トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 独立記念日の花火大会、今年は無事に開催されるサンフランシスコ。7月上旬の様子

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ

独立記念日の花火大会、今年は無事に開催されるサンフランシスコ。7月上旬の様子

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年7月 2日

IMG_7705 (1).jpg
夏もいよいよ真っ盛りの2021年7月上旬、昨年は残念ながら中止となったサンフランシスコの独立記念花火大会も、感染拡大が落ち着いた現在、今年は無事に遂行されます。7月上旬の市内の様子をお伝えします。

今年の花火大会は無事に開催予定!
IMG_7619 (1).jpg

昨年は残念ながら中止となった独立記念日の花火大会、今年は無事に予定通り開催されます。場所はピア39の近くで開始予定時間は9:30pm。北側の湾沿いであればどこからでも観覧が可能です。


観覧する際は人混みが予想されるため、市ではワクチン接種を推奨していますが、屋外イベントにつきマスクの着用は任意となります。詳しい情報はこちら から。


サンフランシスコのワクチン接種状況

IMG_7480 (1).jpg

今週サンフランシスコのワクチン接種状況は、16歳以上で少なくとも1度目のワクチンを接種した割合は82%、2度目のワクチン接種を完了したのが74%まで到達しています。ゆっくりですが、じわじわと確実に摂取率は上昇中。市長のツイッター によると、現在は特定の地域にターゲットを定め一軒一軒自宅を伺ってワクチン接種を推奨する試みが行われているよう。


今後はワクチンを摂取することに躊躇いがある層をどのように働きかけるのがが鍵となりそうです。


カリフォルニア州の感染状況

IMG_7542.jpg

今週カリフォルニア州全体の1日あたりの平均新規感染者数は1124人。ここ3週間継続して1000人を下回った数字が出ていましたが、6月15日の州全体のフルオープニングで規制が一気に緩んだことから、わずかですが上昇傾向にあります。州全体でのワクチン接種率は現在58.5%です。


最後に


このコラムを書いている7月1日、LA timesの統計 によると、サンフランシスコの感染者数は3万7064人・死者数555人。先週の3万6958人・死者数554人に比べ、今週の増加数は106人。1日の平均数は15人です。カリフォルニア州と同じくフルオープニングから2週間たったいま、わずかですが新規感染者が増加してます。今後この数字がどのように変化していくのか引き続きレポートします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員のKatieMが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員
名前:KatieM

KatieM

18歳での留学をきっかけに渡米。ワシントン州、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンタバーバラに滞在経験あり。2018年から2019年7月までサンフランシスコ3Web特派員、2019年8月から12月までサンタバーバラWeb特派員として活動。 サンフランシスコのローカル情報に加え、現地で役立つ西海岸のライフスタイルやトレンドなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 独立記念日の花火大会、今年は無事に開催されるサンフランシスコ。7月上旬の様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について