トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【セグウェイツアー】日本語案内役でスカウトされました!

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【セグウェイツアー】日本語案内役でスカウトされました!

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年2月 1日

セグウェーツアー1 - 1.jpeg


▲人気のアクティビティ"セグウェイツアー"


先日、フィッシャーマンズワーフに"話のタネ"を探していたときのことでしたが、世の中いろんなところに仕事のタネが転がってるんだと思った話です。


セグウェーツアーオフィス - 1.jpeg


▲受付オフィス


世界最大の旅行口コミサイト"トリップアドバイザー(tripadvisorウェブサイト )"で、ここ数年、超人気アクティビティーになっているのが、セグウェイツアー(5つ星は3000を超える人気)そのツアーが催行しているのでビックリしました。もちろん、ツアーを催行してもいいので再開している訳ですが、受け付けオフィスが建物の間、隙間みたいな場所で看板がなければ、まず見つからない場所でした。(苦笑)

Greeting - 1.jpeg


▲この前で記念写真


冬の閑散期でも、例年ムカデのようにゾロゾロと先頭のガイドさんはじめみんなニコニコとやってるのですが、コロナ禍では、ほかのツアー同様ほとんど客足は途絶えていています。オープンしててもお客さんは来ない。絵心と時間があるし、「グリーティングフロムSF」の壁画を描いてました。この前に立って記念写真を撮りインスタに載せてもらおうということ! 色鮮やかで楽しい壁画。フィッシャーマンズワーフは観光客がまったくいない訳ではないので、ポツリポツリと記念写真を撮りに人が来ていました。

【トリップアドバイザー】


プライベートセグウェイツアー・フィッシャーマンズワーフ周辺
●内容はこちら


プライベートセグウェイツアー・ゴーリデンゲートパーク
●内容はこちら


オフィスの方の話では、いま現在は、プライベートのみで8人以下で催行しているとのこと。


〈ツアー参加条件〉

12歳以上・体重100lb(1kg≒22lb)、体重50kg≒110lb(だいたい45以上が目安ですね)。
明記されていないけど、身長がハンドルバーより低い方も難しいかも


どーしてもセグウェイツアーに参加したかった小学生の僕ちゃんが、参加条件の体重に足りず泣く泣く諦めたエピソードが2019年にありました。参加の際は確認してくださいね。

【Electric Tour Company】

・URL: https://electrictourcompany.com
・Segway Tour: https://electrictourcompany.com/tours/

① フィッシャーマンズワーフオフィスの住所: 757 Beach ST(@Hyde ST)S.F, CA 94109(ケーブルカーハイド線近く)

② ゴールデンゲートパークオフィスの住所: 82 Hagiwara Tea Garden Dr S.F, CA 94118(日本庭園近くにテントあり)

・電話番号: 415-474-3130

ゴーカー - 1.jpeg


▲ゴーカー


また、これも人気の乗り物、チョロQみたいでかわいいゴーカー(Go Car)!
ラジオの案内を聴きながらコースに沿って走ります。原チャリを改造した三輪バイクで、黄色い車体がすごく目立ちます。


このツアーは、ほぼレンタカーと同じ扱いのようでした。

〈レンタルの条件〉

*ミニマム1時間(車両$65)
*運転する人は21歳以上
*乗車できる人は4歳以上
*アメリカの運転免許証か国際免許が必要
*クレジットカードかデビットカード支払い
*デポジット(返金)、$150(保険加入者)、$500(未保険加入者)
任意保険→$25.95


ゴーカーのウェブサイト(こちら )でを調べてみると、長く借りてた方が安上がりになりますね。
*パッケージツアー(こちら

mural - 1.jpeg


▲ミューラル作成中


基本的には、とーっても暇なので、こうしてミューラル(mural)作成に没頭しているそうですが、このミューラルの裏側にはいつでも可動可能な観光用ジープもあり、本格的なツアー再開を待っている状態です。
*ツアー用車両は、許可書も必要*


1組だけプライベートに催行しています。サンフランシスコに来ること自体とてもたいへんですが、サンフランシスコの人気アクティビティ"セグウェイツアー"の紹介でした。


と話がまとまるはずだったのが、ここの方に写真撮影の許可をもらうために、いろいろ話をしたところ、ならば紹介するだけじゃなく日本語でツアーできるんじゃないか!と振ってきて、たまげました! 運転のし方やコースは心配するな、俺が教える、とずいぶん熱心なスカウトさんでした。あまりに熱心だったので、私が日本語で手伝えることがあれば、と連絡先を渡して帰ってきたという次第。


2021年1月後半から、医療従事者を中心に私の周りでは、1回目のワクチン接種をした人が出てきました。また65歳以上の方も予約開始となりました。幸か不幸か私の順番までまだ先のことになりますが、1日も早く安心して旅行できる日が来ますように......

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【セグウェイツアー】日本語案内役でスカウトされました!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について