トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > ナパバレー独立記念日にワイナリーって開いてるのかな

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

ナパバレー独立記念日にワイナリーって開いてるのかな

カテゴリー:夜遊び・クラブ・お酒 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2019年7月 5日

1007ドメーヌカーネロス - 1.jpg

7月4日独立記念日にワイナリー巡りをしたいというワイナー(Winner)建築家のSKちゃんとソムリエ妻のCheeちゃんは、ナパで知らないワイナリーはない!と言うIKちゃんの案内でナパを回った(そこに金魚のフンでくっついて行った)


1時間ほどで『ドメーヌ・カーネロス(Domain Carneros)』 テイスティング開始時間にぴったりの時間だった。


1010ドメーヌカーネロス - 1.jpg


パブリックなので予約要らないと思っていたが、予約が必要になってた。
テイスティング予約:https://www.domainecarneros.com/visit/winetasting


1022Artesa - 1.jpg


次に行ったのが、建物自体がアーティスティックで評判の『アーテッサ(Artesa)』


1023Artesa - 1.jpg


テイスティングルームもそうだけど、ワインアクセサリーも充実していて、Cheeちゃんワインバッグを購入。 一本入りか二本入りかで迷っていたが、二本は重くて却下(持つのはSKちゃんの役目だし)


1106BlackStalion - 1.jpg


三軒目は『ブラック・スタリオン(Black Stallion Estate Winery)』


1115daliosh - 1.jpg


四軒目は、映画サイドウエーズ日本版で舞台となったワイナリー『ダリオッシュ(Dariosh)』 は、お休み。


そろそろ、お預けを食らってるワンちゃんの如く誰ともなく「そろそろ飲もうよ〜」と呟く。


1122closdubal - 1.jpg


じゃ、ってんで五軒目『クロードバリュー(Clos Du Val)』 固くドアを閉ざし撃沈。
ここのジンファンデルはアメリカでは手に入らないと話を聞いた果たして
https://www.closduval.com/Wines
確かにワインショップには見つけられなかった。 こちらで生産して外国で販売ってワイン時々ある。

もう破れかぶれで行ったところが『スタッグ・スリープ・ワインセラー(Stag's Leap Wine Cellars)』


1129stagsleap - 1.jpg


玄関まで行って「アポありますか?」オープンしていても満員御礼で無理、直ぐに戻りせめて写真だけ撮ってきた。 もう、限界に達した我らはこの上レストラン難民になるのを恐れ混雑する前にランチタイムにした。


1436 - 1.jpg


午後、お腹も気分も満たされ 『アール・エィチ RH(Restoration Hardware)』 ヨントビル(Yountville)にあるテイスティングルームに行ってみた。 1904年にできた2階建の重厚な石造りの建物は歴史的建造物にも指定されている。


1311RHテーブル - 1.jpg


この長〜〜いテーブル、


1337 - 1.jpg

ここでテイスティングらしいテイスティングが始まった。 
松(特上100ドル)竹(上75ドル)梅(並50ドル) 4人で飲むんだから全部割り算して松と梅を頼んだ。


<Collector Tasting $100>
ウエルカムでグラスのスパークリングワイン
CORISON :CS KRONOS VINEYARD NAPA VALLEY 2013
CONTINUUM :BORDEAUX BLEND PRICHARD HILL NAPA VALLEY 2016
BARRETT & BARRETT: CS CALISTOGA NAPA VALLEY 2012
HOURGLASS ESTATE :CS ST HELENA NAPA VALLEY 2016
CSはカベルネ・ソーベニオン

<CLASSIC TASTING$50>
CROS VENTURE: PINOT NOIR ANDERSON VALLEY MENDOCINO 2016
CASA PIENA :CS OUR GANG YOUNTVILLE NAPA VALLEY 2015
BLACKBIRD VINEYARDS :BORDEAUX BLEND ARISE NAPA VALLEY 2016
LAIL VINEYARDS :CS BLUEPOINT NAPA VALLEY 2016
CSはカベルネ・ソーベニオン


メニューは日によって変わります。

私以外は全員ワインの専門 100ドルコースが一番お得 だそーです。

1457opus - 1.jpg


そもそも要予約なので絶対無理。 でも 『オーパスワン(Opus One)』 の混み具合見たかったんだ(ゴメン完全に冷やかしだった)
別出口に行く様に誘導され、新たな道を発見。


1503セコイアグローブ - 1.jpg


閉まっていたけど記念写真『セコイアグローブ(Sequoia Grove Winery)』


1513stspuery - 1.jpg


『セント・スプレー(St Supery Estate Vineyard & Winery)』 は、オープン。 ここはひょっとしてテイスティングできたかもしれない感じだった。


1528モンダビ外観 - 1.jpg


〆は 『ロバート・モンダビ(Robert Mondavi)』 「トカロンエステートを飲んでみるべし」と一報が入ったからだ。


トカロングラス - 1.jpg

トカロンルームで一杯だけのテイスティング(50ドル)
ボトルを買えば300ドル
https://www.robertmondaviwinery.com/To-Kalon-Cabernet-Sauvignon


どっしりと存在感十分、香りがどんどん開いてくるので開けたらやっぱり数時間はおいておいた方がいいのかも。 でも美味い "ザ・ナパワイン" だったわ。


帰り際、300ドルでトカロン買うか? プラス50ドル出してオーパス買うか? 車内でそんな話になった、知名度に勝るオーパスか? ナパのカベルネらしいパワフルなトカロンか?
オーパスワン↓
https://www.opusonewinery.com/current-releases/


検証結果ナパバレーのワイナリーは基本オープン


看板 - 1.jpg


ワイナリーに限らず観光地以外祝日は"お休み"が多いというイメージがずっとあった。 数年ぶりのサンフランシスコ・ナパ訪問を計画し、事もあろうに7月4日独立記念日にワイナリー巡りをしたいというワイナー(Winner)建築家のSKちゃんと、ナパほとんど初体験ソムリエ妻のCheeちゃんを、ナパで知らないワイナリーはないと言うIKちゃんの協力の下、飲まなくても楽しめたワイナリー巡りができた。 分かったことは、ナパバレー特に29号線周辺のワイナリーはほとんどオープンしていた。 しかし普段は予約が無くてもテイスティングできるワイナリーでも予約ができるならばして行った方がいい。 また最近はパブリックで予約は特に必要なしと謳っても予約を勧める・要予約になっているワイナリーも増えているらしいので、アメリカの祝祭日・週末に限らず絶対行きたいワイナリーは予約をしていくのがいい。 そうすれば確実にテイストできるし、ワイナリー側の対応も違ってくる(過去の経験上)


お天気も良くとても楽しいナパワイナリー検証だった。
IKちゃん案内ありがとうございました。 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > ナパバレー独立記念日にワイナリーって開いてるのかな

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について