トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 意外と簡単、BARTで行くアウトレット

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

意外と簡単、BARTで行くアウトレット

カテゴリー:お題 / ショッピング・雑貨・お土産 / 交通・鉄道・航空 投稿日:2017年7月 6日

livermoreoutlets - 1.jpg

独立記念日セールに行って来た。 セールと言えば "爆買い・大人買い" で沢山のショッピングバッグでやっぱり車で行くのが常だけど、家からBARTに乗って行ってみた。



0904-m - 1.jpg


ダブリン・プレザントン(Dublin/Plesanton)行き。 終点まで乗って行くわけだ。



0928closeium-s - 1.jpg


オークランドコロシアム通過、今日はゲームがあるようだ。 

実はここから先は数年前に一度行ったことがあるだけで記憶も曖昧。



0953Plesanton駅-m - 1.jpg



終点到着。

なぜ終点までむ一回言ったかというのは、一つ手前の駅が『ウエストダブリン/プレザントン(West Dublin/Plesanton)』と東がつく駅。 しかも終点のこの駅別の案内書には『イーストダブリン/プレザントン(East Dublin/Plesanton)』西・東と二つあるのが分かった。 とにかく終点まで行く。



0954bustransfer-m - 1.jpg


皆さんゾロゾロと改札に向かう途中、時折この緑のボタンを押して切符をもらっている人がいたので、何かの役にたつかもしれない念のためもらっておいた。 怒られたら返せばいいと気楽にもらっておいた。 BART TO BUS TRANSFER



1000バス停-m - 1.jpg



この駅は、高速道路580線沿いに出来ていてちょうどダブリンとプレザントンの境目にある。 あっちに行けばダブリンこっちはプレザントン。 アウトレット行きバスはプレザントン側にある。 



1002バス停14番-m - 1.jpg


ホイールズ(Wheels) #14  リバモアトランジットセンター行き

人はまばらでこの辺りバスを使う人はほとんどいないのがよく分かる。 

商店街はおろか売店すらない。



 

1011バス14番-m - 1.jpg



バスが来た、パラパラと7〜8人バスに乗り込む、みんなアウトレットに行く人。 一人だけかと思ったのでなんかホッとした。



1013料金箱-m - 1.jpg

これが料金箱。 幾ら入れたか自分でも見られるようになっている、一人2ドルお釣りは出ない。 クリッパーカードも使える。 そしてさっきもらったトランスファーはどうすればいいか試しに聞いてみたら、半額1ドルでいいと言う。 もらっておいてよかった。


1015出発-m - 1.jpg

週末(土日)は一時間に一本、イーストダブリン/プレザントン駅から8:16始発。 毎時間16分に出発するので覚えやすい。


1030到着-m - 1.jpg



住宅地を通りわずか約15分でアウトレットに到着。 赤い三角はこれから渋滞が起こる前触れだ。 オープンしてすぐの10:30まだ静かな道。 降りたバス停の反対側がBART駅方面の乗り場なのでとっても分かりやい。


結構簡単に到着。 

あまり気軽に行けちゃうとしょっちゅう来ちゃいそうで財布が心配。




【サンフランシスコプレミアムアウトレット(San Francisco Premium Outlets)】

住所:2774 livermore Outlet Drive Livermore, CA 94551

WEB:http://www.premiumoutlets.com/outlet/san-francisco/about



↓バスの情報↓

http://www.wheelsbus.com/route/route-14/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 意外と簡単、BARTで行くアウトレット

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について