トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【季節限定アルカトラズ島】公共交通機関での行き方とアルカトラズ島の様子

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【季節限定アルカトラズ島】公共交通機関での行き方とアルカトラズ島の様子

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2020年11月20日

11090845バス停に向かう - 1.jpeg


▲バス停に集まる人たち


サンフランシスコも日に日に秋が深まってきて、いよいよ雨季を迎えました。
日本は今週末は連休ですし、アメリカは11月26日は感謝祭・サンクスギビングを迎えます。


人気のアクティビティのアルカトラズ島ツアーへの、最も簡単便利なアクセスを紹介します。
ダウンタウンユニオンスクエアからですが、ミュニバスで簡単に行けちゃいます。


乗り場は、ストックトン通りとサター通り(Stockton ST & Sutter ST)の角、目印はチャイナタウンへ続くトンネルです。この角には、グランドハイアット・スターバックス・CVS(ドラッグストア)があります。


11090846表示に8なし - 1.jpeg

▲バス停表示


サンフランシスコ・ミュニバスのバス停の表示は、ミュニのロゴの下に路線のアルファベットや番号がきてるのですが......ミュニバス#8 bayshoreはここなのになぜ表示がないのか? 不安になりましたが、中国人のお母さんたちはここが8番バスの停留所と言います。


11090849バス来た - 1.jpeg


▲バスやってきた


よかった。バスがきました。

11090850車内 - 1.jpeg


▲バス車内の様子


ミュニバス#8 Bayshoreは、チャイナタウンとサニーディール方面を結ぶ長距離路線(ルートPDF )で、乗降客も多く、時間によっては混雑しますが、コロナの影響で乗客も少なくやはり皆さんそれとなく距離をとっています。ユニオンスクエアからフィッシャーマンズワーフ間は、車窓からの眺めも楽しいルートです。


11090855ワシントン - 1.jpeg


▲車窓から


チャイアンタウンからノースビーチ、きれいに補修工事が終わった"ワシントンスクエア(Washington SQ)"も通るので、ちょっとした市内観光みたいですよ。


11090903終点ピア35 - 1.jpeg


▲終点


ユニオンスクエアから15分ほどでフィッシャーマンズワーフ、ピア35の目の前に到着。ここが#8Bayshoreのターミナルです。アルカトラズ島の乗船場所ピア33は、35の隣になりますから、迷うことなく行くことができます。
#8 Bayshoreの詳細

アルカトラズ島はアガベトレイルオープン


11091025アガベトレイル解禁 - 1.jpeg


▲期間限定のトレイル


アルカトラズ島を訪れる方は年間140万人以上。この島を含む"ゴールデンゲート・ナショナル・レクリエーション・エリア(Golden Gate National Recreation Area)"は、公園管理局(National Park Service)の最も人気のエリア(トップ10 )です。2019年1500万人の観光客が訪れ、その10人にひとりがアルカトラズ島に行ってる計算。そんなふうに考えるとなんかすごいですね。


そんな人気のアルカトラズ島は、海鳥のサンクチュアリーにもなっているのでカモメなどの産卵期にはこのトレイル閉鎖され広場も入ることはできません。秋から冬にかけて季節限定トレイルなんですよ。


11091028アガベ - 1.jpeg


▲アガベ


歩き出すとこんなドデカいアガベが、ワサワサと生えています。

11091029手すり - 1.jpeg


▲錆びた手すり


潮風で錆びついた手すり、寄りかかるとそのままおっこちそう><


11091030ベイbr SF遠景 - 1.jpeg


▲サンフランシスコの景色


トレイルから見るキラキラ光る海面に、ベイブリッジとサンフランシスコの町がきれいに見えます。

11091027アガベの階段 - 1.jpeg


▲日干しレンガの階段


テキーラの原料や樹液で作るシロップで有名なアガベ(Agave/リュウゼツラン)ですが、日干しレンガ(Adobe)を想像するのは私だけでしょうか?


11091053ゴールデンゲートbr遠景 - 1.jpeg


▲ゴールデンゲートブリッジ


このトレイルは、ベイブリッジとゴールデンゲートブリッジが見えるんです。穏やかな小春日和、オーディオツアーはまで再開していませんが、散策して回るにはいい季節です。


11091217補修工事中 - 1.jpeg


▲セルハウス


刑務所の建物(Cell House)では外壁の補修工事をやっていました。今月に入りコロナの感染者率が増えていてまだ先行きが不透明ですが、再開したときはきれいになっているといいですね。


■アルカトラズ島ツアーチケット
・URL: https://www.alcatrazcruises.com/tour-options


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【季節限定アルカトラズ島】公共交通機関での行き方とアルカトラズ島の様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について