トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > スタンフォード大学へ行ってみよう!(カルトレイン往路)

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

スタンフォード大学へ行ってみよう!(カルトレイン往路)

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年10月13日

1430パロアルト駅 - 1.jpeg

アメリカは、9月が新学期、フレッシュマンもそろそろ学生生活に慣れてきた頃です。
今回は、アメリカのトップクラスの人材、学生達が集まる名門『スタンフォード大学(Stanford University/大学サイト )』キャンパスとパルアルトの街に行ってきました。サンフランシスコからは車がないと無理かもと言われているスタンフォード大学ですが、公共交通機関を使って行ってみました。

意外と簡単、カルトレインの乗り方


0830カルトレイン駅 - 1.jpeg


▲カルトレイン・サンフランシスコ駅

サンフランシスコとサンノゼ/ギルロイを結ぶ地域の鉄道として、平日50往復している"カルトレイン(Caltrain)"、サンフランシスコ駅は、ソーマ地区(野球場近く4thとTownsent)にあります。運航サービスは、各駅停車(Local)、停車駅が若干違うリミテッド(Limited)列車、主要駅のみ停車のベビーブルット(Baby Bullet)。ありがたい事にスタンフォード大学の最寄りの駅の"パルアルト(Palo Alto)駅"は、全ての列車が止まるので、どれに乗っても大丈夫です。


切符は、駅の券売機で買いますが、ベイエリアのオール・イン・ワン・トランジットカード"クリッパーカード(Clipper®︎Card/サイトこちら )"だと割引があったりして便利です。また、一日券やマンスリーパスもあります。乗車券は区域制で、サンフランシスコ-パルアルトはゾーン3です。


0942タグオフ - 1.jpeg


▲重要な事:タグオン・タグオフ(Tag On & Tag Off)


ほとんどの駅は、ホームに券売機があります。クリッパーでは、駅構内各所にあるカードリーダーにかざします。"乗車前にタグオン・下車の際にタグオフ"は、必ず行ってください。
*車内の切符販売はありませんし、端末を持った検札の乗務員が回ってきます。
*万が一、タグオンし忘れた場合は直ぐに乗務員に告げ指示に従う(状況により違いあり)
*オン・オフを忘れてた場合、最も長い距離の運賃となります(過去に経験あり)


0946駅南マーガレット - 1.jpeg

降車駅のパルアルト(Palo Alto)。駅南側に待機しているのが、キャンパス行き無料シャトルバス"マーガレット(Marguerite/サイトこちら )"Y Xがキャンパス内をループするので便利です。今回は大学にあるミュージアム"カンターアーツセンター(Canter Arts Center)"に行きたかったので、ドライバーさんに尋ねたところ、とにかく乗りなさいと言われ、途中で下ろしてくれるという親切ぶりでした。シャトルには、学生や職員に混じり、明らかに観光客と思う人達も乗っていました。座席は皮張り、スタンフォード大学のロゴが刺繍、おぉさすが私立!高級感あふれるシャトルバスです。

広い広いキャンパス


1220メインクワッド - 1.jpeg

▲メインクワッド(Main Quad)


目的地のカンターミュージアムに行く前にお登りさんとして、マストポイントを幾つか写真でご紹介。
どの建物も立派で歴史を感じさせる物ばかり、芝生や植物も美しく整備され、どこでも写真映えするキャンパスです。UCバークレーのキャンパスとの違いが"平坦"である事。自転車で移動している人が、すごく多いのに気がつきました。ミュージアムを含めて写真の場所は徒歩で回りましたが、広いが故にかなり歩きます。


1040教会 - 1.jpeg


▲メモリアル教会(Memorial Church)


このチャーチ(サイトこちら )で、結婚式を挙げるのが夢という人が多く、うっとりするような美しい外観です。一般公開はしていませんでしたが、覗ける機会があったら是非覗いてみてください。夢見る気持ちが分かります。


1049フーバータワー - 1.jpeg


▲フーバータワー(Hoover Tower)


タワー(参考サイト )には、上がれますが、一時閉鎖となっています。

1217ミュージアム - 1.jpeg


▲カンターミュージアム


目的地の『カンターミュージアム(Canter Arts Center/サイトこちら )』には、大陸横断鉄道を作ったビッグ4の一人でもあり、大学創設者のスタンフォード一家の歴史、考える人(Thinker)で、有名なロダン(Rodin)の作品が200点以上展示されている事で大変有名。地獄の門(The Gate of Hell)も展示されていて、ある意味親しみやすい作品が多数あります。作品を象る作業工程も上映されていて、カレーの市民は、私の知っている配置と違っていて(苦笑)...ここでじっくり見学しておくと、どこかで彫刻を見た時、それがロダンかどうか区別がつくかもしれません。一人の作家の作品をたくさん観ると素人なりに目が肥えてきそうですよ。
メインロビーの南側の屋外の、ロダン彫刻庭園(Rodin Sculpture Garden)に地獄の門があります。そこに考える人がいます探してみてください(日本では、国立使用美術館サイト にもあります)


ついでに、ブックストア(サイトこちら )も寄ってみました。


1251ブックストア - 1.jpeg


とにかく、ミュージアムや学術環境の素晴らしさ、スポーツの環境も世界屈指、キャンパスの風景やファシリティも素晴らしい。大学でありながら立派に観光的要素も魅力的。車だと見過ごしてしまう部分も眺められ、限られてしまいますが、頑張って歩いてみた甲斐がありました。


スタンフォード大学の訪問参考サイト

URL:https://visit.stanford.edu


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > スタンフォード大学へ行ってみよう!(カルトレイン往路)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について