トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > プライド月間が佳境を迎えるサンフランシスコ、6月下旬の様子

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ

プライド月間が佳境を迎えるサンフランシスコ、6月下旬の様子

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年6月25日

IMG_7488 (1).jpg
毎年6月になると町なかがカラフルなレインボーとお祭りムードに包まれるサンフランシスコ、2021年6月15日のフルオープニングで町に活気が戻りつつある市内の様子をレポートします。

レインボーカラーが町を彩る市内の様子

IMG_7484.jpg
毎年6月はプライド月間(Pride Month)と呼ばれ、LGBTQのさまざまなイベントや祭典がアメリカ各地で行われます。リベラルなサンフランシスコでも、毎年盛大な催し物が行われていますが、目玉であるパレードは昨年に引き続き今年もキャンセルに。


昨年はすべてのイベントはオンラインで行われましたが、今年は屋外映画鑑賞など直接参加できるタイプのものも登場。加えて今年もツインピークスにはピンクのトライアングルをかたどったイルミネーションが施され、フルオープニングと重なった6月後半からは町に活気が戻りつつある状態です。


加えて、先週のコラムでもお伝えしたケーブルカーの再開ですが、9月から本格的に始まります。8月中はテストランが行われ、スケジュールはありませんが無料での乗車が可能とのこと。市民だけでなく観光客も乗車を楽しめます。


サンフランシスコのワクチン接種状況

IMG_7490.jpg

今週サンフランシスコでのワクチン接種状況は、16歳以上で少なくとも1度目のワクチンを接種した割合は81%、2度目のワクチン接種を完了したのが71%まで到達しています。市の衛生局は6月23日に、まだワクチン接種を行っていない残り20%の層に向けて、ジャイアンツとタッグを組み、プロモーション を行う旨を発表しました。


これは6月25日から指定された会場でワクチン接種を行った人にジャイアンツの試合に無料で招待するというもの。本拠地がサンフランシスコにあるプロ野球チームならではのユニークな作戦が採用されています。


カリフォルニア州の感染状況

IMG_7482.jpg

今週カリフォルニア州全体の1日あたりの平均新規感染者数は942人。ここ3週間継続して1000人を下回った数字が出ています。先週に比べ、今年の新規感染者数は多少増えていますが、安定した状態が続いています。州全体でのワクチン接種率は現在57.7%です。


最後に


このコラムを書いている6月24日、LA timesの統計 によると、サンフランシスコの感染者数は3万6958人・死者数554人。先週の3万6885人・死者数550人に比べ、今週の増加数は73人。1日の平均数は10.4人です。先週と比べ多少数は増えたものの、横ばいの状態と言えます。全米でもトップクラスの接種率を誇るサンフランシスコ、今後どのように感染数が変わっていくのか引き続きレポートします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員のKatieMが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員
名前:KatieM

KatieM

18歳での留学をきっかけに渡米。ワシントン州、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンタバーバラに滞在経験あり。2018年から2019年7月までサンフランシスコ3Web特派員、2019年8月から12月までサンタバーバラWeb特派員として活動。 サンフランシスコのローカル情報に加え、現地で役立つ西海岸のライフスタイルやトレンドなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > プライド月間が佳境を迎えるサンフランシスコ、6月下旬の様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について