トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ2特派員 > ローマにある世界最古の公立美術館を訪れる

イタリアイタリア/ローマ2特派員ブログ

ローマにある世界最古の公立美術館を訪れる

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年2月 2日

1471年、教皇のシクティウス4世がブロンズ像をローマ市に寄贈したことから始まった世界最古の公立美術館は、古代ローマ屈指の文化財等を収蔵しています。この貴重な古代ローマの文化財という歴史ロマンをもっとも感じさせてくれる美術館は、前回、この特派員ブログで取り上げたカンピドーリオ広場にあるカピトリーニ美術館(伊語:Musei Capitolini)です。(前回の記事はこちら


Palazzo dei Conservatori.jpg


この博物館の中央の入口となるのが、カンピドーリオ広場の右側にあるコンセルヴァートリ宮(伊語:Palazzo dei Conservatori)でこの中庭には、フォロ・ロマーノのコンスタンティヌス帝のバジリカ(伊語:Basilica di Costantino)にかつて置かれていた巨像の一部が置かれています。1487年に発掘されたコンスタンティヌス帝の頭、手そして足は、高さにして12メートルあったとされています。


Musei Capitolini_3.jpg


展示されている彫刻の中でもっとも良く知られているのが、紀元前6世紀のブロンズ製の狼像の「カピトリーナの牡狼(伊語:Lupa Capitolina)」で、双子の兄弟のロムルスとレムス(伊語:Romolo e Remo)がその乳を飲んでいる姿がとても印象深いです。ローマ建国神話によればこの双子の兄弟によって紀元前753年4月21日にローマ市を建設されたとされています。その他にも「足の刺を抜く少年(伊語:Spincario)」のブロンズ像もまた繊細で人気があります。


Musei Capitolini_17.jpg


このコンセルヴァートリ宮の絵画館では、ティツィアーノ、ティントレットやレーニ等の巨匠たちの絵画作品が並び、聖ペトロニッラの間(伊語:Sala di Santa Petrinbilla)には、カラヴァッジョの官能的な作品の「洗礼者聖ヨハネ(伊語:San Giovanni Battista)」が展示されています。そして、カンピドーリオ広場の中央に聳え立ち、2世紀頃に作られたとされるマルクス・アウレリウス帝の騎馬像(伊語:Statua equestre di Marco Aurelio)のブロンズ像のオリジナルもコンセルヴァートリ館のホールで展示されています。


Musei Capitolini_23.jpg


カピトリーニ美術館を構成するコンセルヴァートリ宮とヌオーヴォ宮は、地下のトンネルで繋がれていますが、その途中では現在の市庁舎のセナトリオ宮の地下にある古代ローマの公文書館(タブラリウム/伊語:Tabularium)を見ることができます。この法律や公的記録が保管されていた施設は、青銅版(タブラエ)が保管されていたことによりその由来があるとされています。


Tabularium.jpg


また、ここでは、セナトリオ宮の2階部分に繋がり、そのアーケードの窓からフォロ・ロマーノの素晴らしい眺望を眺めることができます。


Musei Capitolini_40.jpg


そして、反対側のヌオーヴォ宮では、古代の彫刻がびっしりと圧倒されるほどに並んでいます。特に哲学の間(伊語:Sala dei Filosofi)の哲学者、詩人、政治家の胸像は、見事な作品ぶりに感動すら覚えること間違いないでしょう。また、特派員の自分としては、アメリカ合衆国の小説家であるナサニエル・ホーソン(英語:Nathaniel Hawthorne)が「大理石の牧神像(英語:The Marble Faun)」を書く契機となった赤の大理石の銅像「嬉しそうなサティロス(伊語:Satiro Ridente)」が印象深いものでした。


Musei Capitolini_42.jpg


永遠の都ローマには、興味深い美術館や博物館が多くあるので、観光に訪れる皆さんにとっては、限られた時間の中でどれを鑑賞するか迷う部分はあるかと思いますが、ローマ2特派員としては、このカピトリーニ美術館もまた、推薦できる美術館の一つで特に古代ローマの歴史ファンであれば訪れたい場所の一つです。


Musei Capitolini_31.jpg


Musei Campitolini(カピトリーニ美術館)
住所:Piazza del Campidoglio, 1, 00186 Roma
開館時間:月~日 9時30分~19時30分
(1月1日のみ14時~20時/チケットは閉館の1時間前まで)
休館日:5月1日、12月25日
臨時休館の場合もあるので、事前にホームページで確認することをお勧めします。
http://www.museicapitolini.org/


Palazzo Nuovo.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員の田澤 龍太郎が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/ローマ2特派員
名前:田澤 龍太郎

田澤 龍太郎

2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

ローマ2特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ローマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ローマ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ2特派員 > ローマにある世界最古の公立美術館を訪れる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について