トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ2特派員 > Cathedral Lakeハイキング、初夏のヨセミテ・ハイシエラ

アメリカアメリカ/サンフランシスコ2特派員ブログ

Cathedral Lakeハイキング、初夏のヨセミテ・ハイシエラ

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2022年6月23日

01 220619-03 LowerCathedralLake,CathedralLake,Yosemite_471.jpg
△カテドラルレイク湖畔から見上げたカテドラルピーク
Twenty Lakesのハイキングを楽しんだ翌日、今度はヨセミテ国立公園内のカテドラルレイクに行くトレールをハイキングしてきました。ヨセミテハイシエラにあるいくつかのデイハイク(日帰りハイキング)の中では一押しの所です。THから往復12km、昼食休憩も含めて、ゆっくり歩いて6時間ほどのハイキングです。
Upper Cathedral Lakeに抜けるトレールは、ヨセミテ渓谷からMt.Whitneyにつながるジョンミュアートレール の一部です。
今年は雪が少なく暖かったからか、こちらのトレールには、早めの蚊がいました。虫よけを忘れずに。
ヨセミテ国立公園局、カテドラルレイクトレール案内
AllTrail、カテドラルレイクトレール案内

220618-02 OlmstedPoint,Yosemite_379.jpg
△Tioga RoadにあるOlmsted Pointからの景色
ヨセミテ国立公園に入り、Crane Flatでヨセミテ渓谷に行く車をしり目に、左折してタイオガロード(CA120)を一路タイオガ峠(Tioga Pass)に向けて進みます。TiogaPassまでは約75km。ヨセミテ国立公園はやはり広い^^
途中にある絶景ポイントに止まってヨセミテを堪能。こちらはOlmsted Pointとよばれ、丁度ハーフドームを後ろ側から見ることができます。左にはクラウズレスの山塊が見えています。目の前に広がる花崗岩の岩は、氷河が削って表面がツルツルです。上には氷河の忘れ石が残っています。
220618-03 TenayaLake,Yosemite_386.jpg
△テナヤレイクの景色
少し進むと高原の湖テナヤレイクです。青い空を映しています。湖畔では水遊びができ、カヤックを持参して楽しむこともできます。
220619-02 TrailHead,CathedralLake,Yosemite_451.jpg
△カテドラルレイクトレール登山口(TH)
更にタイオガロード(CA120)を進むとツールームメドウ(Tuolumne meadows)にでます。高度2500m高地の草原です。今年は雪が少なかったため残雪は無かったです。
Tuolumne Meadowsの途中にカテドラルテイクに行くトレールの登山口(Trail head, TH)があります。通常は路肩に車を止めることが可能なのですが、今年は道路の改修工事中で駐車禁止。1kmほど先のビジターセンターに駐車して、ピンク色の印のある迂回トレールを歩きます。この迂回路、10分ほどなのですが、戻ってから歩くと永遠に続くような気がしました(-_-;)
220619-03 LowerCathedralLake,CathedralLake,Yosemite_464.jpg
△Lower Cathedral Lake
カテドラルレイクは、ふたつあり、今回は下流にあるLower Cathedral Lakeに行ってきました。THから急なジグザクの400mの登りを6km。休み休み上って約3時間でした。途中はほぼ日陰の森のなかです。最後は分岐から湖に少し降りる感じです。トレールはよく整備されており、案内もしっかりしているので迷うことは無いと思います。くれぐれもトレールか外れることのないようにお願いします。携帯の圏外ですが、オフラインで案内してくれるGPSガイドを使うとさらに便利だと思います。私はAllTrails を使っています。
220619-03 LowerCathedralLake,CathedralLake,Yosemite_463.jpg
△Lower Cathedral Lakeの景色
カテドラルレイクは、高度2800mで、一年中水が絶えることがありません。真ん中向こうに見える山は、Mt. Hoffmanでヨセミテ国立公園の中心に当たります。周りの山には未だ残雪がありました。
220619-03 LowerCathedralLake,CathedralLake,Yosemite_465.jpg
△カテドラルレイク湖畔からの絶景
220619-03 LowerCathedralLake,CathedralLake,Yosemite_468.jpg
△定番のハイキングランチ
湖畔で、持参した尾西のアルファ米ご飯でランチ。朝お湯を入れておくと、丁度いい感じにできています。ふりかけをかけて、お湯を注いでお茶漬けで食べることが多いです。今回はサンマのかば焼き缶詰付きで豪華な(^ ^)ランチ。ハイキング先でお湯を沸かすのに便利なJetBoilのMicroMo を愛用しています。3分でお湯が沸くので便利です。

■Cathedral Lakeへの行き方
今年は、コロナと改修工事のために、Tuolumne Meadows Lodge,キャンプ場が閉鎖になっていますので、ハイキングをしようと思ったら、車が必須です。
Tuolumne Meadowsキャンプサイトが営業している場合、キャンプ場に宿泊して30分ほど歩いていくことも可能です。キャンプ場は、予約可能で、一部当日受付順のサイトもあります。9時ごろに着けば開いている可能性が大です。
Tuolumne Lodgeに宿泊して、通常は運行しているシャトルを利用することも可能です。Tuolumne Lodgeは人気なので、予約は至難です。
Tuolumne Lodge/キャンプ場へは、通常はヨセミテ渓谷から、有料のシャトルバス 、またはYARTSバス で行けます。運行頻度が少ないのでご注意ください。シャトルバスは今年は運休です。
お問合せいただければ、ご案内可能ですので、プロフィールのリンクからお気軽にお問合せ下さい。


お勧め情報
JetBoilのご案内。ガスの気化器に2つのタイプがあり、2000mを超える山で使う場合は、MicroMo がお勧めです。 湯沸かしも調理もできますが、調理すると鍋ににおいがつくので、私は鍋の部分を分けています。
・ソロでハイキングする場合、携帯が通じないので、衛星通信で救助を呼べるSPOT を愛用しています。日本を含む世界中(一部例外有り)で使えて、リアルタイムトラッキングもできるので便利です。救助保険への加入が必要です。年契約と、月契約 があります。
Garmin からも同様なデバイスが発売されています。救助費用はオプションの契約 が必要です。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

テッド@サンフランシスコ さん

アメリカ・サンフランシスコ2特派員のテッド@サンフランシスコ さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ2特派員
名前:テッド@サンフランシスコ さん

テッド@サンフランシスコ さん

2000年よりサンフランシスコ近郊で生活。仕事のかたわら趣味のハイキングなどアウトドアを楽しんでいます。アメリカの国立公園を満喫しており、ヨセミテの縦走ハイキングなども楽しんでいます。地の利をいかして南米のパタゴニア、ガラパゴス諸島、インカトレール、エンジェル滝などにも足をのばしてきました。旅のお供はいつも「地球の歩き方」です。定年後はサンフランシスコを起点に日本からの訪問者のご案内をしています。詳細はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_a0TAf8E3OB

サンフランシスコ2特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ2特派員 > Cathedral Lakeハイキング、初夏のヨセミテ・ハイシエラ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について