トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 若松コロニー150周年 おけいさんのお墓

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

若松コロニー150周年 おけいさんのお墓

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年6月11日

おけいお墓 - 1.jpg

1869年、戊辰戦争の敗北で故郷を追われた会津藩士の数人が、オランダ人の会津藩軍事顧問(武器商人とも言われている)ヘンリー・シュネル(Henry Schnell・日本名:平松武兵衛)の手引きにより、桑・竹・お茶などの苗木と共にチャイナ号に乗り込み横浜を出港、三週間以上かけてサンフランシスコ港に到着。 
更にそこから川蒸気船でサクラメントに向かい、そこから馬車でゴールドヒルにたどり着く。
農地を購入しそこで再興を願いながら桑やお茶を作り始めた。

 
その農場は、会津若松の一部をもらい 『若松コロニー』 と命名。 
しかしそこでは、日本とは違い夏場は雨が一滴も降らないと言う想像を絶する体験をする事となった。 
傾くコロニーへの資金調達の為、シュネルと日本人妻はコロニーを後にするが帰ってくることは無かった。

 
わずか2年で崩壊した農園に取り残された一人が若干16歳の "おけい" と言う少女。


かなり前フリが長かったけど、6月9日若松コロニーができて150周年の式典が、
ゴールドヒルで行われた。(参加したかったけど無念の欠席) 
せめて "おけいさんのお墓" だけでも見たかったと思っていたら、
ありがたや、知り合いのFuちゃんさんが写真を撮っててくれた。


その写真の真ん中の白い墓石には
In Memories of OKEI
Died 1871
Aged 18 years
(A Japanese Girl)

と記されてる。
真っ白いせいか純真な心そして "望郷の念"を感じさせる。


幕末の時代に翻弄され、夢を託して黄金の丘でお城の再起をかけ懸命に働きそして病死...
いつかは本当のお墓にお花を手向けに行きたい。
写真の共有にOKしてくれたFuちゃんさんありがとうございました。


そんなおけいさんの運命をたどる書籍


おけい本 - 1.jpg


夏休みの"課題図書"読書感想文に続くみたいな話でした。


おけい上:https://www.amazon.co.jp/おけい-上-文春文庫-早乙女-貢/dp/4167230089
おけい下:https://www.amazon.co.jp/おけい-下-文春文庫-早乙女-貢/dp/4167230097

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 若松コロニー150周年 おけいさんのお墓

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について