トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > ロックダウン2週間目。サンフランシスコの様子

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ

ロックダウン2週間目。サンフランシスコの様子

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年3月27日

3月13日に国家非常事態宣言が出され、ほかの都市に先駆け2020年3月17日からロックダウンが開始されたサンフランシスコ。


今週の町の様子をお伝えします。
IMG_4508.jpg

非日常が徐々に日常として馴染んできた1週間

IMG_4545.jpg
2週間目の町の様子ですが、ソーシャル・ディスタンスと呼ばれる、人との距離を一定以上置ける対策が徐々に浸透してきた印象です。


サンフランシスコでは現在、人との集まりが制限されており、最低でも6フィートの間を取るように要請されています。最初は慣れないこともあり、この感覚を掴むのが難しかったのですが、徐々に歩道で人とすれ違う際でも、お互いに意識して距離を保つような雰囲気ができつつあります。

IMG_4458.jpg
続いて、店舗に入る際の列も同じく日常の風景として馴染んでくるようになりました。スーパーなどの店舗の前では、6フィート間隔に線引きがされてあったり、人との距離を保ちながら並び、順番を待つのが買い物の習慣となりつつあります。
IMG_4557.jpg

どのスーパーも日用品は豊富に揃っており、先週末の時点でついにトレジョにもトイレットペーパーがお目見えしました。ただし、これはストック直後の様子だったようで、一般的にトイレットペーパーやハンドサニタイザーなどの品不足は相変わらずです。


医療品不足が深刻に


サンフランシスコでは病院で使われるマスクやガウンなどの不足が深刻となり、一般市民が持つ予備を提出するような呼びかけも行われました。


これに伴い3月25日の時点で、サンフランシスコ発のアパレルブランドGAPが、自社工場を使ってマスクやガウンなどの生産を行い病院のために調達することを発表しています。


同じように、ニューヨークでも人工呼吸器の不足が大きな問題となっており、テスラなどのまったく別の会社が急遽生産に乗り出すなど、品不足に関して補う動きが出てきた週でもあります。


公園やファーマーズマーケットはオープン


現在時点では公園など公共の場は一般市民に開放されています。セールスフォース交通ターミナルにあるスカイガーデンも開いており、市民はここで散歩などの運動を行うことができます。


3月22日の時点では、フェリーターミナルの屋外ファーマーズマーケットも通常通り行われました。以前ほどのにぎわいではありませんが、新鮮な食材を求めて買い物をしているローカルの様子を見ることができました。
IMG_4502.jpg

最後に


このコラムを書いている3月26日現在、LA timesの統計 によると、サンフランシスコの感染者数は223名、死者2名。市内でのクラスター感染などは発生していません。これも早めのロックダウン対策が取られたことが功を奏したのかもしれません。
IMG_4496.jpg

引き続き来週も市内の様子をお伝えします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員のKatieMが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員
名前:KatieM

KatieM

18歳での留学をきっかけに渡米。ワシントン州、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンタバーバラに滞在経験あり。2018年から2019年7月までサンフランシスコ3Web特派員、2019年8月から12月までサンタバーバラWeb特派員として活動。 サンフランシスコのローカル情報に加え、現地で役立つ西海岸のライフスタイルやトレンドなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > ロックダウン2週間目。サンフランシスコの様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について