トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【覚え書:ヨセミテ国立公園】 アムトラックで行ってみよう

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【覚え書:ヨセミテ国立公園】 アムトラックで行ってみよう

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月26日

0655トランスベイ連絡バス - 1.jpg


朝6:55 トランスベイ・テンポラリー・ターミナル 
アムトラックの連絡バス7番乗り場


ヨセミテ国立公園へは、車で行く事がほとんどだけどアムトラック(AMTRAK)を利用して行く事もできる。知ってる人も多いけど、「不便でしょ〜」というので利用したという知り合いは皆無。 
本当に不便かどうかまたどの様に不便なのか体験旅行してみたよ。


0724エメリービル駅 - 1.jpg


7:25エメリービル到着
ここからアムトラック・サンワキン(AMTRAK® SAN JOAQUINS™)
列車番号710(Train No.710)
エメリービル7:47発 ベーカーズフィールド行きの列車に乗る。


0743列車到着 - 1.jpg

ゆったりと鳴り響く鐘の音が、焦らなくても大丈夫という気分にさせる。
ハイスピードの時代にカーンカーンの音はとても優雅... 
実際に車掌さんや駅の乗務員、ボランティアの係員さん皆ゆったりとお客さんを案内する。


0856車掌さん検札 - 1.jpg


乗車すると車掌さんが検札にやって来る。 降りる駅を確認してアルファベット3文字のコード(Three letter Code)で駅名を小さな札に書き込み座席の上に貼る。 
ほぼこれで席は指定されたも同然だ、途中で席を移動したい場合変わっても大丈夫。検札の車掌さんが回ってきたら聞かれるので伝えればよい。


0922RobertIslandStockton周辺 - 1.jpg


1時間ほどするとサンパブロ湾の景色からカリフォルニア農業の中心地サンワキンバレーの景色へと変わる。 3両目がカフェ車両(Cafe Car)になっていてコーヒー(2ドル)を買ってカフェ車両にあるテーブルで飲んでもいいし、自分の座席に持って行ってもいい。 アメリカ最大の農業地帯を眺めながらオツなものだ。

新幹線ではないのでスピードが出るわけでないが、ゆったりと列車の旅を楽しむつもりで過ごそう。 
モバイルチケットの人もいるのでWi-fiも無料で使えるし、コンセントも各座席にある。 長旅の途中でバッテリー切れの心配はない。 

1056Merced駅 - 1.jpg


到着時間より少し遅れてマーセッド(Merced)駅に到着。他に何もなく、連絡バスも目の前、バス停へ迷う心配は全く無かった。 ここからヨセミテ国立公園行きのYARTSバスに乗る。


1057marcedSTAYarsBus - 1.jpg


夏場は"人間ジャーキー"になりかけそうなほど暑い。 列車からバスへの僅かな移動でもカラカラに乾いてしまいそうになった。 クーラーの効いたバス車内はまるで天国だけど、日本人には羽織る物必要だ。


このバスThruway No.8402は、南カリフォルニア方面からのアムトラック列車番号#701、乗ってきた列車#710の連絡バスなので、列車が遅れた場合は発車せず待っている。


10:55マーセッド駅を出発 この日の車内には20人ほど乗っていた。  


1152Yartsバス車窓からマリポサの看板 - 1.jpg


11:52マリポサの町(ツアーだとここで休憩のこともある)


1235Yartsバス車窓からマーセッド川 - 1.jpg


12:35マーセッド川沿いを走り、ヨセミテっぽくなってきたどー。


1315Yartsバス車窓からEl Capitan - 1.jpg


13:15エルキャピタン(El Capitan)


1325Yartsバス停留所下車 - 1.jpg


13:25予定より少し遅れてヨセミテ国立公園ビジターセンター下車。


まとめ

1326ヨセミテビジターセンター - 1.jpg


朝7:00にこの旅が始まり、ヨセミテ国立公園ビジターセンターに着いたのが13:25。
帰路は16:45に同じバス停からマーセッドまで行きそこからアムトラック列車番号#719に乗車トランスベイターミナル到着したのが22:45だった。 この日は本当に良い天気で列車の遅れもなく、渋滞にも巻き込まれず予定通り、夜の11時前にサンフランシスコに着いた。


ざっくり言えば車で日帰りで行く事に比べたら時間は前後1時間ちょっと、合計3時間余計にかかかる。 もちろん、バスから電車またバスに乗り、ヨセミテ公園内も園内のシャトルバスで回るので、とにかく歩くことは間違いない。 しかし、乗り物の座席は日本人にとっては広く、混んでいない分全ての行動に余裕ができる。 今回のスケジュールでの乗車券はアムトラックの窓口で買ったが、コネクティングバスやヤーツバスの分も含めて往復$80ほど。 時間はたっぷりある人にはオススメ。 英語もそうだが、イタリア語、フランス語、スペイン語などヨーロッパ方面の言葉が飛び交っていたヤーツバスだった。 
久しぶりに中国人に間違えられた^ ^; 


また、宿泊してゆっくりヨセミテ公園内を回りたい場合もいいと思った。 駐車場探しだけでもうストレスを感じることになるが、大自然の中ではゆったりバスに揺られるのもいいだろう。 これから紅葉が美しくなる。 ホテルも安くなるし人も少ない今度は泊まりがけで行ってみたいと思った。


参考までに、この日のバス・列車時間をを覚書も兼ねて時刻表を基に表してみたよ。 
(文中の時間は実際の時間なので時刻表とは少し違っているよ)
切符の買い方は、「サンフランシスコからヨセミテ国立公園公園まで大人一枚」日帰りだと下記のスケジュールで発券してくれる。


 
なぁ〜んだと言うくらい簡単に行けた!



【往路】
7:00 Transbay Temporary Terminal #6610バス出発
↓ ベイブリッジ通過
7:30 AMTRAK Emeryville駅到着
7:47 AMTRAK TRAIN#710 列車発

10:45 AMTRAK Merced駅到着 バスに乗り換え
10:55 YARTSバス THRUWAY BUS #8412
↓マリポサ・エルポータル経由
13:18 Yosemite NP Visitor Center着
ヨセミテシャトルバス⑤停留所がヤーツバスのバス停

【復路】
16:40 #8419 YARTS BUS

19:08 AMTRAK Merced駅着
7:23 AMTRAK TRAIN#719

22:19 AMTRAK Emeryville駅着
22:20 #6619バス

22:45 Transbay Temporary teminal着

アムトラック・サンワキン
https://www.amtrak.com/san-joaquins-train

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【覚え書:ヨセミテ国立公園】 アムトラックで行ってみよう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について