トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【番外編・ラスベガス】二階建てバス"デュース"初ベガスなら先ず乗ってみよう

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【番外編・ラスベガス】二階建てバス"デュース"初ベガスなら先ず乗ってみよう

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2020年11月29日

LAS Deuceバス - 1.jpeg


▲二階建てバスデュース(Deuce)


11月も最後の週、気がつけば火曜日から12月です。コロナのパンデミックの影響で、トイレットペーパー買いに走ったりしてこの8ヶ月間何してたんだろう?ここのところまた感染者が急増し週明けからサンフランシスコは夜10時〜朝5時まで外出禁止となるそうです。(という話を帰宅後に聞きまして、不夜城ラスベガスはどうだったのかしら?疲れ果て10時には寝てたので気がつきませんでした)


先日、ラスベガスに滞在の用事があり、空き時間に、楽しそうな二階建てバス"デュース(Deuce)"に乗ってみました。豪華な2階建て路線バスのデュースは、ストリップ地区とダウンタウン地区を行き来して、10〜15分おきで毎日24時間運行、市民の足でもあります。また経路を見て見るとプチ観光にもお勧めかもしれません。初めてのラスベガスの方には、アウトライン作りにお役立てくださいませ。

料金表 - 1.jpeg


▲料金表


主要バス停には券売機が設置されていてクレジットカードでも買えるようになっています。
いつも思うのですが、何故かバス停/券売機の周辺には、虚な目の怪しい感じの人が切符を買う人を眺めているんですよね(SFのミュニバスには券売機はありませんが、屋根付きバス停のベンチに時々寝ている人います)なので初めての場合、怖く感じるかもしれません。券売機でしか買えないのかしらん...


11270818車内の様子 - 1.jpeg


▲車内


券売機で買うのを考えていたら、Southbond方面のデュースが停車しました。観察してみたら、現金を持って数人乗り込んで行きました、車内でも切符が買えると判断して、次のバスを待ちました、運行時間は正確で驚きました。
ドライバーさんに行き先を確認して乗車、運転席横の料金箱に5ドル入れる。
一回券2ドル・2時間券3ドル・24時間券5ドル...
目的地は『Welcome to Fabulous Las Vegas Sign』通称『ラスベガスサイン』
バス停表示:Welcome to LV Sign


2時間券(3ドル)で良かったのですが、1ドルと5ドルを間違えるうっかり者でお釣りも出ず><
でも、その日一日中、デュースに乗ってあちこち行くなら24時間券が安心です。


11270820 - 1.jpeg


▲目的地到着


さすが、朝の8時半頃でこの行列、噂どおりで思わず唸ってしまいました。おそるべしラスベガスサイン!1959年にできたこのサインは、車でやって来た方への歓迎の看板なので中央分離帯部分に設置されています。記念写真を撮る人達たくさんいて、専用パーキングとバス停が設置されたって納得です。パーキングにはリムジンが何台か待機、セレブ(?)もやってくる国の歴史的登録財(National Register of Historical Place)ラスベガスサイン。


11270838 - 1.jpeg


▲2階


バスの雰囲気もわかったので帰り(Northbound)は、長めの良い2階席に挑戦、他に誰もいないので貸し切り。
(いかに車できている人が多いか分かった)


11270845NYNY - 1.jpeg


▲NY NY


先月はマスクしていた自由の女神、今朝は外してます。そしてかなり近くに見えます。


11270855Encore周辺Start - 1.jpeg


▲次の目的地


時間もありお天気が良く、もう少し足を伸ばしてみる事にしました。ショッピングセンターの『Fashion Show(サイト )』には、"STAY STRONG VEGAS" 強くあれベガス...コロナのパンデミックで、華やかなショービジネスの世界も大変です。でもベガスの強さを失う事なく頑張って欲しい。


11270858ResortsWold - 1.jpeg


▲リゾートワールド


コンベンションセンター(サイト )近くには、リゾートワールド(Resort World Las Vegas サイト )凄い工事が進行中、ここは次回は間違いなく様子が変わる所ですねぇ、今から次が楽しみです。

バス停:Convention Center


11270909ダイスとお姉ちゃん - 1.jpeg


▲も一つ、


ラスベガスサインが、巨大カジノホテルが並ぶストリップ地区の南の端っこだとすると、北端は、ここかもしれません。ちょうど道路がY字路になっていて、思わずデュースのドライバーさんに大丈夫か聞いてしまいました。(信号の先で止まるから安心なさいって笑われました)ここもラスベガスらしい写真が撮れますが、オブジャのわりに地味な存在。誰に邪魔される事なく写真撮りまくりです。
バス停:THE STRAT


11270913Startタワー - 1.jpeg


▲ストラストフィアタワー


大平原のラスベガスでどこからでも目に入るこのタワーが、『ストラストフィアタワー(Stratosphere Towerサイト )』通称、ストラット。
バス停:THE STRAT

11270924CityofLV - 1.jpeg


▲こちらも記念に


冬晴れに負けないくらい青いオブジェ。気が向いたので来てみたのですが、ここから北側はローカルな雰囲気のお店がポツポツあって、様子が一変します。どんなお店があるかもう少しベガスに慣れたら行ってみようと思いました。今回は下車しましたが、地図を見るとダウンタウン地区まで行っているので、滞在中は楽しく便利な交通手段となりそうです。


11270917バス停Stars - 1.jpeg


▲バス停


行き先が大きく表示されているバス停もあれば、こじんまりとしたバス停もあります。チケットは時間ないなら何度も使えます、2回目以降は、料金箱右上にスワイプさせる細い溝があるのでそこに差し込んで右から左に動かせば完了。やっぱり2階席は人気で、再び先頭席に乗ることはありませんでした。


2時間弱のプチ観光。今回の回り方や下車時間だとやっぱり2時間券で大丈夫。運営会社のRTCトランジット(Regional Transportation Commission of South Nevada )アプリをダウンロードすればデュース以外の路線バスの情報(サイト )もわかりますが、デュースだけなら歩道に設置されてる地図の写真で大丈夫でした。


往復すれば概ねの位置関係が分かります。往復すればローカルな滞在方法も見つけられそうです。

Southboundは、LVサウスプレミアムアウトレット(バス停:LV South Premium Outlets)、マッカラン空港・レンタカーセンター(バス停:McCarran Rent-A-Car Center)までも運行しているデュース。レンタカーセンターからターミナルまではシャトルバスが出てるので、お財布に優しい空港への行き方でもありますね。という事は、空港からデュースで来れちゃうの?これはこれはお財布に優しい歩き方だわv

RTC日本語サイト:https://www.rtcsnv.com


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【番外編・ラスベガス】二階建てバス"デュース"初ベガスなら先ず乗ってみよう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について