トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 49ersミュージアム アジア人初のプロアメフト選手彼の方

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

49ersミュージアム アジア人初のプロアメフト選手彼の方

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / スポーツ・観戦 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月13日

ミュージアム1色 - 1.jpg

仕事の帰り、リーバイススタジアムに併設されている 『The 49ers Museum』に寄ってみた。


1221 - 1.jpg


シーズンじゃないのでやや閑散としていたけど、その分スタッフは超丁寧に対応してくれた。
見学開始! とても綺麗に整然と、49ersの歴史、スタジアム、歴代選手、名プレー数々紹介されていて、ふむふむなるほど的な回りかただった。


1215BigGame2 - 1.jpg


『ビッグゲーム(BIG GAME)』と言われている UCバークレー校(CAL)対スタンフォード大学(STANFORD) のポスター。 カレッジフットボールも紹介されていた。 OB意識が強く皆出身校のファン "箱根駅伝" 状態だ。 また「カレッジこそ真のフットボール」と言い切る人もいるくらいカレッジフットボールは根強いファンが多い。 この両校はどっちが勝っても負けても大騒ぎ、バークレーではその土曜日の夜はことさらスポーツバーは殺気立ってこれは "早慶戦" と似ている。 カレッジの方が "高校野球" っぽくて楽しいらしいですよ。  


1228マスコット - 1.jpg


1995年で引退した "マスコット・ハドルス(Huddles)" もいます。


1227 - 1.jpg


1957〜1959のチアリーダースのユニフォームをはじめ歴代のユニフォームも展示されている。


1231スーパーボウル - 1.jpg


なんと5回 "も" スーパーボウル・チャンピオンになっている → まったく最近はどーなっちゃってんだか? しかし、ナイナーズ黄金期を知ってる人には昔話に花が咲きそうな場所だ。


1232マルボロ - 1.jpg


今は絶対見ることができない『マルボロ(Marlboro)』タバコメーカーのコマーシャル。 当時はもちろん立派にスポンサーだったわけ、かつてはこうだったとコマーシャルの歴史を語る上でも事実を展示してるのはある意味大切な事だ(負の歴史を消すために銅像撤去しちゃったのもあったね)


1236ショップ - 1.jpg


最後は、美しくディスプレーされたオフィシャルショップ。 
今はシーズンじゃないのでほとんどお客さんはいなかったけど、ゲーム当日はすごく混むらしい。 
明るくてなんとなく財布の紐が緩みそうな買い物したくなる空間だわ。


1238ショップ入り口 - 1.jpg


ショップで買い物だけもできる。
見学終了〜〜


ウォリー・与那嶺さんをご存知ですか?


与那嶺要 - 1.jpg


『Wally YONAMINE(ウォリー・ヨナミネ)』
日本では、与那嶺要(ヨネミネ・カナメ) さんという名前の方が知られているかもしれない。 与那嶺さんは、1925年ハワイが未だ合衆国のテリトリー(準州)だった頃、マウイ島で生まれた。 お父さんは沖縄、お母さんは広島の日系二世。 足がとにかく速かったことで高校から49ersに入団、与那嶺さんはアジア人初のプロアメフト選手となり1947年から1シーズンプレーした。 日系人の多く住んでいるサリナスで行われたチーム内のゲームでは何百人のファンの歓声を浴びた。 怪我に苦しみ現役断念、翌年野球に転向にSFジャイアンツの前身となるSFシールズの傘下のチームに入団。 翌年読売巨人軍のスカウトで1951年シーズン半ばで来日。 与那嶺さんは日本のプロ野球初の外国人選手となった。


選手引退後は様々な球団のコーチを務め、1974年中日ドラゴンズで、エース星野仙一を率いて読売巨人軍のV9を阻止した監督だ。 余生はハワイで過ごし85歳でこの世を去る。 2011年東京でお別れの会が催され当時の楽天の監督、闘将・星野仙一さんがお別れの言葉に "ウォリーイズム" を語った、その星野さんももういない。 その星野さんのお葬式で楽天・三木谷氏が涙ながらに星野さんへのお別れの言葉。 年代的に三木谷氏は与那嶺さんの監督時代を知っているはず、今のミッキーイズムは星野さんと通してウォリーイズムをどこかで引き継いでいるように思うのは考えすぎだろうか?


気がつかなかったけど、ハワイ・ホノルル空港(ダニエル K イノウエ空港)には、与那嶺さんの49ers、巨人時代、中日ドラゴンズ監督時代のユニフォームが展示されているらしく、今度日本に行くときはホノルル経由で行こうかとまで思ってしまった。 是非アジア人初プロのアメフト選手、日本プロ野球初の外国人、そしてアメリカスタイルの野球を日本に持ち込んだウォリー・要・与那嶺さんをちーっと思い出してちょ。


1240トヨタゲート - 1.jpg


【The 49ers Museum】

住所:4900 Marie P. DeBartolo Way, Santa Clara, CA95054
電話番号:N/A
営業日時:金〜日10:00〜16:00
休業日:月〜木
料金:13歳以上15ドル(サンタクララ在住者は割引あり)
URL:http://www.levisstadium.com/museum/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 49ersミュージアム アジア人初のプロアメフト選手彼の方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について