トップ > 日本 > 佐賀特派員 > ラーメンでもうどんでもちゃんぽんでもない、「たろめん」を大町町で食べよう。

日本国内日本国内/佐賀特派員ブログ

ラーメンでもうどんでもちゃんぽんでもない、「たろめん」を大町町で食べよう。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年5月31日

こんにちは、イワハシです!

以前に佐賀のB級グルメ「シシリアンライス」 を紹介しましたが、佐賀県にはまだまだその地域だけで食べられているB級グルメがあるんです。


今回はその中の1つ、佐賀県の大町町で食べられている麺、「たろめん」を紹介します!

大町町のB級グルメ「たろめん」


IMG_2115_R.JPG


大町町という佐賀県の小さい町でのみ親しまれている「たろめん」。この麺は正直どのジャンルに属する麺料理なのかよくわかりません。


スープはしょうがの効いた牛骨スープでラーメンのような味わいを感じます。ですが、この麺をご覧ください。


IMG_2116_R.JPG


実は、この麺は「うどん麺」なんです。そして上に乗っている具を見てみると...


IMG_2114_R.JPG


たっぷりの野菜にエビなどの海鮮、まるで「ちゃんぽん」のような具ですよね。

こんなラーメン、うどん、ちゃんぽんのいいとこ取りをしたような唯一無二の麺料理が「たろめん」なのです。このたろめんの由来がちょっと面白いのでエピソードを紹介します。

たろめんが生まれたきっかけのはとあるうどん好きの「太郎さん」という方でした。手打ちうどんが大好きな太郎さんはいつも野菜を取ってきてはうどんに入れて食べていました。

そんな太郎さん、うどん好きが高じてスープの開発を始め、ある時うどんのスープを中華風にしようと思い、なんと中国に渡りスープを完成させました。

そうしてつくられた料理は「太郎麺」と呼ばれるようになり、そこから「たろめん」という名前が生まれたのです。

このたろめんですが、実は時代の移り変わりで一度は廃れてしまった食文化でした。元々は炭鉱町だった大町町、炭鉱で働く炭鉱作業員に愛されていた料理でした。

ですが、時代が進むに連れたろめんを提供する料理屋が閉店し、平成12年に最後の店が閉店してたろめんを食べられる店がなくなりました。

ですが、「あの味をもう一度復活させたい」という人々の思いによって再び復活し大町の歴史が詰まったB級グルメとなりました。

現在は大町町のにある9つの店舗で食べることが出来るほか、インスタント麺の開発も行われています。ちなみに今回は大町町の食堂「家族庵」さんで頂きました。

もし興味がある方はぜひ大町町にたろめんを食べに来てくださいね!

食べられるお店は大町たろめん公式サイト をチェック!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

イワハシ

日本国内・佐賀特派員のイワハシが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/佐賀特派員
名前:イワハシ

イワハシ

佐賀県生まれ、佐賀県育ち。就職で一度佐賀を離れましたが、また佐賀に戻って仕事を始めました。佐賀県在住のWebライター・ブロガーです!若い頃は「佐賀を出たい!」と思っていましたが、佐賀を愛し、佐賀を盛り上げるために頑張る方々と交流するうちに佐賀が大好きになりました。個人ブログ「WAG MAG.」では自身の趣味や仕事のことの他に、佐賀の面白いスポットやイベント、佐賀のひと・もの・ことについても発信中! DISQUS ID @disqus_payPiezSDl

佐賀特派員トップにもどる


佐賀県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

佐賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 佐賀特派員 > ラーメンでもうどんでもちゃんぽんでもない、「たろめん」を大町町で食べよう。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について