トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【カリフォルニア州・夜間外出禁止令】浮かれてる場合ではありませんでした

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【カリフォルニア州・夜間外出禁止令】浮かれてる場合ではありませんでした

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 / 美容・健康・病院 投稿日:2020年11月20日

市役所 - 1.jpeg

〈カリフォルニア州ほぼ全域に夜間外出禁止令(Curfew)発令〉
春から始まったStay-in-Place、努力の甲斐があり徐々に経済活動再開に向けて動き出した2020年6月後半"第2波"とも言われた急激な感染者の増加。独立記念日(7月4日)に市内では個人が違法に花火を打ち上げていました。そして新学期の9月に半年ぶりにヘアサロンで髪切ってさっぱり。9月末サンフランシスコが最も暖かい季節に待望のインドアダイニングが再開でかなり開放的に! ソーシャルディタンスを守り、収容人数25%(100人まで)のオープンでしたがそりゃうれしかったです。
10月には50%(200人)に拡大という噂が流れ始めた頃でした。


50%に拡大の噂がプツリと途絶えました......

maskRequa - 1.jpeg


▲「Mask Required(マスク必須)」


いままで出てなかったミュニバスの行き先表示板に「マスク・リクワイアー(Mask Required)」と出始め、不気味な感じがしました。が、ついに11月19日昼過ぎに緊急発表となりました。カリフォルニア州の58カウンティーを人口10万人あたりでのコロナ陽性率を、最小限(Minimal/黄色)・ほどほど(Moderate/オレンジ)・相当な(Substantial/赤)・広範囲な感染(Widespread/紫)の4段階に色分けし(各カウンティーの色別こちら )ベイエリアの大半、州全体94%で、11月21日夜10時から翌朝5時まで外出禁止となりました。現時点ではサンフランシスコ は入っていませんが、この10日間ほどで黄色(Minimal)から一気に赤(Substantial/Red Tier)になっていますから、残念ながら時間の問題と言われています。サンフランシスコは黄色だから大丈夫と浮かれていたかもしれませんね。
SFのCovid-19のウェブサイト


職場でもいままで頑張ってきたのに......と皆落胆。
来週(11月26日)は、サンクスギビングでこの週末から帰省ラッシュが始まります。
とにかく今年2020年は移動しないよう呼びかています。人が集まらないようターキーも自粛を呼びかけています。肉屋のターキーは心なしか今年はサイズが小さいような気がします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【カリフォルニア州・夜間外出禁止令】浮かれてる場合ではありませんでした

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について