トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > Holaサンノゼのフリマはラテンの空気いっぱいで"ビバ・メキシコ"

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

Holaサンノゼのフリマはラテンの空気いっぱいで"ビバ・メキシコ"

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年6月21日

Flea - 1.jpeg


▲ようこそサンノゼ


新しくオープンしたバート駅『ベリエッサ/北サンノゼ(Berryessa/North San Jose)駅』前にガーデンがあります。そこにフリーマケットが開催されているのを発見!知りませんでしたぁ><しかもかなりデッカイ!


フリマ1148 - 1.jpeg


▲様子


歩き始めてみると、スペイン語が飛び交いここはメキシコ?!と思ってしまうほど。Hola(オラ!コンニチハの意味)から始まるショッピングですよ。約48ha、通路の長さは約13km全てを歩いて回るにはかなり長〜く、広大な敷地には、ジュエリー、衣料品、靴、おもちゃ、アンティーク、コレクターズアイテム、化粧品、美術品(アートワーク)、調理器具、ちょっとしたドラッグストア、アウトドアグッズ...とにかく多種多様


フリマ1149お約束 - 1.jpeg

▲新ルールの表示


5月15日から新ルールの元で再開されたそうですが、歴史はすごく古くて1960年から続いてるんですね。50年前ジョージ・バムさんは、毎日色んなものが捨てられているのを見て、何とかならないかと"もったいない精神"+"利益"から、LAやパリで行われているスワップミートの発想を得て、古い食肉加工工場跡地を買い取り20のベンダー、一日100人ほどのお客さんが訪れるマーケットを作りました。


フリマ1150作業着 - 1.jpeg


▲作業着屋さん


作業着の日本のワークマン(WORKMAN) もびっくりなブースです。フリマでこういうの売ってるんですねぇ。

フリマ1151自動車パーツ - 1.jpeg


▲車のパーツ


クルマ部品というかバンパーやボンネットの一部が売られてました!という事は、自分で取り付けられるって事かな?


フリマ1205メキシコ帽子 - 1.jpeg


▲帽子とブーツ


メシシコに行った時、おじさん達がこんな帽子かぶってる人いっぱい見ました。見てるだけでも楽しいフリマです。


フリマ1210フルーツ - 1.jpeg


▲フルーツカップ

サンフランシスコよりあったかいので、フルーツはより一層美味しく感じますね。ちょっとずつ中身が違ってて迷っちゃいます。


フリマ1232八百屋 - 1.jpeg


▲ファーマーズマーケット


このフリマの1/4の売り場を占めるのが、ファーマーズマーケットです。カリフォルニア州内の野菜・果物が並んでます。普段のファーマーズマーケットではあまり目にすることのない珍しい食材が並んでいて「どうやって食べるの?」と聞かなきゃ分からないものが多く、これらを見ているとカリフォルニアは"食の宝庫"なのを感じます。

フリマ1233チリスパイス - 1.jpeg


▲チリのパック


野菜の隣には、チリ・唐辛子やスパイスがぶら下がってました。(コロナの影響で既にパックされています)


フリマ1318食べる所 - 1.jpeg


▲フードコート


フードトラックや屋台が集まってるエリアが何箇所かあって食事ができるるようになっています。現金のみ、クレジットカードOKとか各ブースにより違っていますが、10〜15ドルくらいで食事ができます。


フリマ1323テントなしベンダー - 1.jpeg

▲露天


上にネット状のシェードがあると暑さを遮ってくれますが、完全に露天だと午後からの日差しは大変かもしれませんね。現在出店を取り止めているベンダーさんもありますがそれでも全部みるには大変です(すべて回りきれませんでした)ベンダーさんのほとんどはマスク着用していましたし、訪れている人も子供以外はフェースカバーをしていましたし、距離もそれとなく守られていました。


フリマ1324マスク3個で5ドル - 1.jpeg


▲マスク


ここは、何でも5ドルのフリマみたいでした。
例えば1個5ドル、2個で5ドル、ここは3個で5ドル...最安値のマスクでした。
ユニークなデザインのマスクがいっぱいあってしかも5ドル!メキシコの刺繍はそもそも定評があるので可愛い刺繍のマスクはよく売れてました。


お宝探しが大好きなので、フリマにはとても興味があるのですが、ここは異国情緒あふれ普段行くフリマには無いような物も売ってたり、会話がスペイン語なのが尚楽しい。


バートも開通し、サンフランシスコからすごく近くなりました。
もう少しして安心して旅行ができようになったら是非いらしてみてください。
アメリカにいながらにしてメキシコが感じられる場所、ビバ・メキシコなフリーマケットです。


【The San Jose Flea Market】

住所:1590 Berryessa Rd San Jose, CA 95133
電話番号:408-453-1110
営業時間:毎週金(6:00〜)・土日(5:00〜)
URL:https://sjfm.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > Holaサンノゼのフリマはラテンの空気いっぱいで"ビバ・メキシコ"

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について