トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 自動車も地産地消 Tesla(テスラ)

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

自動車も地産地消 Tesla(テスラ)

カテゴリー:お金・通貨・両替 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2013年11月 9日

nov082013tesla:m.jpg


11月に入り朝夕はめっきり寒く‥と言ってもサンフランシスコの冷え込みはささやか。  10時すぎポカポカと暖かくなった頃、ツインピークスの丘で車の撮影が行われていた。

カーブの白い車が、"TESLA Model S"  遠くの赤い橋は、ゴールデンゲートブリッジ。


>>>> 偶然、先日車の記事見ていたら、シリコンバレーのエリートお金持ちが、乗りたがっている乗用車、つまり売れ筋が、メルセデスでもジャガーでもレクサスでもなく、この "Tesla(テスラ)" と書いてあった >>>>


自動車情報サイトでの話で、雑誌フォーブスの不動産価値の高いZip Cord(ジップコード、日本の郵便番号)上位25地区のうち8地区で、今年1月から8月に最も売れた車なのだそうだ。


テスラモータース本社は、Palo Alto(パロアルト)シリコンバレー、スタンフォード大学のある街、リチウムイオン電池で走る電気自動車(EV車)のメーカーで、工場も近くの Fremont(フリーモント)という街。  ここは、元・NUMMI(ヌミ)2010年10月までGMとTOYOTAの合弁の生産工場だった場所で作られています。


1位、Atherton(アサートン94027) 15.4%、
2位、Los Altos Hill(ロスアルトスヒル94022) 11.9%、
9位、Portola Valley(ポートラバレー94028) 11.2%

(2013年1月〜8月)

これは、その街の住人の新車登録のパーセンテージ。 パロアルトの近所のアサートンで15.4%トップ10中3つの街が入っている。  全米で最も売れている車フォード、Fシリーズでも全米シェア4.7%でしかない事を考えると、異常な人気ぶり!


シリコンバレーで生産された車が、ベイエリア(の富裕層)で消費、使われているなんてまさに、"地産地消" ではありませんか?!
農作物だけではとどまらない地元意識を感じる。


一台約7万ドルの高級車ですが、カリフォルニア州でテスラ(EV車)を買うと、7500ドル国から控除、2500ドル州から控除受けられるので、1万ドルは差し引きされます。  一人でもカープールレーン(乗り合い車専用レーン)が走れる嬉しいオマケ付き:)

シリコンバレー生まれのテスラ、日本では富裕層のステータスシンボルとなるのでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 自動車も地産地消 Tesla(テスラ)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について