トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 高い感染率を維持するベイエリア。今週のサンフランシスコの様子

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ

高い感染率を維持するベイエリア。今週のサンフランシスコの様子

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2022年5月13日

IMG_8587.jpg

CDCのレポート によると、今週サンフランシスコ郡の10万人における感染者数が278人、新規感染者数5.5人を記録しました。現在サンフランシスコを含むベイエリアのほとんどが「黄色」レベルを維持しています。今週のサンフランシスコの様子をレポートします。

ベイエリアの感染が高い理由について
IMG_8602.jpg

ここ数週間変異種BA.2の影響で高い感染率が続くベイエリア。カリフォルニア州のどこの地域と比べても異様に高いのは、過去2年間感染対策を抜かりなく行った結果だという仮説があります。例を挙げると、前回の流行時に高い感染率を出したセントラルバリー地区ですが、今回の流行にあまり影響を及ぼしていません。これはすでに多くの人が以前の感染の影響で体内に免疫がついているのでは、と言われています。


ベイエリアは今まで感染者数が少なく、免疫がなかったために今回の感染力の強いウィルスと、どんどんと緩和される規制によって感染が拡大している可能性があるとのこと。ベイエリアはこれまで厳重に感染対策を行ってきた経緯もあり、この仮説も一理あると考えられます。


今週のサンフランシスコの様子
IMG_8253.jpg


サンフランシスコの様子ですが、特に大きな変化はありません。交通公共機関の表示が「マスク必須」から「マスク推奨」に切り替わり2種間ほどが経ちましたが、現在見る限りではほぼすべての乗客がマスクを着用している状態です。


レストランなど飲食店の変化ですが、マスクをしない傾向が定着しています。入店時にはマスクを着用していても、オーダーを済ませるとマスクを外す人がほとんどで、最近では入店から未着用の層が定着している状態にあります。


カリフォルニア州の感染状況
IMG_8552.jpg

今週のカリフォルニア州全体の感染状況。州の公式ウェブサイト によると、州全体の1日あたりの平均新規感染者数は7631人。ここ1ヵ月の平均感染者数は、6290人、5302人、2528人、1697人。今週もじわりと増加しています。

今週の陽性率は4.1%、10万人における感染者数は16.1人。こちらも上昇しています。ただ今回爆発的な感染が抑えられているのは、高いワクチン率とともにこれまでに感染した層による集団免疫が功を奏しているのかもしれません。


サンフランシスコのワクチン接種状況
IMG_8261.jpg

市の公式ウェブサイト によると、今週の5才以上を対象とした接種率は1回目は>90%、2回目の接種率は88%。今週もこの数に変化は見られません。


今週の段階で、カリフォルニア州の郡でワクチン接種率が高い郡は、
1. インペリアル郡 95%
2. マリン郡 91%
3. サンタクララ郡 88.2%


サンフランシスコ郡は今週も5位で、接種率は86.7%です。


最後に


この記事を書いている2022年5月12日現在、LA timesの統計 によると、サンフランシスコの感染者数は14万2860人・感染による死亡者は864人。先週の140万267人に比べると、今週の増加数は2593人、1日の平均数は370人。今週もわずかですが上昇傾向にあります。


過去1週間の陽性率平均は 8.9%・10万人における感染者数 は42人。前回はオミクロン感染拡大のような急激な変化はありませんが、ここ1ヵ月の間じわじわと増加傾向にあります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員のKatieMが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員
名前:KatieM

KatieM

18歳での留学をきっかけに渡米。ワシントン州、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンタバーバラに滞在経験あり。2018年から2019年7月までサンフランシスコ3Web特派員、2019年8月から12月までサンタバーバラWeb特派員として活動。 サンフランシスコのローカル情報に加え、現地で役立つ西海岸のライフスタイルやトレンドなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 高い感染率を維持するベイエリア。今週のサンフランシスコの様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について