トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > ワインテイスティングを楽しむポイント3つ ルイ・M・マチューニ(ナパバレー)

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

ワインテイスティングを楽しむポイント3つ ルイ・M・マチューニ(ナパバレー)

カテゴリー:夜遊び・クラブ・お酒 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年1月13日

11141503ルイマチューイ到着 - 1.jpeg

久しぶりにワイン記事です。今回は、ナパバレーの北に位置する産地、セント・ヘレナ(Sant Helena )の『ルイ・M・マチューニ・ワイナリー(Louis M Matuni Winery)』を訪問してきました。
 ワインティスティングの時の楽しみ方も少しまとめてみたので、ワイナリーにいらした時の参考にしてていただけたらと思います。

テイスティングを楽しむ3ポイント+α


1506ルーム - 1.jpeg


さて、テイスティングルームは、大きく分けて、
①カウンターで立ち飲みスタイル(このスタイルはポピュラーです)
②ダイニングテーブルで行うスタイル(ケーブのワイナリーに多いスタイル)
③ソファーでゆったりサロンスタイル→景観も売りのワイナリー(ルイ・M・マチューニ)

 コロナ以降、ナパバレーのワイナリーは、パブリックでも予約が必要になっています。気軽にふらりと立ち寄れる事ができなくなってしまいましたが、当日に予約を受ける場合もあるので、ダメ元でもトライしてみましょう。立ち飲みスタイルは、比較的短時間ですが、ケーブ内のティスティングは、洞窟に中なのでテーブルで行う事が多く。雄大なワイン畑が一望できるサロンスタイルは時間的に1時間半が目安になります。

wellcome - 1.jpeg

サーブされるグラスは、
①一つのグラスで全種類行う(料金が良心的なワイナリーに多い)
②全種類別グラスで行う(ルイ・M・マチューニ)
☆別々に注がれたワインは、少し残しておきましょう。時間と共に香りが開き、変化していくのを楽しんでください。空になってもグラスに残る香りは変わっていくので、それもまた楽しめます。

テイスティングメニューは、
①予算と好みで選ぶメニューがある
②予めメニューは決まっている(ルイ・M・マチューニ)
☆①は別々のメニューを頼んで、シェアするのと楽しいです。その場で抜栓、既に抜栓してある場合があります。香りが開く時間を計算して抜栓しますので、いつ開けたかもチェックすると飲み頃を知る事ができます。


1538ワイン - 1.jpeg


▲グラスの数以上にテイスティングできる?


次に、サーブされる順番少し探ってみましょう...どのワイナリーでも概ね同じ順番です。
①軽めの赤→ビンテージ(年代)の新しいもの
②ブレンド赤→又は、一つめよりビンテージが古い赤
③大関級→又は、ブレンドワインや畑違い、更にビンテージの古い赤
④真打ち登場→ワイナリーの横綱級の自信作、お値段も横綱級
⑤ファンプロダクト→新たな試みやアイディアでワインメーカーも楽しんで醸造したもの等
大体、最後から二番めに真打ち横綱が登場します。


☆そもそも真打ち購入が、そのワイナリーにきた目的かもしれません。が、予算やその他で違うワインを選ぶとすると"ブレンド(メリタージュという表現もある)"もいいかもしれません。かのオーパスワン同様、誰が飲んでも美味しく作ってるわけですからね。話題性で買ってしまうのが"ファンプロダクト"値段もやや手頃で期間限定だったりすると、買わずにいられない?また、珍しいブドウ品種があったら狙い目です。


stagecoach - 1.jpeg


知らない事は、どんどん聞いてみる!会話が弾んでリストにないワインがお味見できる事もある。
☆簡単にワイナリーの歴史とか調べておくと、話も広がり、案内する方も意外な発見があるそうです^ ^

ペアリング - 1.jpeg


▲ペアリング(ワイン&フードペアリング$90)


ペアリングは、上のワインの数字と合わせてみてください(上の段左から右、下の段左から右)

*1 ポレンタ/トマトジャム/ダックコンフィ
*2 プティ・クレーム/プラム+マスタードシード
*3 ポークベリー/金柑+オニオンピクルス/クリスピー豚耳
*4 ブラック・トリュフ/パルメザンチーズ/とうもろこしのピュレ
*5 ベーコン/ダークチョコレート

食材だけ記しましたが、ワインとのペアリング(マリアージュ)のヒントになればと思います。


まとめ

いかがでしたか?ほんの少し知っておくと、サービスの流れも分かって、同じワインティスティングも10倍楽しい時間になります。ほろ酔い気分で聞きたかった事もあっさり聞けちゃったりすると、更に楽しさ倍増。手間ひまを聞けば、お高いのも納得のナパのワインですが、ユニークなものがあったり、水平思考のワインメーカーさんが切磋琢磨して美味しいワインを作っているのが分かります。Cheers!

今しばらく行き来が大変ですが、いらした時には、是非"逸品"を見つけにナパにいらしてくださいね。


【Louis M Martini Winery】

住所:254 St Helena HWY St Helena, CA 94574
Tel:707-968-3362
オープン時間:毎日10:00〜18:00
パブリックですが、現在は予約が必要です(予約こちら)
URL: https://www.louismartini.com


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > ワインテイスティングを楽しむポイント3つ ルイ・M・マチューニ(ナパバレー)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について