トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > ウエストバークレー地区 注目ブルワリーvsロックリッジ地区 カリフォルニアスタイルラーメン

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

ウエストバークレー地区 注目ブルワリーvsロックリッジ地区 カリフォルニアスタイルラーメン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2021年10月31日

1326Gilmanブリューワリー - 1.jpeg


"Gilman(ギルマン)"と聞いて、目を輝かせ「いい店いっぱいある」という人は、比較的最近バークレーに引っ越してきた人。かつては工場地帯だった場所で、夜は車の運転もちょっと怖かった。家賃が安いこともあって、すさまじい勢いでショップ、レストランが進出。作業場で床面積が広いので、醸造所、スーパみたいなビジネスには都合がいいです。フリーウエーを下りてすぐでアクセス抜群。ここに兼ねてから立ち寄ってみたかったブルワリー「ギルマン・ブルーイング・カンパニー(Gilman Brewing Company)」で一杯。カリフォルニア料理の歴史的レストラン"シェ・パニーズ(レストランのサイトこちら )"の卒業生(?)が始めたラーメンショップに寄ってきてきました。
このふたつの地区は、これからもさらに発展していくので覚えておくといい場所ですよ。

1340Gilman缶ビール - 1.jpeg


▲持ち帰り用缶ビールもあります・インドアはワクチン接種証明書(ワクパス)必須


ギルマンブルーインングは、入口で飲み物と食べ物を注文、精算し番号札をもらって席で待ちます。歩道に面しているアウトサイドならワクパス提示の必要ありませんが、タップルームの飲食は、IDと合わせて提示が求められます。8月20日以降サンフランシスコのインドアダイニングでワクパス提示が施行されて以来、近郊のレストランも徐々に提示を求めるような方向になっています。ビールのスタイルも豊富で、なんと25種類のタップビールがありました。正直迷います。迷ったら一番人気を頼んでみましょう。


タップルームと言っても昼間は、開けっ放しでほぼ屋外、小春日和のイーストベイ気持ちいいです。


1337Gilman5ozx316oz - 1.jpeg


Green Eyed Devil Lager(16oz)キリッと!喉が潤ってきます
サンプル/フライト
Champ Rochaux Nectarine Saison(5oz)ネクタリンの柔らかい甘さが昼下がりにピッタリ
Freedom Hazy IPA(5oz)揺るがなき一番人気ヘイジーはトロピカル系
Blackberry Hibou Belgian Witbier(5oz)ホップが効いてるウィートビール
5ozは$3.75~(種類によって値段が違います)
16ozは$7.5~(種類によって量と値段が違います)

室内は、テレビも設置されていて、これからはフットボール(NFL)シーズン。カレッジフットボール(NCAA)ファンはcalの応援、バスケットボール(NBA)もウォリアーズ戦を観戦しながら楽しむわけですね。ほかにプレザントン、デイリーシティーにもタップルームがあり、サンタクルーズにも進出予定。
勢いあるエリアで勢いが増している醸造所です。


【Gilman Brewing Company】

・住所: 912 Gilman ST Berkeley CA 94710
・Tel: 510-556-8701
・オープン: 毎日12:00(Noon)~21:00、金土~22:00
・URL: https://gilmanbrew.com
デイリーシティーのお店こちら
プレザントンのお店こちら


シェ・パニーズチルドレンのカリフォルニアスタイルラーメン


1925外観モザ - 1.jpeg


▲日に日に夕暮れが早くなり、縁日みたいなアウトドアダイニング


オークランド・ロックリッジ(Rockridge)地区にある「ラーメンショップ(Ramen Shop)」へ久しぶりに行ってみました。


1842VeggieMeyerlemonShoyu$215 - 1.jpeg


▲ベジ(Veggie Meyer Lemon Shoyu Ramen$21.50)


実を言うと、店の名前が"ラーメンショップ"なので、「どこのラーメンシ屋さん?」と聞き返されることもしばしばです。ラーメンの値段が$21.50なので「あのお高いラーメン屋さんね!」と言う人もいます。確かに値段はビックリですね。このお店は、カリフォルニア料理の母、アリスウォーターさんのレストラン、シェ・パニーズで働いていた方の店。厳しい修行を積んで、晴れて巣立ちを迎えた子供みたいなので"シェ・パニーズチルドレン"と(勝手に)呼んでいます。


1841MisoRamen$215 - 1.jpeg


▲味噌(Miso Ramen$21.50)


アメリカ人にとって「ラーメンスープ=豚骨スープ」です。魚食文化と肉食文化の違いもあり、アメリカの魚介スープになじみの少ない人たちでも、受け入れられやすかった背景があります。動物系スープが主流のなか、出汁のバランスをうまくとり、あえて醤油と味噌で提供しています。
"TONKOTSU(トンコツ)"は、すでに英語になってて、ラーメンスープと言えば、基本は
TONKOTSUなんです。余談ですが、ポークは宗教上禁忌の方もいますので、最近は"鶏白湯(Chicken Paitan)"に力を入れてるラーメン屋さんも多くなりました。


トッピングの小松菜と春菊はフレッシュ。「ラーメン≠ふーふーして食べる」が、おわかりかと思います。日本食の"熱いものは熱いままいただく"より"スープを食べる食文化"が生きづいてます。温度は法規的なものより、フレンチのコンセプトが関係している気がします。シェ・パニーズで培った、食べるスープの感覚かもしれません。さっぱりとした醤油のスープはあと引く風味。味噌のコクの中にもうひとつ奥深い第二のコクが口福。シェ・パニーズチルドレンの実力を遺憾なく発揮させています。トマトのコンフィ、煮卵の味の染み込み方、ナスのグリル塩梅。味とテクスチャーがレイヤーになっていて、次々膨らみます☆
シェ・パニーズチルドレンの実力を遺憾なく発揮させて、しっかり"ヌードル&スープ"のカリフォルニア料理になっています。$20越えは納得です。


今は、コロナで閉鎖になっていますが、なんと!いつの間にかカラオケルーム(こちら) もできていました^ ^
懐かしいぃ~


【RAMEN SHOP】

・住所: 5812 College Ave, Oakland, CA 94618
・Tel: 510-640-5034
・オープン: 毎日17:00~22:00
・URL: https://www.ramenshop.com

ウエストバークレー(ギルマンブルーイング)vsロックリッジ(ラーメンショップ)で紹介しましたが、両エリアは、コロナ以前から、飲食店を中心にさまざまなビジネスがサクセスストーリーを求めて引っ越してきて、切磋琢磨しながらトレンドを作り出しています。カジュアルな形、まったく違うカテゴリーの料理を提供して......クラフトビールと肩肘張らない料理にフレンドリーなスタッフは、訪れる人みんなを地元民にしてくれます。学生の町にうまく調和がとれています。ベイブリッジを渡ってみるとサンフランシスコにはないローカル感、気がつけば美食都市圏がどんどん広がっています。都市部のハイエンドレストランに飽きてしまったフーディたちもわざわざ来るようになっています。


いらしていただいたら、おいしいものをいっぱい食べて飲んで欲しいです。そのためにも、1日も早く安心して旅行できる日が来ますように......町もう少し、頑張りましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > ウエストバークレー地区 注目ブルワリーvsロックリッジ地区 カリフォルニアスタイルラーメン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について