トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > スタンフォード大学に行ってみよう!帰路、シリコンバレー発祥地、他

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

スタンフォード大学に行ってみよう!帰路、シリコンバレー発祥地、他

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年10月15日

1326帰りのバス - 1.jpeg


スタンフォード大学見物の帰路は、パルアルト散策。寄っておくといいところを紹介します。
大学のブックストアでお土産を買ってから、キャンパスのカフェを通り過ぎ7〜8分、大学のシャトルバス"マーガレット(サイトこちら )"の停留所があります。パルアルト駅方面のバスに乗車です。ほとんど駅方面のルートでしたが、念の為確認して乗車してください。

実は、パルアルトがシリコンバレー発祥地


1340地下道北側へ行く道 - 1.jpeg


20分ほどでカルトレインの駅南側に戻ってきます。ホームにある地下通路を通って北側へ出ると、パルアルトのダウンタウンに出ます。メインの"ユニバーシティー(University Ave)通り""ハミルトン(Hamilton Ave)通り"並行したお洒落な二つの通りを覚えておくといいです。メイン通りを2ブロックも歩けば、静かな住宅地となるパルアルトです。


1404HPガラージ - 1 (1).jpeg


▲シリコンバレー発祥地

以前は、367 Addisonと言っていましたが、『HPガラージ(HP Garage)』に到着です。シリコンバレーを語る時は、必ず登場する木造の家。車でしかきた事がなかったので、駅から徒歩圏内だったとは気がつきませんでした。閑静な住宅街の一角ですが、歴史的サイトに指定されて以来、ツアーのバンや観光バスまで来るようになってしまったとか...

アメリカは車の修理を家のガレージでよくするので、英語で車の修理屋さんのことをガレージ(Garage)と言います。家の不要なものを売るのをガレージセール(Garage Sale)と言います。まぁアメリカ人にとって、ガレージって何かの作業や要らないものしまっておくとこなんですね。日曜大工の作業所から今や世界の頭脳がここに集まるようになエリアになったって、感慨深いです。このちょっと先にマーク・ザッカバーグさんが最初に買った家もあります(現在は他の方)

【HP Grage】

住所:367 Addison Ave Palo Alto, CA 94301
URL:https://www.hp.com/hpinfo/abouthp/histnfacts/publications/garage/innovation.pdf
注意:住宅地なので静かにお願いします。歩道から見学してくださいね、敷地内には入れません。


ユニバーシティーアベニュー(University AVE)

1424パタゴニア - 1.jpeg


▲テッキーのユニフォーム?


テッキー(Techie)のユニフォームと言われている"パタゴニア(Patagonia®︎/サイトこちら )"にも寄ってみるといいです。サンフランシスコ・フィッシャーマンズワーフにもありますが、こちらは住宅地が近いせいかファミリー向け多いです。

1443アップルストア - 1.jpeg


▲本社はクパティーノ(Cupertino)なんですが...


アップルの本社"Apple Park Visitor Center"こちら )は、クパティーノです。しかし、アップル新製品のニュースなどで街の声、該当インタビューでよく登場するのがパルアルト店。それ以外にもスタンフォード大学内のブックストア2階階段左側に、広いスペースをアップルのコーナー(誰かマックスペースと言ってました)を占めています。アメリカの巨大企業の一つ、ビッグテック企業"GAFA(ガーファ)"の一つアップル社。シリコンバレー観光にはパルアルトは立ち寄ってみるといいでしょう。(Google・Apple・facebook・Amazon)


1639カルトレインSF駅 - 1.jpeg


▲カルトレイン・サンフランシスコ駅(終点)


サンフランシスコに遊びにやって来て、日帰りのプチ旅にスタンフォード大学見学とパルアルト散策はとても良いコースだった事が分かりました(この日の歩数12,000歩)


ロゴ付きモレスキン$25 - 1.jpeg


▲今回、記念に買ったもの

ちょっとニッチな今回記念に買ったのが、スタンフォード大学ブックショップに、大きな売場があったイタリアのステーショナリー"モレスキン(Moleskineサイトこちら )"ハードカバーのノートブックは、スタンフォード大学のロゴ付き25ドル。


日本も少しずつ、コロナの規制が緩和されているようですが、安心してサンフランシスコに来る事ができる日早く来ますように、もう少し頑張りましょう。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > スタンフォード大学に行ってみよう!帰路、シリコンバレー発祥地、他

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について