーディネートされていて、来訪時に黒板メニューを見て、喫茶室スタッフにお薦めを伺ったり、自分の好みを相談したり、で選んでいくがベストです。


June3-6.png

黒板に手書きのメニュー。その日のお薦めを黒板で確認し、最初に注文してから席につきましょう。


June3-9.png

大人にも子供にも大人気のコッペパン・ホットドッグ(400円)。地元ブランドのさくらポークを使い、マスタードのある無しはお好みで。他にもたまごサンドやあんバターサンドもあります。


珈琲へのこだわり


帖佐さんはルワンダに直接珈琲豆の買付にいかれます。とにかく、珈琲愛が素晴らしい。


珈琲愛の証に、内緒にしておきたい桐林館のお薦めは、珈琲チケット。お値段はここでは差し控えますが、かなりお得です。もしかしたら今後規定が変わるかもしれませんが、珈琲の価格に関わらず、珈琲チケット1枚につき珈琲一杯をいただくことができ、チケットと珈琲の差額の支払いは発生しません。


June3-10.png

自家焙煎のこだわりの珈琲豆。


尚、桐林館では珈琲豆の購入も可能です。100グラム600円(2019年6月現在)より、100グラム単位でお好みの焙煎(浅煎り〜深煎り)で仕上げてくれます。ご家庭でも楽しみたい方は、スタッフの方にご相談してみてください。


June3-11.png

気分に応じて珈琲自体(480円〜)を楽しんでみたり、スイーツと一緒に嗜んでみたり(セット各種750円〜。写真はいちごのセミフレッドセット・800円。)。


違う珈琲をお願いしても、珈琲のおかわりは一杯200円というのもありがたいお値段です。
珈琲を楽しめるように工夫してくださっているのがとてもよくわかります。


スタッフの方はどなたもとても珈琲に詳しいので、自分の好みをお話して、自分の一杯を探してみてください。ちなみに、私の好みは"フルーティー"と形容されたドミニカン。一度試してみたらすっかりハマってしまい、そればかり頼んでしまいます。


June3-12.png

しっかりとしたカスタードの風味とまったりとした舌触りがたまらない、カリカのプリン。


June3-14.png

限定販売されていた幻の梅シロップかき氷。梅シロップの甘さとシソのさっぱりとした甘じょっぱさのハーモニーが暑い夏にぴったり。


昭和の薫り漂う阿下喜という街並み


桐林館のある阿下喜(あげき)という街も、少し懐かしい佇まいの風情の漂う場所です。夏にはにぎやかな八幡祭が開催され、阿下喜駅や上木食堂さん、暮らしのシューレさんなど見どころ、お食事どころも。それらはまた次の機会にでも。


June3-13.png

ルイボスティーに美味しい珈琲、そして美味しいスイーツ(カリカのプリン)。


Have a nice day♥

■桐林館喫茶室


いなべ市北勢町阿下喜1980番地
0594-72-6096


■営業時間


年中無休・10時〜17時


■行き方


名古屋駅より近鉄または関西本線に乗車し、桑名駅で乗り換え。
桑名駅より徒歩数分の三岐鉄道西桑名駅より阿下喜駅下車、または三重交通バスで阿下喜駅下車。徒歩15分前後。
桑名駅よりレンタカー利用も可能。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かん

アメリカ・サンノゼ特派員のかんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員
名前:かん

かん

中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

サンノゼ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンノゼ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンノゼ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【いなべの夏①】 珈琲一杯から始まるコミュニティ作り ー 桐林館喫茶室(いなべ市北勢町)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について