トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > サンタコン2021バークロール2大拠点のノースビーチ対ポークガルチ

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

サンタコン2021バークロール2大拠点のノースビーチ対ポークガルチ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2021年12月13日

1513NB - 1.jpeg

サンフランシスコは、何とか文化発祥地になることがよくあります。例えば、1960年代のヒッピー文化。そしてその頃の方を親に持つミレニアム世代は、サードウェーブコーヒー文化などを生み出したり、サンフランシスコ(発祥)文化は脈々と受け継がれているようです。その中でもユニークなイベントの一つが、毎年12月第二土曜日に開催される"サンタコン(SantaCon)"今年は久しぶりに町中サンタだらけになりました。

そもそも、サンタコンて何?

1525横断歩道 - 1.jpeg

そもそも、サンタコンとは何でしょうか?知っている方も多いと思いますが、アメリカで最初に始まったのが、1994年サンフランシスコで、クリスマス前の過剰ななホリデー商戦に対しての抗議運動が元と言われています(いたずら集団が、デパートの棚から商品取っちゃってお客さんに配ったのが始まりという説もある)気が付いたら毎年のイベントふって湧いたようなこの騒ぎ。サンタクロースのコスチュームでお昼頃にユニオンスクエアに集まりだし、みんなでバーに赴き、一杯飲んで次のバーへ練り歩く"街レベルのバークロール(City-wide Bar Crawl)"なんです。この時にヨレヨレの不細工(Ugly)なセーター"アグリセーター"(クリスマスをモチーフにしたデザインのビンテージセーターやそれ風なセーター)を着たりします。


あまりに盛り上がりユニオンスクエアに人が集まりすぎ、危険なので集まらないように促されたこともありました。12月のホリデーショッピングとサンタコンで密どころかカオスなのです。このサンタ一色の真っ赤なイベント、昨年は中止でしたので今年は張り切っていた人たくさんいました。


観光客もウエルカムのノースビーチ


1522Tupela - 1.jpeg class="mt-image-none" style="" />


リトルイタリアとも言われているノースビーチです。ユニオンスクエアから歩け、観光客にも人気のエリア。バーやアイリッシュパブが多いので、バークロールにはピッタリ。早くからサンタコンの拠点となっています。古い通りグラント通りには、ローカルに人気のバーがたくさんあります。

【ノースビーチで人気のバー】サンタコン
*Tupelo:1337 Grant Ave(サイトこちら)
*Grant&Green saloon:1371 Grant Ave(サイトこちら)
*Maggie Macgarry's:1353 Grant Ave(サイトこちら)


1530bikers - 1.jpeg

▲バイクで練り歩く?


バイクで参加しているグループ。前後にセキュリティーのバイクがついていて、少々音が気になるけど、健全に走り回っていました。


ローカル色が濃いポークガルチ


1555ポーク - 1.jpeg


▲行列も楽し!


さて、こちらはノースビーチよりローカル色が出ているポークガルチ。ノブヒルとパシフィックハイツの狭間"Gulch(渓谷)"というので名前がついたエリアです。カストロ地区が今のLGBTQコミュニティーの場になる前は、ここがコミュニティーだったので、昔ながらのスポーツバーやアイリッシュパブもちろんゲイバーもあります。


1600ポーク - 1.jpeg


▲ミュニバスやウーバーで乗り付けるサンタ


「ノースビーチは、メジャーになりすぎた」というので、よりローカル色が強い「ポークガルチに集合!」が近年増えています。


1558ポーク - 1.jpeg


▲長い行列の末、ようやくハングアウト


こんなにはっちゃけています。が、バウンサー(Bouncer)というバーのセキュリティーさんが、ワクチン接種カードとIDをしっかり確認しています。また、カウンターで飲み物を買う時もIDを確認する徹底ぶりでした。イベントで何か不正や事故が起こった場合は来季はキャンセルなど厳しいので、お店やオーガナイザーは大きなイベントは特に注意しています。ノースビーチでも遠巻きに警察車両が待機しており、酔っ払いが交通の妨げにならないよう交差点にいたりしています。


お昼からこんなに赤ら顔になって、でも2年ぶりで楽しそうです。


【ポークがルチで人気のバー】サンタコン
*Harper&Rye:1695 Polk St(サイトこちら)
*The Bell Tower:1900 Polk St

1736NB - 1.jpeg


夕方のワシントンスクエア。6時頃になるとほとんどサンタはいなくなりました。(お腹がすいたサンタが、ラーメン屋さんにいましたが)

半日のクリスマスイベントいかがでしたか。この為に早くからユニークなコスチューム探している人も多く、ホリデーシーズンの一大イベントのサンタコン。12月サンフランシスコにいらっしゃる機会があれば、飲み過ぎ注意で、ローカルバーのバーホッピングに参加してみてはいかがでしょうか。
来年こそ自由に行き来ができますように...

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > サンタコン2021バークロール2大拠点のノースビーチ対ポークガルチ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について