トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ2特派員 > サンフランシスコの日本語補習校

アメリカアメリカ/サンフランシスコ2特派員ブログ

サンフランシスコの日本語補習校

カテゴリー: 投稿日:2018年1月16日

おそらく世界中のどこの大都市にもあるように、サンフランシスコにも日本人のための「日本語補習校」というものがあります。平日は現地校とよばれるその国の言語での学校に通う子供向けの、土曜日学校になります。私の帰国子女の知人・友人も、ほとんどそれに通っていたと聞いています。基本的には文部省が関与していて、駐在員の子供達などが日本に帰国して日本の教育についていけるようにする学校だと聞いています。(その後、都市によっては厳しさにもレベルがあるようです)

 

IMG_20180113_152811.jpg  

(写真は、補習校が借りて利用している中学校の校庭で、放課後に遊ぶ日本人の子供たち)

 

 

サンフランシスコ界隈・シリコンバレー界隈にも2つ補習校、日本語の学校があります。サンフランシスコ市内(といってもアウターサンセットというサンフランシスコ動物園などがある西のほう)と、サンノゼ校です。というわけで、シリコンバレー、それより広く、ナパやソノマなども含めたノースカリフォリニアに住む日本人家族の方などががっつり集まってくるコミュニティなのです。

 

年長さんの幼稚園プログラム、小学校の入り口となる1年生プログラムは、そんなわけでものすごい大人気だそうです。シリコンバレーのありとあらゆるものがそうであるように、需要過多(供給不足)なので、こちらの仕組みもなんと基本は抽選と試験選抜なんです。要は「文部省が絡む義務教育的な位置づけなはずなのに」・・・「落とされる」ことがあるんですね。また、サンフランシスコ市内在住のかたは10%弱というくらい、多方面から来られている学校だそうで、受かれば行こうかな、くらいののんきな私達はびっくりしてしまいました。両親とも日本国籍の方、家族の言語は基本は日本語であり、将来的にもきっちり戻る家庭にとっては、やっぱり重要度は高いのでしょうかね。

 

ちなみに、幼稚園、1年生が一番多く、3年生くらいになるとだんだん少なくなってくるそうです。理由は①漢字の練習などがきつくなってくるので、途中で「そこまでやらなくても」という家庭も増えてくる、②バレエやサッカーなど、土曜日に他の習い事を優先する必要が出て来る、③平日激務の親にとっては、土曜日も学校でつぶれるとなると、家族の時間が減るので優先順位を変えたい、等があるとのことでした。なので、3年生以上が途中で入学する際には、特に選抜面接はないとのことでした。(毎年変わるはずなので、関係する方は要確認です)

同じ日本人とか日本コミュニティといっても、現地で産まれ育ち、おそらく一生いる日系人コミュニティや、(数年で帰る)駐在員コミュニティ、片親のどちらかが日本人だったり、日本に縁があるケースなど、それぞれのパターンがあり、ニーズも異なります。それに加えてバイリンガル教育度の熱意も様々で、当たり前ですが考え方もいろいろで、大変勉強になります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

セントジョンみき

アメリカ・サンフランシスコ2特派員のセントジョンみきが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ2特派員
名前:セントジョンみき

セントジョンみき

サンフランシスコ市内在住、2年目。東京にて国際結婚10年、IT企業18年勤務後(直近はGoogleで管理職5年)39歳にして初渡米。現在は6歳娘のバイリンガル教育や、アラフォー育児に翻弄されつつも、子連れ旅行・家族旅行を楽しむ主婦。 DISQUS ID @disqus_i7NX7TrOp0

サンフランシスコ2特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ2特派員 > サンフランシスコの日本語補習校

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について