トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【アメリカ銀行】商才溢れたバンカーA.P.ジア二ーニの話

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【アメリカ銀行】商才溢れたバンカーA.P.ジア二ーニの話

カテゴリー:お金・通貨・両替 / 文化・芸術・美術 投稿日:2021年3月 9日

1529BofI外観縦画 - 1.jpeg


▲旧イタリア銀行ビル


1904年10月、ノースビーチに、イタリア銀行(Bank of Italy)がここに設立されました。
イタリア移民向けに小口預金・小口融資から始まり、今やアメリカ国内の支店数4244店のメガバンク"アメリカ銀行(bank of America)"の始まりがここです(2019年時点:①Wells Fargo5469 ②Chase5023 ③Bank of America)創設者は、サンノゼ生まれのイタリア人アマデオ・ピーター・ジア二ーニ(Amadeo Peter Giannini)通称、A.P.ジアニーニ

1532BofI窓口 - 1.jpeg


▲テラー


今は紳士服のブティックになっていますが、当時のままきちんと保存されています。銀行の頃は、ここは窓口(Teller)だったのが分かります。


1533BofI窓口Teller - 1.jpeg


「いらっしゃいませ、本日はご入金でしょうか?」って感じですかね。
当時にしては珍しく、英語以外のイタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語ができる行員がいました。(顧客獲得のために容姿もなかなかだったそうです^ ^)

1530BofI店内 - 1.jpeg


▲金庫


ここは、金庫室(Vault)だった所。
A.P.ジアニーニが、顧客獲得の為に、"お国言葉"をきちんと理解するスタッフを雇ったのは、従来の主力銀行から見捨てられたような経済的、社会的にも弱い移民。英語の読み書きがうまくできず、彼らにとっては"銀行は近寄りがたい場所"だったので、稼いだお金はタンス預金でした。ジアニーニは、銀行の広告を出し、各家庭をまわり、その人の言語で説明し、書類の書き方を手伝い預金者を獲得していきました。また、大手銀行から見捨てられてるような労働者階級の人達も顧客として受け入れ獲得していったのですね。オラが町の銀行"ピープルズバンク的な存在"だったのです。


1531BofI金庫 - 1.jpeg


移民の方達、労働者の方達の血と汗と苦労のお金がここに入っていたのです。


1534BofI階段地下金庫 - 1.jpeg


▲地下にも


1535BofI階段地上方面 - 1.jpeg


▲天井


ゴージャスな天井に重厚な柱やドア。
ここにやってくるお客さんは、決して裕福ではありませんでしたが、ここに来るとリッチな気分になったのは間違いありません。銀行とは、地域の人達から大切なお金を預かり、その人達のニーズに応えて融資する...そんな本来の業務がここにあったような気がします。


銀行家A.P.ジア二ーニは、1870年サンノゼで生まれました。両親ともジェノバ近郊の出身で、カリフォルニアにアメリカンドリームを求めてやって来ました。宿泊所の経営で資金が貯まり、サンタクララに農地を購入、農業を始めますがお父さんは数年後亡くなってしまいます。お母さんは、同じくジェノバ出身の人と再婚、サンフランシスコのノースビーチで新たに農産物の仲買を始めます。まだ子供のジアニー二も手伝うことになるのですが、人なつこく働き者の少年だったようです。大人になったジアニーニは、ノースビーチの資産家の娘と結婚。不動産業を経て、金融組合の役員株主でもあった義父の地位を引き継ぎ運営を始めましたが、ジアニーニの意見は全く聞き入れられず、結局は自分で銀行を起こす方向へ進みます。

1516BofA二号店外観 - 1.jpeg


▲支店1号


イタリア銀行初の支店。今でこそ"支店(Branch Banking)"での営業は当たり前ですが、ジアニーニが銀行を立ち上げた時代は、銀行は単体でしか営業していませんでした(単一銀行制度)。昔々は今と同じく支店を持って営業していたのですが、南北戦争以降、単体で営業が一般的になりました。しかし、ジアニーニはお客さんの住んでいる場所じゃないとお客さんには不便じゃないか?職種によっては季節によって融資が必要な時期が違うし単一店だけでは対応できない!そして、"野心"ウォルストリートにヒト泡ふかしてやりたい!幸い当時カリフォルニア州では支店設置禁止の法律が無かったので、細々と支店を増やすことができたようです。1906年サンフランシスコ大地震以降、南部に人が動き始め、L.Aをはじめ南カリフォルニアは、一気に繁栄していきます。映画産業にも投資、自動車ローンも始め、1928年LAのバンク・オブ・アメリカのマネージメントがきっかけで『Bank of America』と改名します(ネームバリューでアメリカ銀行となりますよね)


1518BofA二号店窓口 - 1.jpeg


▲歴史を感じる窓口、テラーは中国語OK!

州を超えて支店設置ができるようになったのが1994年。1998年ノースカロライナのネーションズ銀行(Nations Bank)が、バンカメを買収、本来ネーションズ銀行になるのがネームバリューでアメリカ銀行。生前A.P.ジアニーニの口癖だった「アメリカの端(西)から端(東)まで網羅する町の銀行」の夢がかなったことになりました。国内どこでもバンカメのATMがあり出張先でも心配無用。
お世話になっているバンカメさんのちょっとした昔話でした。

【Bank of America】
URL:https://www.bankofamerica.com
日本のバンカメについてこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住。インバウンドのツアー企画、コーディネート。アメリカ国内のカンファレンス現地スタッフ。出張や視察時のブリューパブ巡りが楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。日本の伝統食品製造アシスタント。フード&トラベルライター。
日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。日本語の教え方講座修了。日本ビール検定合格。
趣味:西洋アンティーク収集。ビアライゼ。スポーツ観戦。歴史的社会探訪。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【アメリカ銀行】商才溢れたバンカーA.P.ジア二ーニの話

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について