トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 老舗ステーキハウス"ディナーフォー2"お得感で大満足(キャトルメンズ)

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

老舗ステーキハウス"ディナーフォー2"お得感で大満足(キャトルメンズ)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2022年7月 1日

キャトルマン - 1.jpeg


創業1968年、家族で牧畜業を営み、北カリフォルニアに8店舗のステーキハウスビジネスを展開。昔ながらのエイジングビーフはハンドカット。クラシックな調度品やスタッフのスマイルはウエスタンスタイルのおもてなし...お店に一歩入ると西部開拓の頃が容易に想像できます。食材のこだわりはもちろんですが、決してハイエンドなステーキハウスではなく、あくまでファミリースタイル。なのでお財布にも優しい『キャトルメンズ(Cattlemens Steak House)』でお得なディナーセットを見つけました。


.

オリジナルステーキディナーフォー2


サロン - 1.jpeg


おすすめは、二人用ディナーセットの『オリジナルステーキディナーフォー2(Original Steak Dinner For Two)$73.99』


1853シュリンプカクテル - 1.jpeg


前菜は、以下の3種類から一品
・タンブルウィードオニオン(オニオンフライ)
・アーティチョークのチーズディップ
・シュリンプカクテル


1842サラダ&ブレッド - 1.jpeg


オーダーの前からブレッド&バターがやってきました(苦笑)。ステンレスのミクシングボウルでサーブされるグリーンサラダは、ドレッシングが選べます。お代わりできますが食べ過ぎ注意ですよ。さりげないプラスポイントは、野菜の切り口が乾いていない。嬉しい限りです。


1849オイル&ビネガー - 1.jpeg


ステーキのボリュームを考えて、お願いしたのが、オイル&ビネガーです。卓上の塩胡椒で即席ドレッシングを作ります。いろんな加減ができていいですよ。

1855ベイクドビーンズ - 1.jpeg


キャトルメンズの密かな名物が、ポットに入った"ビーンズ(Ranch Style Beans)"白インゲン(Cannellini beans)を甘く煮たものです。日本の煮豆に似たアメリカの伝統的な料理です。


1900フィレミニオン - 1.jpeg

メインコースは、以下から一品ずつ
・6ozフィレミニオン
・ハーフラックポークリブ
・14ozリブアイ
・サーモングリル
・9ozプライムリブ
・ステーキ&シュリンプスカンピ
(1oz≒28グラム)


1918ステーキ - 1.jpeg


ステーキハウスで悩むところはどの部分のお肉を食べるか?です。偶然"フィレミニオン"と"リブアイ"のチョイスになったので、ちょっとステーキの場所について覚書!

.
フィレミニオン(Filet Mignon):フィレ肉の中心の最も分厚い部分(シャトーブリアン)それより少しずれた場所が、フィレミニオンです。実はお肉の旨味は赤身でみますが、赤身だけの部位なのでお肉本来の美味しさが分かる場所です。
.
リブアイ(Rib Eye):大雑把にいうと肋肉"リブ(Rib)"の部分です。骨や赤身や脂身が入った場所を"リブロース(Rib Roast)"と言います。アメリカ人は基本的に赤身のお肉を食べますが、脂身のおかげで適当に柔らかくなり、アメリカではとても人気です。そして骨と脂やその外側(かぶり)を取り除いた部分が"リブの芯"つまり"リブアイ(Rib Eye)"です。ポピュラーなリブロースの食べ難い部分や余計な脂をとってステーキサイズにしたものステーキ王国アメリカを代表する"ザ・アメリカンステーキ"です。"プライムリブ(Prime Rib)"と言うメニューもありますが、これは骨つきのリブロースを焼いて切り出して食べます。また、"プライム(Prime)"は格付けの事で、プライムは最高級。以下コマーシャル、チョイス、セレクト...(値段はさておき)美味いステーキが食べたいならチョイス(Choice)格くらいでしょうか。ちなみに骨付きリブロースのステーキですが、ハンマーみたいな形なので"ハンマーステーキ"とも呼んでいます。


2019デザート - 1.jpeg


アメリカらしいデザートは...
・アップルパイ
・ブラウニーサンディ
・ピートさんのパンクッキー(Peteさんは、キャトルメンズを始めた方)


素朴ですが、デザートには目がないアメリカ人。量はたっぷりありますよ^ ^

玄関 - 1.jpeg


7月、独立記念日があって、家族が集う機会もあります。"ご馳走=ガッツリお肉"と思ってしまうのは肉食系の私だけでしょうか?今回は、気軽なサロンで食事をしましたが、広々としたダイニングルームもあり、グループや家族親戚など大人数の対応もしてくれます。サンフランシスコから郊外に出かける際、覚えておくといいステーキハウスですよ!(あぁ〜肉食べたい)


【Cattlemens/Livermore】

住所:2822 Kitty Hawk RD Livermore, CA 94551
*他に7店舗(https://www.cattlemens.com/restaurants/)
Tel:925-447-1224
オープン時間:毎日16:00〜22:00
URL:https://www.cattlemens.com
メニュー:https://www.cattlemens.com/menu/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 老舗ステーキハウス"ディナーフォー2"お得感で大満足(キャトルメンズ)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について