トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【カマラ次期副大統領】マダムバイスプレジデントが育った場所

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【カマラ次期副大統領】マダムバイスプレジデントが育った場所

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年11月11日

1120NorthBerkeley駅 - 1.jpeg


▲最寄り駅


バート・リッチモンド線(レッドライン)のノースバークレー駅。
カマラ・ハリス副大統領の育ったお家の最寄り駅。
選挙政治について個々の考えや思想、損得があって私には問えませんが、カマラ・ハリスさん(次期副大統領)が、ご両親と一緒にどんな暮らしをしていたのかを見に行ってきた野次馬^ ^:フィールドトリップな話です。

1126OhlonePark - 1.jpeg


▲オーロンパーク


駅舎の周りは駐車場になっていて、道路を渡ると細長い形をした「オーロン・パーク(Ohlone Park)」があって、「在来植物ガーデン( Native plant Garden)」も発見。おじいちゃんとお孫ちゃんがゆったり散歩しているのどかな風景です。1974年バート建設にともない作られたスペースで、北カリフォルニア八大先住民族のひとつと言われていてベイエリアにもたくさん住んでいた"オーロン族(Ohlone)"の名前がついています。


1137看板 - 1.jpeg


▲ローンボウリング?


最寄り駅から徒歩20分と出ていたので歩いてみました。「ローンボウリング・グリーン(Lawn Bowling Green)会員募集!」ローンボウリングって何だ? 初めて聞きました!!


1138LawnBowlingGreen - 1.jpeg


▲遠巻きに観戦


芝生でやるボウリングみたい? でも当ててるのはピンじゃなくてボールに当ててる感じ......
聞けば、"Lawn Bowls"とも言われているローンボウリングは、ボウリングの全身。ボールの中心部が偏っている"ボウル"を転がして、目標球にどれだけ近づくかを競うイギリス発祥の球技。ペタンクやカーリングみたいな競技(ボウリング場のボウルも同じ構造なので、スピード落ちるとカーブする)。


1139イチジクオリーブシトラスの木 - 1.jpeg


▲歩道脇


鬱蒼とした木々に行手を阻まれるそうになりながらも進んでみると、なんとその樹は、イチジク・オリーブ・レモン・ちょっと変わったシトラス系・ちっちゃいオレンジみたい......食いしん坊にはたまりません。


1140kamala宅前のチョーク - 1.jpeg


▲歩道に書かれたお祝い


そのブロックになると、歩道にチョークで描かれたお祝いや応援のメッセージがぎっしり、踏むのも気が引けるので車道を歩きます。


1144kamala宅 - 1.jpeg


▲家の前


1145kamala宅 - 1.jpeg


▲いまや名所


当選が決まった土曜日はブロック封鎖になってしまうほどだったそうです。平日の昼間でも入れ替わり立ち代わり写真やセルフィーの人たち。ちょっとした名所になってしまいました。2世帯が入っている間取りの家ですね(ひとつはクラスとして使ってる)

この家で育ったカマラ・ハリス(Kamala Devi Harris)さんは、隣町オークランドで生まれました。お父さんは、ジャマイカ人で1961年にUCバークレーの経済学の勉強のため渡米(のちにスタンフォードで経済学教授)。お母さんはタミル系インド人で乳がんの研究ではとても有名な方だったようでした(1960年移民)。下世話な想像ですが、経済的にお母さんによるところが大きかったのか、カマラ(Kamala)というインドっぽい名前がついたのかも^ ^
ハリス一家は、大学院のあるバークレーに住むことになるわけですね。当時UCの大学院に通う人、研究者はキャンパスに近い丘側に住むことが多いのですが、当時の世相がうかがえます。


1148communityGardenPatch看板 - 1.jpeg


▲コミュニティガーデン


帰りに見つけた「コミュニティガーデンパッチ(Community Garden Patch)」ものぞいてみましたよ。ここらは1972年まで鉄道が通っていて輸送と乗客サービスをやっていた場所だった、鉄道の移転にともないバークレー市が公共スペースとして使うことになりUCバークレーの協力のもと1994年からコミュニティガーデンとして開放されています(バークレーコミュニティーガーデンのウェブサイト )サンタフェ鉄道が去っても、ここから徒歩20分でアムトラックバークレー駅(アムトラックサイト )がありますよ。


1149無人販売 - 1.jpeg


▲無人販売


見てくれはともかく今朝採れたばかりっぽい野菜がのっかっていたので、香りもよくって触ってみたらすごく柔らかいので、記念に小さい束のアルギュエラ、パセリとケールを分けてもらい(コインで1ドル分)寄付しました。


1150ガーデン - 1.jpeg


▲ガーデン


季節の野菜や花が育って咲いてる。


カマラサラダ - 1.jpeg


▲カマラサラダ


"採れたてを食べよう〜"のバークレー精神いっぱい。
先ほどコミュニティガーデンで分けてもらったアルギュエラ・パセリ・ケールと家にあったドライファームトマトのサラダ。生で食べても硬さが気にならないケールにちょっと感動。野菜の匂いプンプンしておいしい(ドレッシングは、オリーブオイル・塩胡椒・レモン汁)

さて、私が住んでいた頃、気をつけないといけないエリアだった"セントラルバークレー"。当時はそんな言葉すらなかったような気もします。住んでいる人は変わっても60〜70年代の家も残りなかなか雰囲気がよくなっているエリアです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【カマラ次期副大統領】マダムバイスプレジデントが育った場所

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について