トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【オロビルダム】アメリカで最も背の高いダムと決壊現場の今

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【オロビルダム】アメリカで最も背の高いダムと決壊現場の今

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月 7日

1049Overlookから全景 - 1.jpeg


サンフランシスコから車で3時間ちょっと、アメリカ国内のダムで最も背の高い235mのダムが『オロビルダム(Oroville Dam/ORO Dam)』です。1968年5月の完成、水の供給、治水、発電目的で作られました。道路表示地図には"ORO DAM(オロダム)"と表記されています。


1048Overlookジェネレーター - 1.jpeg


▲ジェネレーター


何も知らずに行くとダムを見渡せる高台(Ovelook)に行くと、丘陵地帯が広がっているだけで、いったいどこにダムがあるのかか思いますが、その丘陵地帯こそダムなのだそうで、びっくり。オーバールックポイントには、水力発電のジェネレーターが展示されています。平日の昼間、観光地でもないので他に誰もいませんでした。


1023歩道歩く - 1.jpeg


▲ダムを歩く


ダムの上は一般車も通れる道路(Oroville Dam RD)になっています。
歩道を歩いてみることにしました。


1030オロビル湖 - 1.jpeg


ダムによってできた人造湖のオロビル湖(Lake Oroville)は、シャスタ湖に次いでカリフォルニア州で2番目に大きい貯水池。シェエラネバダ北部、カスケード南部、とその周辺から流れるサウスフォーク・ミドルフォーク・ノースフォーク・ウエストブランチフェザーリバーが、ここで溜まって、ダムの下からはフェザーリバー(Feather River)の主流となります(かなりざっくりな説明ですみません)


1021島縞模様 - 1.jpeg


岸辺の縞模様を見ると水嵩が減っているのが分かります。草地ができているって事は水嵩は以前から減っている事も分かりますね。この日は天気も良く、乾いた枯れ草の匂いがものすごく香ります。干ばつの兆しがここでも分かります。

1007川の始まり - 1.jpeg

ダムと言えば、コンクリートのイメージですが、この下が、アメリカ最大級の地下揚水式水力発電所(Edward-Hyatt Pump-Generating Plant)になっているため、いきなり川が始まり!実際、ここからがフェザーリバーというらしいです。ダム湖周辺には、素敵な住宅地があり、トレイルコース、鮭マスの孵化施設もあります。


ジョギングやウォーキングしている人とすれ違いました。距離もあるし、接種完了している人なのかマスクは持ってるだけでした。そして不動産関係の方と少しだけ話す時間がありました(この時はマスク着用)彼女によれば、テレワークで、都市部(サクラメント圏)に住む必要ない人達が引っ越してきていて、住宅の値段は上がっているそうです。取引価格はサンフランシスコには及ばないけど率はサンフランシスコより高いらしいです。サンフランシスコ圏では、レイクタホ(Lake Tahoe)周辺が、似た状況なので"湖近く"は不動産人気スポットです^ ^


2017年決壊した放水路の今


0949Spirlway駐車場から - 1.jpeg


▲駐車場


オロビルダムロードの歩道は(片道)15〜20分のウォーキングでした。
駐車場脇には、有刺鉄線の柵が付いている真新しいダムのようなものがあります。これが、2017年2月に起こった非常用放水路の決壊時にオーバーフローした場所です。


1106Spirlway2 - 1.jpeg


▲オロビルダムブルバードから


ダムの上の道路(オロビルダムロード)を右折(下る)し、道なりに行くと、今度はオロビルダムブルバード(Oroville Dam BLVD)の表示が出ますので右折。道なりに走行してダムを見上げるような場所に着きます。


1107Spirlway3 - 1.jpeg


▲2017年の決壊現場


見えている真っ新なコンクリート部分が2017年2月に決壊し、2019年8月に完成した新しい放水路(Sprillway)です。前出の不動産屋さんにもちょっとその点を聞いてみましたが、彼女は新しくできた以降しか知らないとの事で、その時の具体的な話は聞けませんでした。
 あの時は、日本にも報道され、避難しているのかと連絡も入りました。生々しい光景は毎日テレビに映し出され、18万8千人の住民が避難をしました。


お恥ずかしい話、放水路の決壊がなければ、オロビルダムの事はほとんど知らず、先日ご紹介したオシャナシーダム(拙5/3記事こちら )と比較しようなんて思いもしませんでしたが、規模としてはオロビルダムの方が全然すごかった。そして、5番目のNew Bullards Bar Damはオロビルダムの比較的近いユバ群(Yuba County)にある事が判明、機会があればぜひ行ってみたいものです。


1.jpeg


▲アメリカで最も高いダム


立て続けにダムの話してたら、『ダムの歩き方(https://www.arukikata.co.jp/guidebook/series/books/books821671)』という本も見つけました。あー"ダムマニア"の気持ちわからんでもない。何でって上のトップ5の3ヶ所行ってました。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【オロビルダム】アメリカで最も背の高いダムと決壊現場の今

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について