トップ > ヨーロッパ > フランス > レンヌ特派員 > 【レンヌ】サン・テリエ地区のフリーマーケット!Le vide-grenier Saint-Hélier

フランスフランス/レンヌ特派員ブログ

【レンヌ】サン・テリエ地区のフリーマーケット!Le vide-grenier Saint-Hélier

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年9月25日

9月になり暑さも和らぐこの季節、フランスの街では地域の住民が出展するフリーマーケットが多く見られます。レンヌでは2019年9月22日(日)にサン・テリエという地区のフリーマーケットが開催されました。散歩しながら眺めただけで十分に楽しめたので紹介させて頂きたいと思います!


◇ブルターニュ国立劇場のある文化地区:サン・テリエ

Arukikata28-Vide-grenier_Saint_Hélier1-Quartier.jpg

サン・テリエ通りを挟むように広がるサン・テリエ地区は、ブルターニュ国立劇場(TNB)や国内のローカル情報を配信する国営放送「フランス3」の基地局が位置する文化的な地域です。ヴィレーヌ川沿いに散歩道が整備され、天気のいい日には子供連れや犬の散歩などをする住民の姿を見かけます。サン・テリエのフリーマーケットは、地区の住民にとって重要イベントの一つ!この日も商品を眺めながら会話を交わす多くの住民で賑わいを見せました。


◇フランス人が大好きヴィッド・グルニエ!

Arukikata28-Vide-grenier_Saint_Hélier2-Bric-a-brac.jpg

フランスのフリーマーケットは、ヴィッド・グルニエ(Vide-grenier)と呼ばれます。直訳すれば「屋根裏部屋を空にする」といった意味で、アメリカ英語のガレージ・セールに近いかもしれません。


厳密な定義はありませんが、似た言葉のブロカント(Brocante)は古物商を意味し、プロの骨董屋さんが出展するイメージです。こちらは値段も張る事が多いですが、質の良いアンティークを手に入れることができます。また、「蚤の市」を意味するマルシェ・オ・ピュス(marché aux puces)やブラッドリーなどの名で呼ばれることもあり、同じ名称でも地域によって雰囲気は異なります。例えば、最も有名なパリ・クリニャンクールの蚤の市では店舗を構えてアンティークを販売していますが、別の街の蚤の市では住民が道端に品物を並べるフリー・マーケットのような場合もあります。


ヴィッド・グルニエと言う場合、大概は地域住民が家から持ち寄った品物を販売しています。特に着なくなった服や、子供のおもちゃなどを販売している場合も多く、必要な人に低価格で品物が循環するフランスらしいエコなシステムです。お気に入りの品物を見つけるのは大変ですが、時には安くて価値のある掘り出し物があるかもしれません。お店が閉まる日曜日に開催されることが多いので、タイミングがあえば覗いてみるのもお勧めです!


◇宝物を探す楽しみ

Arukikata28-Vide-grenier_Saint_Hélier3-Casserole.jpg

写真左上、特徴的なフォルムと花の模様が素敵なチーズ・フォンデュ鍋


Arukikata28-Vide-grenier_Saint_Hélier4-Etagere.jpg

写真左下、フランスの村の民家に置いたらマッチしそうなスパイスなどを入れる小棚


◇手作りスタンドで食べるガレット・ソシス

Arukikata28-Vide-grenier_Saint_Hélier5-Stand.jpg

日本の地域イベントのような趣で、住民が出展する屋台での軽食を取ることも出来ます。ブルターニュ名物のガレット・ソシス(3ユーロ)やクレープ(1ユーロ)、アラビア料理のクスクスやスイーツを販売していました。


Arukikata28-Vide-grenier_Saint_Hélier6-Galette_saucisse.jpg

香ばしくソーセージが焼ける香りに誘われて思わず買ってしまいました!ブルターニュの名物料理と共に、お祭り気分の楽しい一時を過ごすことが出来ました。


今回のフリーマーケットでは何も購入しませんでしたが、見ているだけでも十分満喫できました。店側も客側も自由気ままにお喋りをしながら過ごす飾らない暮らし方が、僕の好きなフランスの一場面です。


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ちください。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


■今回紹介した場所

・スポット名:サン・テリエ地区(Saint-Hélier)

・住所:Rue Saint-Hélier 35000 RENNES

・アクセス:メトロ「レピュブリック駅」から徒歩10分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

高津 竜之介

フランス・レンヌ特派員の高津 竜之介が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/レンヌ特派員
名前:高津 竜之介

高津 竜之介

レンヌ第2大学言語学部非常勤講師(日本語)。現在は同大学人文社会学研究科において「世界の最も美しい村の比較研究」をテーマに博士課程在籍中。レンヌ第1大学経済学部修士課程一年目修了(2013)。サヴォワ・モンブラン大学(アヌシー)経営学研究科修士課程二年目修了(2014)。NPO法人「日本で最も美しい村」連合勤務(2016-2018)。原稿執筆、翻訳・通訳、現地コーディネート、ガイド講師などのご依頼も承っております。過去の仕事例等についてはこちらからご確認いただけます。お気軽にご相談ください。
▼運営サイト
https://lesplusbeauxvillages.com/
▼お問い合わせ先
info【at】lesplusbeauxvillages.com
DISQUS ID @disqus_8SWIa4EjTz

レンヌ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

レンヌを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レンヌ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > レンヌ特派員 > 【レンヌ】サン・テリエ地区のフリーマーケット!Le vide-grenier Saint-Hélier

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について