トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 加減を知らない雨、停電に見舞われて、

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

加減を知らない雨、停電に見舞われて、

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 天気・気候・気温 投稿日:2014年12月12日

10年に一度の規模(お天気の) "嵐" が木曜日にやってきた。
前日のお昼頃に、早々と休校の知らせが各家庭に通知。  元気な子供達は遊びの計画を立て始め、その為に仕事を休まなけれならない親御さんもでてくるわけだ。  公共交通機関は運休や遅れが確実なので、ケーブルカーはいち早く運休発表。  「なるべく家にいてください。天気情報も見ておいてください」 と各テレビ局で盛んに伝えていて地元テレビKRON4からは嵐情報が頻繁にアップデートされ、水曜日の忘年会でも嵐の話で持ちきりで妙なワクワク感で床に着いた。

トレジョ傘:s.jpg
なんて可愛いトレーダージョーズの貸し傘❤️
記念写真を撮っ瞬間、明らかにお店の人じゃない人が
傘を車のトランク入れて立ち去った! プチ略奪?! 
でも他じゃさせないよ〜


未明から断続的に雨が降り続いていた。  とんでもない暴風雨を想像していただけに少し表抜けした感もあったけど、朝のニュースで市内近郊の停電、河川の増水、冠水、交通機関の運休遅延、突撃リポーターが激しい雨の中での中継‥ そして最後にキャスターが言う「お近くの嵐の様子を是非送ってくださいね」 とFACEBOOK、Twitter、text‥笑顔で情報提供を求める。  停電と言えば "カセットコンロ" の用意もした。テレビがついているので慌てる事はなかったのはのちに気がつく。    困った人達が駆け込む教会も嵐で閉まっていて困っていた観光客・拝観者、アルカトラズ島フェリー欠航で刑務所に行けない人もいた。  用事を足したくても先方が停電でキャンセルとなり近所のトレジョに行くだけ。  発見!嵐の日は、店も道路もどこもかしこも、空き空き・ガラガラ列のないトレジョ、滅多ない体験だった。  


psutter:s.jpg
夜9時頃、小止みになったので散歩。


sonsanddoughters:s.jpg
Michelin(ミシュラン)ヒトツ⭐️
Sons & Daughters(サンズ&ドーターズ)
そうだよね、お客さんキャンセルしないよね
満員だった。


ユニオンSQのクリスマスツリーが停電って
どれだけ真っ暗なのか見物。


scalasoutage:s.jpg
Scala's Bistro は休業


車も人も極端に少ない雨の中で、清々しいトラペットの音色がした。


trumpetman2:s.jpg
Trumpet Man


いつもはケーブルカーの音、車の音、雑多な広場でかき消されていた音が、嵐のおかげで静かな広場周辺に響き渡って、ホーリーナイト。  独り静かに奏でる凜とした姿に演奏後、どこからともなく拍手が湧き上がり、チップが集まった。 感動のあまり私も1ドル入れたけど、10ドル入れた人を見てしまった私には神のご加護はないと悟った。


tree1:s.jpg
これが停電中のツリーだよ。


アナログな音色を背景に眺めてると、電気のない時代はこうだったんだろうなぁと思い、その昔、薄暗い夜サンタさんは本当やってくるのか子供心に不安と期待が入り混じってクリスマスの朝を迎えてたんだろうと童話みたいな空想してしまった。  周辺のホテル・デパートのライトで照らし出されているのもオーガニックで乙なものだ。  トランペット演奏にタイムスリップなツリーと、雨の中やってきた甲斐があった^ ^


cablebus:s.jpg  
代替え輸送のケーブルバス?
ミュニバスでの往復だけどこれも6ドルなのか?!
お客さんは二人


カリフォルニアは干ばつ。  内陸部では、昼間庭の水撒きで500ドル罰金という自治体もある。  "ウォーターパトロール" が町内を見回っているのだ。  取り締まりを受けてしまった人はこの容赦ない雨をさぞ恨めしく思っているかもしれない。  近郊の貯水池の量が6%くらいしかなかったのが11%になった。  1時間の雨量が2inch(2.54㎝×2)って、よく例えで "バケツをひっくり返したような雨" が1時間で3㎝なのでどれだけ降ったか分かった。  加減を知らない雨で停電に見舞われ、いろんな支障をきたし、怪我をした方もいて大変な一昼夜でしたが、週末に向けて回復、冠水した所が復帰まで少し時間がかかるけど、早く日常になれますように。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 加減を知らない雨、停電に見舞われて、

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について