トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 新規感染者数の減少がはじまったサンフランシスコ。8月下旬の様子

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ

新規感染者数の減少がはじまったサンフランシスコ。8月下旬の様子

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年8月27日

IMG_0290 (1).JPG
先週に続き、今週も新規感染者数が減少しているサンフランシスコ、LA Timesの統計によるとここ2週間でその数はマイナス44%とを記録しています。そんななか、市内では先週金曜日からワクチンパスポートの実施がはじまりました。今週の様子をレポートします。

ワクチンパスポートの実施がついに開始!
IMG_0287.jpg

先週もお伝えしたように、市内では2021年8月20日から屋内飲食の際は証明書を提示するいわゆる「ワクチンパスポート」の導入が始まりました。食事をする際に、実際のカードもしくはスマホでの画像、もしくはCA州が管理する「デジタルワクチンQRコード」を提示する必要があります。


実際に飲食店を利用する際は、まずホストからこの提示が求められます。ただチェック自体はそれほど厳しくなく、接種日や名前の確認もなくちらっと見て「OK」と言われる感じです。


サンフランシスコのワクチン接種状況
IMG_0266.jpg

サンフランシスコの公式ウェブサイト によると、今週時点の12歳以上で少なくとも1度目のワクチンを接種した割合は86%、2度目のワクチン接種を完了した割合は79%です。先週の85%/79%に比べると、1度目のワクチンを終えた率が1%上昇しています。


このようにサンフランシスコでは、毎週どちらかがじわじわと上昇を続けていますが、今週は8月23日に、ファイザー社のワクチンがFDAに正式承認されました。これを受けブリード市長はツイッター で「これまでFDAの正式承認でなかったことに躊躇っていた層は、速やかに接種を行って欲しい」と発言しています。今週は正式承認からわずか3日ですが、来週はこの数が影響するかもしれません。


カリフォルニア州の感染状況
IMG_0240.jpg

今週のカリフォルニア州の感染状況は、州の統計 によると州全体の1日あたりの平均新規感染者数は1万3123人。今週の人口10万人あたりの感染者数は28.1人。人口10万人あたりの死亡者数は0.08人となっています。


先週に比べるとわずかながら、感染者数は増えていますが爆発的な増加はありません。グラフを見る限りでは、なんとなく峠を越えたような雰囲気ですが、新型コロナに関しては、まったく予想がつかないのが現状です。


最後に


このコラムを書いている2021年8月26日、LA timesの統計 によると、サンフランシスコの感染者数は4万5853人・死者数581人。先週の4万4746人・死者数567人に比べ、今週の増加数は1107人。1日の平均数は158人。先週の200人に比べると、今週もやはり減少傾向にあります。来週のこのまま無事に減少していくのか、引き続きレポートします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員のKatieMが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員
名前:KatieM

KatieM

18歳での留学をきっかけに渡米。ワシントン州、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンタバーバラに滞在経験あり。2018年から2019年7月までサンフランシスコ3Web特派員、2019年8月から12月までサンタバーバラWeb特派員として活動。 サンフランシスコのローカル情報に加え、現地で役立つ西海岸のライフスタイルやトレンドなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 新規感染者数の減少がはじまったサンフランシスコ。8月下旬の様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について