トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 思わず拍手マイケル・ミナのおもてなし

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

思わず拍手マイケル・ミナのおもてなし

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年1月16日

外観1 - 1.jpeg

ミシュランスターレストランの常連 『マイケル・ミナ(Micheal Mina)』 に行ってきた。


外観2バー - 1.jpeg


高い天井でゆったりとした空間がこれからのディナータイムをワクワクさせくれるよ


1812アミューズ三種 - 1.jpeg


アミューズ3種はカブやラディッシュの根菜類を中心に "炊いたん"風 でスパークリングワインとよく合ってた。


1813スパイス - 1.jpeg


シェフ・マイケル・ミナが使うスパイスを紹介してくれた。 
スパイスのこだわりもそうだけど、食材の甘味、酸味を豊かに表現することでも高い評価を得ている。 


1821サワドー - 1.jpeg


パンはサワドーとイタリアのパン(名前忘れた〜)2種類、バターには少し蜂蜜が入っててこれだけでも美味しい。 が調子に乗って食べちゃうと料理が入らなくなるので味見程度に留めた。 レストランによっては食事の途中でサーブする事もあるけど、早いうちに出すんだわ。 誘惑に負けそう〜。


5コース165ドルx2 ワインペアリング150x2


パンもアミューズもそれに合わせたスパークリングワインも全部料金に入ってるが、こっからがシェフ・マイケルの "ディナー・ショー" の始まり! このレストランのメニューは、5つのコースからそれぞれ3種類の中から選んで(アップグレード/有料もある)自分の好きな物でコースを作れる"プリフィックス(Prefix)"スタイル。 各料理にあったワインを楽しむワインペアリングは一人150ドルで、両方で315ドルになる。 ただワインリストの価格と比較するとワインペアリングにした方が若干安くあがる(恥) 

1832ツナタルタル1 - 1.jpeg


『Tartare of Ahi Tuna』 このタルタルは誰が混ぜる?


1832ツナタルタル2 - 1.jpeg

「大丈夫私が混ぜます」とお店の方のテーブルパフォーマンスは手際良く
スパイスも美しく混ざってゆきましたよ〜 


1833蟹きゅうり - 1.jpeg


『Coastal Marin Dungeness Crab』ダンジネスクラブ、アボカドきゅうりやオレンジの彩が綺麗。


1849オクトパス - 1.jpeg


『Charcoal-Grilled Baby Octpus』 色目からすると硬いんじゃと一瞬心配したけど炭焼きオクトパス超〜柔らかいタコは美味い、本当にそう思う料理だった。


1850クラブケーキ - 1.jpeg


『Crispy Veal Sweetbread 'Schnitel'』 "スィートブレッド" は日本だと"シビレ"って言うみたい。 子牛(他に羊・豚もある)の胸腺(膵臓だったり)の料理でフワッと柔らかで繊細な味わいなのでファンは多くて確かにその通り、臭みもなくふわふわしたあん肝みたいな食感だった。 胸腺てはリンパ球を成熟させて免疫機能を高めていく働きをする内臓で成長期に発達し年齢と共に脂肪となるんだそうだ、つまり胸腺は"若さの証明内蔵" 生後一年以内の子牛(羊・豚)から採取される貴重な珍味。


1906イエローテール - 1.jpeg


『Wild Yellowtail』 脂がのってるけど決してしつこくないブリ。 日本でもいわゆる "寒ブリ" って最も美味しいと言われてる、ポーションも丁度いい、お見事!

1907シーバス - 1.jpeg


『Atlantic Black Sea Bass』 シーバス(黒むつ)は、脂がのっててお魚を食べつけないアメリカ人にもサーモン同様に食べやすいお魚と言われてる。 トマトと魚介の軽い煮込みをピュレ状にしてあって酸味のおかげで脂がさっぱりした。 なるほど〜。


1926ビーフステーキ - 1.jpeg


『Yemenite-Style Beef Strip Strak』ビーフステーキ 黒トリュフ+α イエメン風とはなんぞ? スモークされたポテトとザクロの酸味が妙にマッチ柔らかいが肉の味もしっかりあ理、肉は赤身で決まるのがよく分かる。 祝い事も兼ねていたのでトリュフのスライスはサービスでござんした。 高級店では食事の目的を聞く場合が多いがきちんと言っておけば素晴らしい対応をしてくれるので、予約の際恥ずかしがらずに伝えよう!


1927ラム - 1.jpeg


『Don Watson spring Lamb』ラム、にも黒トリュフ こちらもラムの臭み(これでラム嫌いって人が多い)なし! てかトリュフこんなにいいの!?ってくらい。 

トリュフも誤魔化しのないすごく鮮度いいのを使ってる♡


さて、シェフ・マイケルは、エジプトカイロの出身でワシントン州のシアトル郊外の町で育った。 一旦はシアトルの大学に入ったけど、働いていたレストランでレストランビジネスに興味を持ち、世界的にも有名な名門料理学校 NYのCIA(Culinary Institute of America) 入学。 後にLAで働くようになり、サンフランシスコ店オープンに伴いサンフランシスコに来ることになった。 そのレストランは今まさに食事をしている場所だ。 


2002年に当時別の場所にあったマイケルミナレストランに著名なテニスプレーヤーが訪れ意気投合、ビジネスパートナーとして店舗展開をしてサンフランシスコをベースにアメリカ国内を中心に30店舗のレストラン展開をしているカリナリー会社となった。 


デザートの前にちっちゃいアイス☆ これだけでも濃厚で美味しかったわ。

1956ちっちゃいアイス - 1.jpeg


『Chocolate pyramid』 濃厚なチョコレート...でもクドくないのが不思議


1957チョコミラミッド - 1.jpeg


『Jasper Hill Harbison Cheese』 これチーズ好きな人にはたまらないかも〜表面はパリッとしてるがその中はメレンゲみたいなチーズの香りがギュッと詰まってた。 これすごい。


1958チーズ - 1.jpeg


堪能しまくり、


2019マカロン - 1.jpeg

更にマカロンまで、それに負けないトロ〜リとデザートワインで締めくくった。


世界各国のワインをペアリングしてみたらこれは大当たりだったよ。 
最近レベル急上昇のオレゴン産、オレンジワインやかつての東欧あたりのワインが出てきたり、シーバスにフランスの赤、正直驚いたのが、ナパ・ソノマから比べるとどうしてもB級と見られがちな アマドア(Amador) の赤ワインをオクトパスと合わせるなんてびっくりした、しかもどれも見事なマリアージュだった。 そして超〜〜楽しくて興味深い組み合わせ素晴らしいディナーだった。


幾度なくあったテーブルパフォーマンスには思わず拍手喝采、なんてブラボーな3時間だった。 滅多に行けるレストランでないが、もしサンフランシスコで贅沢なディナーならここはおさえておいて間違いない、ラスベガスにも展開しているがここが本家(?)である。


【Michael Mina】

住所:252 California ST San Francisco, CA 94111
電話番号:415-397-9222
営業時間:ディナー毎日17:00〜20:30金土〜21:30
     ランチ月〜木11:30〜14:30
URL:https://www.michaelmina.net/restaurants/michael-mina/

 


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 思わず拍手マイケル・ミナのおもてなし

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について