トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【フレズノの見所】ダウンタウン散策 公共バスFAXにも乗ってみた

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【フレズノの見所】ダウンタウン散策 公共バスFAXにも乗ってみた

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年4月 3日

GroceryOutlet - 1.jpeg


▲グロッサリーアウトレット看板


フレズノのダウンタウンに滞在する場合、トゥラーラ通り(Tulare St)フレズノ通り(Fresno St)を抑えておくといいかもしれません。


0928教会 - 1.jpeg


▲教会


気温が30℃近くまであがると予想されたので涼しいうちに、町を見て回ろうと思いました。ふたつの尖塔がすごくすてきな「セント・ジョンズ大聖堂(St John's Cathedral)」ウエブはこちら で先ず記念写真。
1882年にできた大聖堂の中もすごくすてきみたいですよ。 住所: 2814 Mariposa St, Fresno, CA 93721

0931CityHall裏側 - 1.jpeg


▲線路脇


アムトラック"サン・ホワンキン線(Amtrak San Joankins )"の線路脇にずいぶん立派な建物がありました。

0936CityHall正面 - 1.jpeg


▲市庁舎


なんと、シティホールでした。ポスト・モダン未来派(Post-modern Futurist)建築で、カナダの建築家アーサー・エリクソン(Arthur Erickson)が手がけたものでした。

未来的って、本当ここだけ時空を超えてしまった感じがしました。住所: 2600 Fresno St, Fresno, CA 93721


0943watertower - 1.jpeg


▲給水塔


歴史的建造物に指定されてる「オールドフレズノ給水塔(Old Fresno Water Tower/FAC)」は、1894年11月に操業開始、1963年に停止されましたが、2001年からビジターセンターになってるようでした。住所: 2444 Fresno St, Fresno, CA 93721

0945watertower - 1.jpeg


近づいてみると、きれいな作り、シカゴの建築家のデザインです。シカゴは、1871年に大火事(シカゴ大火)になりました。そこからシカゴのすばらしい建築の数々が生まれてきたのですが、このデザインもその影響を受けているそうです。


0946watertower入口 - 1.jpeg

周囲には高層ビルないので、すぐわかりますよ。夜ライトアップされていたらラッキーです。(ウェブサイトはこちら


0953フレズノ郡裁判所 - 1.jpeg


▲フレズノ郡裁判所


すご~く立派なフレズノ郡裁判所(Fresno County Courthouse)を中心に、"コートハウスパーク(Courthouse Park)"と呼ばれていて憩いの場になってるようです。

1003フルトン地区 - 1.jpeg


▲フルトン地区


ダウンタウンって言ってたところがこの辺になります。「フルトン地区(Fulton District)」、ここで見ておきたかったのが、旧イタリア銀行のフレズノ支店。


1004BofIロゴ - 1.jpeg


▲ロゴ


看板も何もないのですが、BIをあしらったデザインは"Bank of Italy"、1918年にできたビルです。

1005BurgerAlarm - 1.jpeg


▲盗難アラーム


強盗用の"盗難警報機(Burger Alarm)"は、朽ちかけています。


1006❌マーク - 1.jpeg


▲バッテンマーク

この❌マークは、封鎖のマークのようで、このビル各方向についていました。


1007BofA看板 - 1.jpeg


▲ビルの後ろ側


ビルの後ろに、Bank of Americaのサインがあり、確かにここは、アメリカ銀行フレズノ支店だったことが確認できました。歴史的建造物に指定されているはずですが、そのプラークも見つけられず、斜向かいのビルもベニア板が貼られていたので、この辺は再開発されていくのだろうと思います。歴史的にも貴重なので外観はそのまま残して欲しいですね。


【アメリカ銀行】商才あふれたバンカーA.P.ジアニーニの話こちら


FAXバスに乗ってみた


1119FAXバス22 - 1.jpeg


▲FAXバス


せっかくなので、公共交通機関のバスにも乗ってみました。FAX(Fresno Area Express/フレズノエリアエクスプレス)。滞在先からダウンタウンまで、#22(ルート )です。だいたい20~25分に1本の割合とのことでした。現在コロナで運賃無料となっています。

1120FAXバス車内 - 1.jpeg


▲車内


午前中なのですがすでに、クーラーがついていました。車内にはゴミひとつなく"キレイ"なバス。


1124FAXバス下車 - 1.jpeg


▲バン・ネス通り


わずか5分ほどで、降りるバス停だったのです。ドライバーさんがわざわざ運転席から離れ、私に近づいてここで降りるのよと教えてくれ、歩く方向を指差してくれました。超親切な方でした。


・FAXバスのウェブサイト: https://www.fresno.gov/transportation/fax/routes/
ダウンタウントランジットセンター地図PDFはこちら


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【フレズノの見所】ダウンタウン散策 公共バスFAXにも乗ってみた

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について