トップ > ヨーロッパ > フランス > レンヌ特派員 > 【カンペール】アンリオ陶器工房前の注目すべき庭!小修道院の庭(Jardin du Prieuré)

フランスフランス/レンヌ特派員ブログ

【カンペール】アンリオ陶器工房前の注目すべき庭!小修道院の庭(Jardin du Prieuré)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月19日

カンペール焼きの老舗アシュべー・アンリオ工房に行ったら、ぜひ一緒に訪れて欲しいのがロクマリア小修道院の庭。今回は、フランス文化省による「注目すべき庭園(Jardin remarquable)」にも登録されている魅力溢れる庭園を紹介したいと思います。


◇カンペール工芸文化の中心地ロクマリア地区

Arukikata23-Jardin_du_Prieure1-Porte.jpg

旧市街からオデ川を挟んで反対側にあるロクマリアという地区には、フランスで最も歴史ある「アシュべー・アンリオ ファイアンス陶器工房 」(Faïencerie HB-Henriot)やカンペール陶器博物館などがあり、カンペールの工芸文化を支える象徴的な地域です。アンリオ工房も面する落ち着きのある広場の反対側、オデ川に沿って整備されているのが小修道院の庭です。


◇ロマネスク様式が美しい修道院のすぐ近く

Arukikata23-Jardin_du_Prieure2-Eglise.jpg

名前の通り、道を挟んで反対側にはロクマリア大修道院および小修道院、ロマネスク様式が美しいロクマリア・ノートル・ダム教会があります。どちらも12世紀に起源を持っており、フィニステール県に存在するロマネスク様式の建築物としては最も歴史ある場所として知られています。とりわけ、中庭を望む回廊が素晴らしいので小修道院の庭と併せて見学するのがお勧めです!


◇機能的な中世の庭

Arukikata23-Jardin_du_Prieure3-Medievale.jpg

小修道院の庭は、住民生活を支えるための植物が育てられていた中世の機能的な庭からインスピレーションを受けており、3つの空間から構成されています。


- 生活の庭と呼ばれる1つ目の庭は、栄養豊富な木の根、葉野菜、フルーツ、ハーブなど食用の植物が植えられています。例えば、庭に植えられた大麦、ささげ(マメ科の一年草)、マスタードなどは当時の食卓のベースとなる食材でした。


- 2つ目は薬草の庭。医療用の植物が植えられています。当時の修道士は秘伝の治療薬を自ら調合していました。基本的には自然の中で薬草を集めていたそうですが、珍しい品種や外来植物などは庭で大切に育てられていたそうです。


- 3つ目は衣服用の庭と呼ばれ、亜麻、アサなどの服の材料となる植物が育てられています。また、ベニバナなど染料として用いられていた植物も植えられています。


◇天国を象徴する庭園

Arukikata23-Jardin_du_Prieure4-Paradis.jpg

このように、中世の庭は非常に高い機能性を持っていることを特徴としていましたが、同時に外界の地獄と対置される天国を象徴する場所でもありました。中央に置かれた井戸や泉はエデンにある川から流れ込む清らかな水源のシンボルとも言うべき存在でした。

また、白ユリの花は無垢を連想させるなど、それぞれの植物には象徴的な意味が込められていたそうです。


庭では天然石に手書きの説明書きがなされているなど、愛情を持って管理されていることが伝わってきました。心温まる素敵な空間で、リラックスしてみてはいかがでしょうか?


▼一緒に読みたい

【カンペール】フランスを代表する陶器の街!Quimper


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ちください。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


■今回紹介した場所

・スポット名:ロクマリア小修道院の庭(Jardin du Prieuré LOCMARIA)

・住所:Place Berardier, 29000 QUIMPER

・アクセス:「カンペール駅」から徒歩30分

・参考URL:https://www.quimper-tourisme.bzh/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

高津 竜之介

フランス・レンヌ特派員の高津 竜之介が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/レンヌ特派員
名前:高津 竜之介

高津 竜之介

レンヌ第2大学言語学部非常勤講師(日本語)。現在は同大学人文社会学研究科において「世界の最も美しい村の比較研究」をテーマに博士課程在籍中。レンヌ第1大学経済学部修士課程一年目修了(2013)。サヴォワ・モンブラン大学(アヌシー)経営学研究科修士課程二年目修了(2014)。NPO法人「日本で最も美しい村」連合勤務(2016-2018)。原稿執筆、翻訳・通訳、現地コーディネート、ガイド講師などのご依頼も承っております。過去の仕事例等についてはこちらからご確認いただけます。お気軽にご相談ください。
▼運営サイト
https://lesplusbeauxvillages.com/
▼お問い合わせ先
info【at】lesplusbeauxvillages.com
DISQUS ID @disqus_8SWIa4EjTz

レンヌ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

レンヌを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レンヌ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > レンヌ特派員 > 【カンペール】アンリオ陶器工房前の注目すべき庭!小修道院の庭(Jardin du Prieuré)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について