トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > アルカトラズ島に行こう!事前に知っておくと安心な事いろいろ

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

アルカトラズ島に行こう!事前に知っておくと安心な事いろいろ

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年7月 1日

1029エントランス - 1.jpeg


▲ピア33エントランス


6月15日ほぼ通常になって以降、たちまち3週間先まで売り切れのアルカトラズ島です。運よく最後の一枚が買えたので、夏場のアルカトラズ島の様子を見てきました(びっくりしたのが、購入した瞬間に本当に"Sold Out"表示がでた)乗船人数は、コロナ前の人数フルの350人...再開時は150人だったことを思うと沢山の人が乗船しています。

1054乗船 - 1.jpeg


▲乗船中


予約から乗船までの間、幾つか変わった事がありました。先ず、アルカトラズ運行会社のロゴが変わりました。なので予約の際、本当にこのサイトでいいかと心配になりました。予約システム方法は、ツアー日、時間と基本は変わりませんが、確認メールも刷新、非接触のQRコードチケットをスクリーンショットしておくのを推奨しています。旅先だと万が一もありペーパーで持参でも大丈夫ですよ。ピア33の入り口あったナショナルパークのロゴ付き柱が消えました。バイソンマークのサインの下で記念写真撮る人多かったのに、ちょっと残念です。


1114アガベトレイル - 1.jpeg


▲アガベトレイル周辺


船上からポツポツ白く見えるのは、ウエスタンガル(Western gull/アメリカ大背黒カモメ)。カリフォルニア州には4種類のカモメが生息してるそうですが、サンフランシスコ周辺では最もよく見られている種類が
ウエスタンガルです。

1123下船 - 1.jpeg


▲下船


前回(3月)はなかったパークレンジャーの挨拶も復活していました。アルカトラズ島内の諸注意などをユーモアを交えて説明してくれます。コロナ関連の諸注意は、ソーシャルディタンスの必要はなくなりましたが、マメな消毒、手洗い、ピア33からフェリー内外、島内は基本マスクは着用です。アルカトラズ島に行く際は持参してくださいね。


1127QRcode - 1.jpeg


▲RQコード


この桟橋で、念の為やっておいた方がいいのが、島内のパネルでの案内があり、そのQRコードをダウンロードしておく事です。ダウンロードする場所はいろんな所にありますから、混んでて無理というときは他でダウンロードすればいいです。このQRコードでの案内は、セルハウスツアーの案内も含まれます。

1147tooclose - 1.jpeg


▲近づきすぎ?


今の時期は、なんといってもカモメの赤ちゃんがいっぱいいます。このように、道端で巣を作り、子育て中のカモメのためにロープを張って注意を促しています。親鳥の鳴き方より高音でピューピューと鳴く声が可愛くてたまりません。


1217カモメの親子 - 1.jpeg


▲声はすれども保護色


瓦礫の色との保護色?になっています。上の写真には何羽のカモメの赤ちゃんがいるでしょう^ ^?


1157tipi - 1.jpeg


▲特別展


"アメリカンインディアン占領"から50年が経ち、一昨年から特別展『Red Power展』を開催していましたが、足掛け3年続いていました。いよいよ最終月となるようです。今まで入ることができなかったティピ(Tipi/円錐形テント)にも入れるようになってました。ティピの中は想像以上に広く、大人がたっても大丈夫でした。
非常に機能的で小さく折り畳んで持ち運びができる為、アメリカの軍の屋外演習でも使われています。


1234Ablock入り口 - 1.jpeg

▲Aブロック


いよいよ、アドミニストレーションビルの脇からセルハウスに入るのですが、オーディオを借りるまでの通りが、コロナ前には見ることのできなかったAブロックです。ここは軍の刑務所時代に使われていたのですが、連邦刑務所になってからはほとんど使われていなかっらので、ほぼオリジナル。ここは是非みておいて欲しいところです。


1240オーディオ - 1.jpeg


▲オーディオ


Aブロックの突き当たり、以前床屋さんだった所でオーディオを借りるのですが、
①自分のスマホを使って、ダウンロードしたQRコードで聞く
②借りる。
人の使ったものはちょっと心配という方もいらっしゃるので、自分のスマホで聞いてまわりたい方は、この場でもダウンロードできます。私は写真を撮りたいので借りました。(バッテリー消費も心配)もちろんしっかり消毒されていますから安心してくださいね。


1241スタート - 1.jpeg


▲ツアースタート


元看守さんの挨拶からセルハウスオーディオツアーが始まります。
写真のように自分のスマホで回っている方もいます


1322Cblok#138 - 1.jpeg


▲最も混んでる独房


オーディオツアーは、一般の独房、懲罰室、食堂を(日本語だと)声優さんがナレーションしてくれて臨場感あふれる話っぷりで、とても楽しい。前回から刑務所内外の補修工事は終わっていないので、一部工事用シートが被っていますが、逆に今まで見学できなかったと場所にも行け、リアルな元刑務所を見ることもできます。見学者が最も集まり、写真を撮る監房が、#138、#150、#152です。1962年6月11日にいなくなった3人の独房です。


ここで皆さん写真を撮って食堂に行き、ツアーは終了で、ギフトショップを通り屋外へ出ます


1357ペルシャ絨毯 - 1 (1).jpeg

▲ペルシャ絨毯


灯台の脇の道に、ペルシャ絨毯(Persian Carpet)と呼ぶ斜面。以前は濃ピンク色のアイスプラントだったのですが、別のピンク色のお花になっていました。


1402ゴイサギ - 1.jpeg


▲海鳥のサンクチュアリー


この日、黒い鵜(青ノド姫鵜)の数は4000羽、巣の数2500。
ウミバト90羽(巣44)カモメ2000羽(巣980)ボードに記入されていました。


1403数える学者 - 1.jpeg


▲数えてます


こうして、生物学者さん達が日々観察しています。声をかけるなんてとてもできませんが、野生動物のリサーチをしてる風景はやはり国立公園。湾内にナショナルパークがあるサンフランシスコです。

最新のアルカトラズ島の情報は、視察ごとにアップデートしていきますね。
こうして今のサンフランシスコの動きをお伝えする度に思うのですが、
早く安心して旅行ができる日が来ないかと思います。
オリンピックもみんなが安心して、安全にできるように祈ってます。


アルカトラズ島ツアーチケット予約


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > アルカトラズ島に行こう!事前に知っておくと安心な事いろいろ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について