トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【モデストModesto】鉄道の街は不動産会社注目の広域ベイエリアだった

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

【モデストModesto】鉄道の街は不動産会社注目の広域ベイエリアだった

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 交通・鉄道・航空 投稿日:2018年11月23日

modesto看板 - 1.jpg


アメリカの感謝祭は、収穫を祝う為の食べる為の祝日でもある。 
各家庭ではアメリカの伝統的な料理やそのアレンジした物、出身地の料理が並んだりする。 そして週末を実家や旅先で過ごす為のラッシュの混雑はかつてないほどだったそうだ。 皆そんな週末を楽しんでる時、所用でサンフランシスコから東へ約2時間 『モデスト(Modesto)』に滞在する事になった。 
『水(Water)富(Wealth)満足(Contentment)健康(Health)』が市のモットー

ダブルツリーヒルトン2 - 1.jpg


宿泊先は、『ダブルツリーヒルトン(Double Tree by Hilton® Modesto)』
車での移動だったので気がつかなかったけど、実はここアムトラック・モデスト駅にすごく近いホテルだった。 


感謝祭の朝の散歩


UCmarcedLAB - 1.jpg


この時期にしては暖かい朝だったそうだ、サンフランシスコと大して変わらない気温12℃曇り雨上りだったので肌寒さは感じた。 歩いてすぐに UCマーセッド(University of Californonia Marsed)校のラボ を見つけた。 今日は当然休みである。


カリフォルニア州内には、10校の州立大学(University Of California)がありマーセッド校は最も新しい大学。 初めての卒業生を出した年にはミッシェル・オバマ当時大統領夫人のスピーチがあった。


アイスリンク - 1.jpg


"アイスリンク" はオープン前で、スタッフの皆さん清掃兼練習(遊んでる?)中、やっぱり上手い。


DT theater - 1.jpg


アメリカ映画に出てきそうな町の映画館だ。 ダウンタウンの中心にあって地元の高校生とかのたまり場とかなってそうで、外観がクラシックでレトロな雰囲気が実にいい。 1973年の古典名作『アメリカン・グラフティ(Amercan Graffiti)』 の舞台になっているモデスト。 撮影場所は別なところだったりもしたけど、ジョージ・ルーカスの出身地でもあり、この町が舞台になってる。 60年代のこれぞ "ザ・アメリカ青春映画"


GalloCenter - 1.jpg


そして、カリフォルニアワインでは世界最大の生産、輸出量を誇るアーネスト・ガロ&フリオ・ガロ兄弟の "E&J Gallo Winery" の本拠地でもある。 1933年創業の老舗で、ナパワインの父と言われるロバート・モンダビ(Robert Mondavi)氏が生まれる前からワインを作ってる。 ちなみにモンダビ一家はミネソタからこの地の近くLodi(ローダイ)という小さな町でワインを作りたくて移住してきた。


『ガロ芸術センター(Gallo Center For The Arts)』 は、2001年から約6年の構想と建設時間をかけて2007年9月にオープン。モデストだけでなく、スタニスロース郡(Stanislaus County)を代表するアートセンターで、大小2つの劇場からなる。


GalloCenter横断歩道 - 1.jpg


目の前の横断歩道が音符や楽譜になっててお茶目だ。 こんな横断歩道見た事ない^ ^


モデスト駅2遠景 - 1.jpg


さて、ダウンタウンの道から見えたモデスト駅。 そもそもモデストはサクラメント(Sacramento SAC)とロスアンジェルス(Los Angels LAX)を結ぶ鉄道の街として栄えた。1884年に市制を布いた結構古い歴史がある。 2010年の人口調査(Censece)では20万人を超え、カリフォルニア州内で18番目の都市で人口調査の結果で減少したのが一回きり後はどんどん増えていってる。 


サンフランシスコからは、92マイル(147㎞)、州都サクラメントから68マイル(109km)、ヨセミテ国立公園まで66マイル(106㎞) アムトラック(Amtrak)サンワキン(San Joaquin)列車が通っていて2時間弱でサクラメント、また約2時間でバート(BART)リッチモンド駅に着くのでベイエリア方面への通勤可能。 以前はすごく遠い場所だったような気もしたが、最近はお天気情報や交通情報でも出てくる場所になった。 


『サンワキン列車の時刻表と案内ポチョン』


通勤列車となるアムトラックはゆったりとした座席で車内WiFi完備。 早朝の列車に乗るとメールチェックやスケジュール調整をしている姿ばかり、感謝祭朝の8時に出くわすことはなかったけど、インド系(=IT系)の姿が多くなったと聞く。 最近よく聞く言葉に「グレートベイエリア(Great Bay Area)」 がある。 ベイエリアとは、ソノマ(Sonoma)、ナパ(Napa)、ソラノ(Solano)マリーン(Marin)コントラ・コスタ(Contra Costa)アラメダ(Alameda)サンタ・クララ(Santa Clara) サン・マテオ(San Mateo) サンフランシスコ(San Francisco)の9群を言い、その外側のベイエリア・広域ベイエリアとして不動産関係で使われている。 スタニスロース群(Stanislaus County)モデストは、グレートベイアリアを代表する都市だった。 引っ越しについてもサイトがかなり出てくる。 


モデスト駅1 - 1.jpg


11月は紅葉の美しい季節、雨上がりで少し寒い朝だったけど、この見事な色は残念ながら温度差の少ないサンフランシスコで見ることは難しい。 すれ違った人はほんの4〜5人くらい、平日のこの時間は多分ベイエリア・サクラメント方面へ仕事に行く人達がアムトラックを待っているんだろうなと思った。 家の人が車で駅まで送ってそこから列車、日本の通勤風景に似てきてるかな?


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 【モデストModesto】鉄道の街は不動産会社注目の広域ベイエリアだった

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について