トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 寒い日のクラムチャウダー 冷蔵庫の大掃除(ざっくりレシピ付き)

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

寒い日のクラムチャウダー 冷蔵庫の大掃除(ざっくりレシピ付き)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 投稿日:2019年12月26日

1200フェラモント - 1.jpeg


皆さん、
クリスマスはいかがお過ごしですか?
ここは、ノブヒルにあるフェアモントホテルロビー
伝統的なクリスマスのデコレーションで地元のみならず観光客でごった返して、
有名な『ジンジャーブレッドハウス』を潜るための行列もできてた。

伝統的にアメリカでは感謝祭とクリスマスにはターキー(七面鳥)を食べる習慣があるが、クリスマスはなからずしもこだわっていないようだ。 スーパーで冷凍のターキーを見ないわけでもないが、ことサンフランシスコ・ベイエリアはちょうど "ダンジネスクラブ(Dungeness Crab)" の季節でもあり今年は鯨の回遊コースがいつもより猟場に近いため解禁時期がおくれ12月に入って解禁となった。 今がサンフランシスコ近海物シーズンの始まりなのだ。


クリスマス用にダンジネスクラブを買った。 驚いたのが、冷凍蟹が値段が高くて茹でただけの蟹の方が安い。 "Wild Crab($8.99/lb)"と"Fresh Wild Crab($5.99/lb)"この表示でどこが違うのか聞いてみたらFreshと表示されていなければ冷凍と言うことのだそうだ(蟹を買う時の参考に)


蟹 - 1.jpeg


一匹2lb(1キロ弱)の蟹が12ドル弱、晴れのご馳走にしては安くあがった。 
でも手作りの一品を作ろうと考えたのがスープ。


誰でも簡単に作れるスープ


アサリのスープ 『クラムチャウダー(Clam Chowder)』 に挑戦した!


1材料 - 1.jpeg


クラムチャウダーの材料は料理レシピサイトをいくつかみて、
アサリ以外に玉ねぎ・人参・じゃがいも・ベーコン・牛乳 冷蔵庫にあるカレーの材料で賄えそうだ。 玉ねぎはちょっとしかなかったのでトレーダージョーズでリーク(Leek)を買い足し、キノコも入れるといいあって残りの椎茸と冷凍アンズ茸、冷蔵の端っこにあったエシャレット一片タイムローリエ 
年末の冷蔵庫野菜室の大掃除になった! 


2材料切った - 1.jpeg

ほぼ1センチ角くらいに切って、


4ワイン蒸し完成 - 1.jpeg

アサリは、砂抜きしてから水から上げて殻をきれいに洗って "ワイン(酒)蒸し" にするとプロっぽいこれで風味アップ間違いない。 蒸した時に出た汁は後でチャウダーの鍋に入れるので取っておく。 アサリが冷めたら量の2/3くらいを殻から外して殻付きは仕上げ用に別にしておこう。


6野菜ベーコン炒め - 1.jpeg


ちょっと油をひいてベーコン・切った野菜を中火くらいで炒めていく...順番はあまり気にしなかった。


7野菜ベーコン炒め - 1.jpeg

30分も炒めてると野菜がとろけて鍋の中飴色になってくる。 
途中にさっきの貝の汁を足しながらのんびり炒めよう。 


8milk投入 - 1.jpeg

いよいよミルクを投入。 そして殻をとったアサリも入れ温める感じ。
沸騰させないようにゆるゆると...最後に味を整える。


クラムチャウダーの材料(目安と割合)

<必要な物>
*殻付きアサリ200g
*じゃがいも50g
*玉ねぎ40g
*ベーコン1枚
*人参20g
*牛乳200ml

<あればいい物>
セロリ
キノコ
ローリエ
ワイン・お酒(アサリを蒸す時)
パセリ・クラッカーとか
<調味料>
塩・こしょう適宜
オリーブオイル(炒め用でベーコンで代用可能)

チャウダーって何ぞや?


クラムチャウダー完成 - 1.jpeg


↑できた完成↑


しかしクラムチャウダーとは何ぞや? と思って料理辞典で調べてみた。
クラムチャウダーとは二枚貝を具にしたチャウダーの事。 
じゃチャウダーとは何ぞや? 
それは、アメリカのスープの一種でシーフード、じゃがいも、ベーコン、クリームを入れて煮込んだ具沢山スープの事だ。 例えば魚を入れたらフィッシュチャウダー、コーンを入れるとコーンチャウダーって言う。 チャウダーの語源については、食事をすると言う意味のスラングに "チャウ(chow)" 又は、フランス語の大鍋の意味の "ショーデール(chaudie´re)" といくつかの説がある。 アサリ(クラム)がポピュラーだけど "ホンビノスガイ(Quahog)" と言う二枚貝を使うのが本来でアサリは代用品だったようだ。


東海岸ニューイングランド辺りのフランス系漁師料理が発祥と言われているクラムチャウダー(フランス語大鍋説) 最初の頃のクラムチャウダーは清水仕立て(透明なスープ・潮汁?)で "ロードアイランド風クラムチャウダー" と言われてる。 これは今でも伝統的なホテル、レストランで提供されてるそうだ。 貝類の独特の風味に慣れていない人用にミルク(クリーム)を入れて貝の味を和らげたのがいつしかミルク入りが主流になっていった。 "マンハッタン風クラムチャウダー" は牛乳の代わりにトマトを使ったスタイルもあって暑い時期には冷製チャウダーもあるそーな。


なんでこんなにいろんなところでいろんなパターンがあるか? それは誰でも作れる簡単料理だからとあった。
難しそうにみえてすっごく簡単なクラムチャウダー、サンフランシスコの思い出レシピとして作ってみて!
これからもっと寒くなるし、使える一品ですぞ〜。


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 寒い日のクラムチャウダー 冷蔵庫の大掃除(ざっくりレシピ付き)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について