トップ > 日本 > 佐賀特派員 > ぬるま湯が心地よい温泉郷「古湯」に行きませんか?

日本国内日本国内/佐賀特派員ブログ

ぬるま湯が心地よい温泉郷「古湯」に行きませんか?

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月23日

こんにちは、イワハシです。

私、ギリギリまで夏の装いで粘るタイプなんですが、さすがに寒くなってまいりました。


そんなときに恋しくなるのが「温泉」です。佐賀の温泉と言ったら「嬉野」と答える人が多いと思いますが、じっくり温泉を楽しみたいのであれば、私がおすすめしたいのは「古湯温泉」です!


今回は古湯温泉街をちょっとご紹介しますね。

ゆったりとリフレッシュするならおすすめ「古湯温泉」

CIG_IMG012_R.jpg


古湯温泉は、森林に囲まれた山あいの町・富士町にある温泉街です。福岡からも車で約1時間でつくため、福岡からの温泉客も訪れます。


CIG_IMG015_R.jpg


温泉街の入口にはいると昔ながらの雰囲気を残した町並み。しかし、整備は行き届いており最近は古民家をリノベーションしたお店などを増えていることで若い方の訪問も増えているそう。


CIG_IMG019_R.jpg

ロケーションも非常に良く、ひとっ風呂浴びた後の散歩にも良さそう。でも今の時期はちょっと寒いかな...(笑)

CIG_IMG020_R.jpg


道路のところどころには足湯が設置されており、散策で疲れた足を癒すこともできます。


歩いていると色んな所に温泉や温泉宿が見られます。

CIG_IMG014_R.jpg CIG_IMG016_R.jpg CIG_IMG017_R.jpg

ちなみに私は一番上の「英龍温泉」によく行きます。


この古湯の温泉街、古くは湯治場として栄えていたそうですが、この古湯の温泉の特徴はなんといっても「ぬる湯」にあります。

古湯の温泉は温度が約38度ほどの人肌に近い温度です。これがずっと浸かっていたくなるくらいめちゃくちゃ気持ちいいんです!


そして実際に1時間以上は浸かっていられます。私が昔朝一に温泉に入ったときには、歴史小説を持ち込んで温泉に浸かりながら読書しているおじいちゃんがいました。


それほど長く浸かってられて、しかもアルカリ性単純温泉でなめらかな肌触りのいわゆる美人湯!


普通の温泉は30分入ると熱くて出てしまいますが、ここだとじっくりと芯まで時間をかけて温まることができます。
冬でもすぐには冷えませんよ。


10軒以上もの温泉宿が立ち並んでいますので、気に入った宿で、もしくは日帰りで今年の冬は古湯温泉で一年の疲れを癒やしに来ませんか?

温泉情報は以下のリンクでチェックできます!
古湯・熊の川温泉郷

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

イワハシ

日本国内・佐賀特派員のイワハシが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/佐賀特派員
名前:イワハシ

イワハシ

佐賀県生まれ、佐賀県育ち。就職で一度佐賀を離れましたが、また佐賀に戻って仕事を始めました。佐賀県在住のWebライター・ブロガーです!若い頃は「佐賀を出たい!」と思っていましたが、佐賀を愛し、佐賀を盛り上げるために頑張る方々と交流するうちに佐賀が大好きになりました。個人ブログ「WAG MAG.」では自身の趣味や仕事のことの他に、佐賀の面白いスポットやイベント、佐賀のひと・もの・ことについても発信中! DISQUS ID @disqus_payPiezSDl

佐賀特派員トップにもどる


佐賀県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

佐賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 佐賀特派員 > ぬるま湯が心地よい温泉郷「古湯」に行きませんか?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について