トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【ソノマコースト州立公園】東北の震災から10年、原発跡地のあの池に行ってきました

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【ソノマコースト州立公園】東北の震災から10年、原発跡地のあの池に行ってきました

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2021年3月12日

看板 - 1.jpeg

▲看板


2021年3月11日、家からゴールデンゲートブリッジを渡り北に2時間弱太平洋の大海原を望む「ソノマコースト州立公園(Sonomo Coast State park)」に行ってきました。


0311128ホエールウォッチング崖 - 1.jpeg


▲絶壁からの波


足がすくんでしまいそうなすごい波が打ちつけてますが、風もなく穏やかな午前中の様子です。平日だったのですが、その割には訪れる人が多かったですよ。


0311127ホエールウォッチング - 1.jpeg


▲ホエールウオッチング


その理由は今日は"ホエールウオッチング"日和のようです。今シーズンも鯨の群れがたくさん来ていて、蟹の解禁が遅れてしまいましたが、鯨見物にはうれしい限りです。見えるかなぁ~と一日中座って眺めるのもいいかもしれませんね。トイレもありますので安心*双眼鏡は用意してくださいね*

【Sonoma Coast State Park】

・URL: https://www.parks.ca.gov/?page_id=451
・住所: 3095 CA-1, Bodega Bay, CA 94923
・電話番号: 707-875-3483


住んでる人達の英断の池"反原発の聖地"


0311117池駐車場海の位置関係 - 1.jpeg


▲池と駐車場と海


ホエールウオッチングも楽しそうでしたが、見たかったのは、この"池"なんです。


0311111池 - 1.jpeg


▲池


この池は、旅イサラでの拙記事"ボデガベイのその池は住民の勇気と決断によってできましたこちら" で紹介した場所です。


2011年3月11日(日本時間)東北地方を中心にマグニチュード9の大地震が発生し、福島県の原子力発電所から放射能が漏れだした最悪の事態発生......
10年が経った昨日、ボデガベイにある"原子炉の穴の跡地"に行ってきました。


この池のできた経緯、もう一度振り返りますと、ワインの産地でとても有名で酪農もたいへん盛んで、教育機関もすばらしいソノマカウンティー(Sonoma County)。海に面した人口350人ほどの漁師町ボデガベイに降って湧いたのが、1958年5月23日電力会社PG&Eから打ち出された"原子力発電所建設計画"。サンアンドレアス断層(San Andreas Fault)の西約3.2kmに基礎が作られるというとんでもない話。"当然"住民の反対運動が起こりました。北カリフォルニア・ボデガヘッド保護協会(The North California Association to Preserve Bodega Head/NCAPBH)が結成され、シエラクラブも協力を申し出ます。1962年から本格的な反対運動が始まります。

サンアンドレアス断層とは、太平洋プレートと北米プレートの境目の断層で、1895年にすでにその存在は知られていて、よく動く断層です。北側のセグメントは、サンフランシスコ半島からメンドシーノ(Mendocino)まで続いています。ボデガベイ辺りはもうひとつのプレートがあって、3つのプレートが関係している。聞いただけでゾッとするような位置に原発を作ろうとしていた訳です。反対運動の高まりまりの意に反して原子炉基礎工事、穴を掘る作業は行われていました。


1964年3月28日、アラスカでマグニチュード9.5アメリカ史上最大の地震が発生します(アラスカ地震)
(アメリカ地質調査研究所による大地震リストは、こちら


この大地震が決定的となり、1964年10月30日に原発工事は中止となりました。
このボデガベイの原発反対運動は、住民達が自分たちを守るために、力を合わせ中止にこぎつけたことで"The birth of the anti-nuclear movement"「反核運動の誕生」とも言われて、反原発運動の聖地のような存在です。


03111042池 - 1.jpeg


▲池の辺り


中止となってほったらかしの状態の穴に水が溜まり、池になり、いまや鳥の楽園。原子炉跡地のこの池は、"The Hole in the Head(頭の穴)"と呼んでいますが、「キャンベルコーブ(Campbell Cove)」と表示されています。

03111049港に入る漁船 - 1.jpeg


▲入港する船


そして、目の前の港に小さい漁船が港に帰ってきましたよ。海沿いの道には釣りを楽しむ人も多く、近くには水揚げされたばかりのダンジネスクラブを売ってるお店や、食べさせてくれるレストランもあります。キャンプ場もあり、昨シーズンはコロナでアウトドアを楽しめなかった人も多かったと思いますが、ワクチン接種が広がり今年はなんとか楽しめるかもしれません。

03111045猫の額海岸 - 1.jpeg


▲小さい砂浜

被災された方はいまだ家に帰れないで時を過ごしてるのは心が痛みます。遠く離れていますが、サンフランシスコはちょうど仙台くらいの緯度なので、位置関係の説明に必ず地震の話は添えています。2020年は、コロナで気持ちに余裕がなかったのですが、私自身も風化しないように新しい写真も添えてお伝えしました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【ソノマコースト州立公園】東北の震災から10年、原発跡地のあの池に行ってきました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について