トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > スティ@ホーム ポジティブに耐え忍、ホームデポで用事じゃない買い物が多かった?

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

スティ@ホーム ポジティブに耐え忍、ホームデポで用事じゃない買い物が多かった?

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年4月 2日

04021153入口 - 1.jpeg


アメリカ労働省は、先月3月、第4週目の失業保険(Unemployment Insurance UI)申請件数は660万件だそうで、2週間前の申請数の倍になった。この2週間の間に1000万人が職を失った事になるんです(東京23区の人口は957万人)2008年のリーマンショック900万人を既に超えてしまってます。リーマンの時と違うのは解雇するのが早いって特徴があるようです。直ぐ解雇するので皆さん直ぐ失業保険の申請した結果かもしれませんね。

申請の仕方は、郵便、窓口(このご時世要予約)だと時間がかかるので、オンラインでするのが早い、そして基本、誰でもできるようにゆっくりやれば誰でも申請できます。英語のサイトですが日本と何か違いあるのでしょうか?

雇用開発部(Employment Development Department EDD)のサイト
URL:https://www.edd.ca.gov


さて、あと1ヶ月"スティ@ホーム"が続く事になりました。家の中を綺麗するポジティブな過ごし方の為に、『ホームデポ(The Home Depot)』に行ってきました。

03301154園芸コーナー - 1.jpeg


ここも6フィート間を守ること・買わない商品は(極力)触らない。ルールはいたるところに張り紙されてましたが、屋外には春のお花が沢山あって青空も見えてきて、気持ちはウキウキ春はガーデニングの季節!と言っても庭のない私は、鉢植えの植え替え用の土。


03301155レモンツリー - 1.jpeg


柑橘系の植木(15ドルくらい)、オリーブの木(10ドルくらい)、サンショの木(30ドルくらいx2)...周囲の反対を押し切り買ったことがあったが、尽くダメにした。これは今は、必要ない。


03301208家庭菜園コーナー - 1.jpeg


家庭菜園用、トマトの苗は4〜6ドル、これも昔"採れたてを食べようファーム・トゥー・テーブル"を家で実践してたくて、育ててみたが、結局トマト3個くらいしかできず、苦労の割には実りが少なかった。とっても高くついくのを思い出したので却下。


03301218ペンキコーナー - 1.jpeg


店内、行列だったのが、ペンキ(塗装)のコーナー。どーせ行く所ないんだから、家のペンキでも塗り替えようとニワカペインターがいっぱいいましたよ。


03301217色見本 - 1.jpeg


この色見本を見たら塗りたくなるよ。しかし、私のユニットでペンキ塗る所がないのに気がついた。と言うより塗る事によって部屋の価値が下がる場合もあると聞いたので、タイルの目地を白くする修正ペン"ミラクル・グラウト・ペン(Miracle Grout Pen)" でバスルームのタイルの目地をミラクルな白さにする事にした。時間はたくさんある。

03301216BBQグリル - 1.jpeg

アメリカ人は、本当にバーベキューが好き、これからはバーベキューの季節だが、ステイ@ホームで家族でしかバーベキューできない(悲)屋外用グリルは、300〜1000ドルくらいまで、大きさ、火力、機能のよって様々ですが、お魚が大好きと言うアメリカ人の知り合いもいるが、全員このグリルがベランダ、裏庭にある。どんなにお魚が好きでも家の中にお魚の匂いはさせたくないんだそうだ。我ら魚食民(魚を食べる民族)にとってはいい匂いなんですけどね。

03301228買った物 - 1.jpeg

消毒済みショッピングカートに、土($10)とグラウトペン($6x3)とレモンタイム($3.5)でセルフチェックアウト。現金よりもスタッフが触らなくて済むクレジットカード・アップルペイが推奨のようだ。このホームデポは、アトランタに本社があるアメリカ最大手の住宅リフォーム、建築資材などの小売チェーン、1978年設立の会社で、アトランタ郊外にデパート跡地に2店舗を構えたのが最初、今じゃアメリカ50州、DC、プエルトリコ、ヴァージン諸島、グアムにカナダ、中国に合わせて2100店舗。そして信頼の高さは、プロの大工さんも買いにくる程で、ホームデポに来れば家が建つと言われるほどだ。空いてる駐車場を見るとピックアップトラック、なんとか建築会社と社用車が多い。

日々の仕事量も減って家にいることも多くなり、何かないか考える。
用事のついでに、少し余計なものも買ってしまいました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > スティ@ホーム ポジティブに耐え忍、ホームデポで用事じゃない買い物が多かった?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について