トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【コロナ禍カリフォルニア州】全米最多の感染者数と数字から気がついた事

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【コロナ禍カリフォルニア州】全米最多の感染者数と数字から気がついた事

カテゴリー:お知らせ / 美容・健康・病院 投稿日:2020年7月24日

アラメダ郡駅前テストサイト - 1.jpeg

▲駅前テストサイト(アラメダカウンティー)


2020年7月23日に入ったニュースで、感染者数急増のカリフォルニア州はついに確認された感染者数が全米で最も多くなりました。

数字でみる感染者数


0330コロナマスク - 1.jpeg


6月20日頃からの感染者数の急増は、コロナ第二波といわれていますが、7月22日の時点でカリフォルニア州の感染者が42万2528人(亡くなった方は8039人)になり、NY州の41万3595人(亡くなった方は3万2228人)を超えてしまいました。


ベイエリアのこの1週間の感染者数はこちら⇩


【Covid-19ベイエリア9カウンティーでの感染者数と亡くなった方の推移】
*7月16日→7月20日→7月23日・感染者数/亡くなった方*


アラメダ(オークランド・バークレーなど)
8478/154→9237/162→9643/171
サンタクララ(サンノゼ・パロアルトなど)
6951/173→7456/177→8321/180
コントラコスタ(リッチモンド・コンコードなど)
5140/92→5606/98→6202/102
サンマテオ(レッドウッドシティー・ディリーシティー・ハーフムーンベイなど)
4254/114→4465/114→4776/114
サンフランシスコ(サンフランシスコのみ)
4696/50→5202/52→5459/53
ソラノ(バレーホ・フェアフィールドなど)
2407/31→2554/31→2982/35
マリン(サンラファエル・サウサリートなど)
1909/29→2234/30→2398/35
ソノマ(サンタローザ・ヒールズバーグなど)
1979/16→2169/20→2241/22
ナパ(アメリカンキャニオン・ナパなど)
561/4→583/5→685/7

7月23日時点でカリフォルニア州全体では422,528/8038

ジョーンズ・ホプキンス大学より


しかし、この数字が果たして多いか少ないかがあまりよくわからないので、
人口10万人あたり何人の感染者⇩でまとめてみました。

【ベイエリア9カウンティーの人口10万人あたり感染者数累計】

アラメダ:578.55人/10万人
サンタクララ:429.46人/10万人
コントラコスタ:539.20人/10万人
サンマテオ:620.63人/10万人
サンフランシスコ:618.02人/10万人
ソラノ:667.70人/10万人
マリン:1,729,14人/10万人
ソノマ:448.25人/10万人
ナパ:491.33人/10万人

ジョーンズ・ホプキンス大学のデータより


10万人あたりのデータだとまた違った捉え方ができそうです。
感染者数だけ見ると、シリコンバレー(サンタクララ)多いのですが、人口10万人あたりでは、サンフランシスコの方が多い。安全と思っていたワインカントリー(ナパ・ソノマ)よりもシリコンバレーが、低いのも驚きです。


また、感染者数の推移で、全米各カウンティー別に感染者数のデータがあり、トップ50に南カリフォルニアの3カウンティーがあったので、やはり10万人あたりの数字を下記⇩しました。

【人口10万人あたりの感染者数累計】

ロサンゼルス:1634.10人/10万人
オレンジ:996.34人/10万人
サンディエゴ:750.95人/10万人
*LAは全米で2番目に人口が多く、サンディエゴはカリフォルニア州で2番目に人口が多い*


参考としてNY: 1722.28人/10万人


上記に数字は春からの累計データです。


人口10万人あたりの感染者数について、ベイエリア、カリフォルニア州やNYなど気になるところを見てみましたが、全米一の富裕層エリア、ニューサム知事も住んでるし、俳優さん、アーティスト、著名人が多く住んでいます。そのマリンカウンティーの割合が高いのが驚きでした。セレブなエリアのマリンカウンティーは、静かで緑も豊かでまるで森の中で生活している錯覚をしてしまうほど素晴らしい生活環境。そんなこともあって高齢者施設が多くあります。またメキシコ系の方多く住むエリアもあります。医療機関の方によれば、高齢者の方、メキシコ系の方の搬送が多かったそうでした。また、州の管轄サン・クエンティン刑務所(San Quentin State Prison)のアウトブレイク(受刑者約3500人の約2000人感染、職員も100人近く感染)も深刻な状況です。


⇩カリフォルニア州からは過去2週間の各カウンティー増加と比率が出ています。
https://covid19.ca.gov


私達のコロナ対策は三密回避

0330seton medical - 1.jpeg


▲ディリーシティーにある専門病院

「シートンメディカルセンター(Seton Medical Center)」は、ベッド数357床の巨大病院。運営がうまくいかず閉鎖を余儀なくされたのですが、コロナ患者を受け入れる病院として3月20日以降220床を受け入れ始めています。カリフォルニア州は3月末の時点で9万床があり、さらに5万床を確保したい知事は会見していました。現在受け入れられるベッド数は約7万2000床(ICUは8割近く埋まってる)です。

NYの痛ましい状況は忘れることはできませんが、カリフォルニア州(3951万人)とNY州(1954万人)では人口が倍以上違うにもかかわらず、NYでは亡くなった方が非常に多かったです。春NYのアウトブレイクでは、医療崩壊が起ってっていただろうとUCSFの先生が個人的なこととして話をしています(先生方はそのとき現場にはいないので、ほかの情報を基にした話)。 カリフォルニア州で同じことが起こらないことを願うばかりです。

医療関係者の方達の話など聞いてあらためて、最前線で治療に当たっている方々には感謝の気持ちしかありません。息苦しいから病院に来た方が、1時間後には挿管というのがコロナだそうです。
私たち一般人でできることは、マスクマストと手洗い、そして経済活動再開に伴い出歩く事も多くなりますが、絶対的な"三密回避"です。
一進一退を繰り返し続けるコロナ禍で何とか安全に過ごしていきましょう。

〜情報をくださった方、お話を聞かせてくれた皆さんありがとうございました〜


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【コロナ禍カリフォルニア州】全米最多の感染者数と数字から気がついた事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について