トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 再開オーベルジュ・ド・ソレイユ あのテラスからの絶景ランチ

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

再開オーベルジュ・ド・ソレイユ あのテラスからの絶景ランチ

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 投稿日:2020年6月 7日

1214Auberge - 1.jpeg


▲オーベルジュ・ド・ソレイユ


ナパバレーの奥座敷、ラザフォードヒル(Rutherford Hill)にワインを受け取りに行った帰り、営業を再開しているかもしれないと言うので、『オーベルジュ・ド・ソレイユ(Auberge Du Soleil)』と言うカリフォルニア料理のレストランに寄ってみた。
ワインカントリーのアウトドアダイニング再開の情報どおりしていた。ラッキー!


1210Aubergeエントランス - 1.jpeg


▲レセプションエリア


入り口、レセプションの向こうには燦々と降り注ぐ日差し、ナパバレーの景色が一望できるテラスでのランチです(夜は暗いのでね)ナパのランチはここ!と決めている人がいるほどの人気のオーベルジュ、その人気だけあってウォークイン(予約なしの飛び込み)は、ほぼ不可能です。ワインカントリーではティスティングの予約時間の間に済ませることが多いので、ランチを楽しむ為だけに来ると言うことがないのですが、それでもたまにはダメ元でオーベルジュ行ってみるか?的に行っていつもダメだったのです。
コロナの影響で休業していて再開、そのうまいタイミングで素晴らしいランチタイムになりました。


1215Aubergeサニタイザー - 1.jpeg


▲サニタイザー

念願叶って初体験。何でも感動してしまい、サニタイザーひとつとっても、「お洒落〜♡」ととにかく感動してしまいますね〜

1217Auberge風景 - 1.jpeg


▲景色が一望


オーベルジュのレストランの売りが、この景色を眺めながらテラスでのランチなのです。納得のゴージャスパノラめ絶景です。ウォークインが不可能なのが納得いただいたかと思います。


そして、ルーラルな景色の素晴らしさと、食材の良さと料理のテクニックでも高く評価されています。ミシュランレストラン(一つ星*)常連です。カリフォルニアの大地を眺めカリフォルニア料理を堪能、口福幸福。
ミシュランガイドについてちょっこと触れてます→『...レストランガイドをながめてます!』


1216Aubergeテラス - 1.jpeg


▲テラス席


"カリフォルニア料理の分野では特に美味しくナパに来たらいく価値のあるレストラン"ミシュラン一つ星の定義に合わせるとそんな説明になりますが、ここに来る価値のある理由が本当に分かります。


1239rose - 1.jpeg


▲ハウスワイン


普通のお水(スティルウォーター)で良かったものの、ミシュランマジックでスパークリング(炭酸水)を頼んでしまった。初めてというのは怖いもの知らずで、この炭酸水、イタリアの天然ミネラルスパークリングウォーター"フェッラレッレ(Ferrarelle) "と言うお水だった。水の味の違いがわかるほど舌はこえてなくてもクセのない美味しいお水なのは分かった。周りのテーブル見ても、皆スティルウォーターだったので、割り勘とは言え悪いことをしてしまった(ボトルで9ドル)


ワインカントリーだけあってワインリストはすごく立派。ランチ用のワインリストもカジュアルに楽しめる物がズラリ。スパークリングワイン・ロゼ・赤白とあり、"ハウスワイン(Auberge Du Soleil)"の白とロゼをグラスで頼んでみた。ランチタイムならハウスワインで十分満足できる、奥行きのあるがキレもあるとても美味しいワインです。小さいデカンタに入ってきたのでシェアできるよになってて親切。何人かで行った時でもグラスでオーダーすると色々テイストできて楽しい時間となります。


1252pizza - 1.jpeg


▲マルゲリータ


一緒の方は、お肉を食べない方だったので『マルゲリータ(Margherita Pizza)$22』ドウには割にたっぷりオリーブオイルを混ぜ込んでいるようで、カリッとした台にバジル少ないんじゃないと思ったけど食べてみると風味が鼻腔を通り抜け脳味噌にインプットされた感じこれで十分な量だった。


1253swords fish - 1.jpeg


▲オープンサンド


『太刀魚のサンド(Swordfish Sandwich)$34』お魚ならシェアできろとの事だったので値段を見ずに頼んでみた。サンドイッチで34ドルちょっとびっくりだけど、ミディアムウエルダンな焼き方で、白身魚のヘタれ感を全く心配させない、塩加減もパンにちょうどいい"塩梅(あんばい)"さすがです。ガルニチュール(Garniture/付け合わせ)は、小鉢に入った雑穀米!


1254醤油 - 1.jpeg


▲醤油


焼き魚にご飯がついてるとなれば、欲しくなるのが"醤油"
先ほどのスパークリングウォーターの一件もあるので、勇気を振り絞って頼んでみた。恐れ多くもミシュランレストランに醤油を求めるなど!と冷かされたけど、一雫の醤油は神の雫に匹敵する風味を醸し出してくれ、更に美味しくいただけました。


ワインカントリーは、パティオなど屋外の食事はオープンしている所もあり、ウェブサイトでは閉まっているが、実は再開してるところもあります。まだまだ先行きが不透明ですが、徐々にビジネス再開のニュースが聞こえてます。


6月に入り州レベル、カウンティーレベルのフェーズの微妙な違いもあったりしていますが、少しずつ経済活動再開へと向かっています。1日も早く、安心して生活ができ、今までのような旅行ができる日が来るように、もう少し我慢です。

【Auberge Du Soleil】

住所:180 Rutherford Hill Rd, Rutherford CA 94573
電話番号:1-800-348-5406
営業時間:ランチ11:30〜14:15 ディナー17:30〜21:30
*状況により変わりますので事前にご確認ください*
URL:https://aubergeresorts.com/aubergedusoleil/dine/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 再開オーベルジュ・ド・ソレイユ あのテラスからの絶景ランチ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について