トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ特派員 > イタリアにまりもブーム到来か!?

イタリアイタリア/ローマ特派員ブログ

イタリアにまりもブーム到来か!?

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月31日

まん丸で、緑色で、コロコロとしたかわいいまりも。
日本では、北海道の阿寒湖のものが、国の特定天然記念物としてよく知られています。子供の頃に、まりもを育てていたという方も多いのではないでしょうか!
ここ2~3年くらいですが、イタリアのお花屋さんやガーデンショップでも、まりもという言葉を聞き始めました。先日、ローマのリナシェンテという大きなデパートのようなお店で、まりもさんが大量に販売されているのを目撃しました。イタリアでは、"Marimo"と呼ばれ、淡水に住む日本の海藻で、幸運を呼ぶものとして紹介されています。
参考記事:
2017年10月15日号 トレヴィの泉近くにデパート「リナシェンテ」が11年の歳月をかけオープン!


Marimo 1.jpg

↑ こちらは、上記の参考記事に掲載しているリナシェンテのトリト―ネ通り店の地下1階で見つけました。1歳の小さなまりもから、6歳の大きなまりもまでたくさん販売されています。


Marimo 2.jpg  

↑ こちらは、リナシェンテのフィウーメ広場店の地下1階にあるまりもコーナーです。イタリア在住の日本人の方より、まりもを欲しいのですが、こちらでは見かけられたことはないですか?というお問い合わせを昔から度々いただいていました。
現在のところ、まりもは、ローマのリナシェンテの2店舗で販売されています。値段は、一番小さな1歳のまりもの子で、19ユーロ程度です。インターネットでも、イタリアでは数社が販売しているようですが、お店に来て、実際にまりもさんを見てから購入するのがおすすめです。形も色も様々なまりもの子がいます。

Marimo 3 (2).jpg

↑ まりもは、世界中に分布しているようですが、イタリアで販売されているものは、認定されたヨーロッパの水生植物育種家から来ているようです。養殖されたまりもさんかと思います。しかし、かわいいまりもとの海外(イタリア)での出会いは実に感動的です。

Marimo 4.jpg

↑ まりもはとてもかわいいですので、プレゼントにもぴったりです。
イタリア語でのまりものキャッチコピーを、Googleの自動翻訳にかけると、「うっとりする海苔」と出ますので、これもまたおもしろく微笑ましいのですが、「日本から来た魅了する海藻さん」はもしかすると、これからイタリアでブームになって行くかもしれません!


ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員の阿部 美寿穂が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/ローマ特派員
名前:阿部 美寿穂

阿部 美寿穂

神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

ローマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ローマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ローマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ特派員 > イタリアにまりもブーム到来か!?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について