トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 今日のレーゲンスブルク

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

今日のレーゲンスブルク

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2022年5月10日

コロナの規制がゼロとはいかないものの、人々の様子に変化が見られます。
食料品を買いに出かけると、マスクをしていない人の割合が増えてきました。
マスクの規制が撤廃された直後は自主的に自己防衛でマスクをしている人は多かったのですが、最近は意外とマスクをしている割合が減っている感じがします。


4月(年によって異なるが)のイースターごろから春らしさが増すドイツですが、5月中旬になっても霜が降りる日があります。


今年も5月前半に気温が下がり曇りがちな日が続きましたが、ここ数日は再び太陽が降り注ぐ良い陽気。夜の気温もあまり下がらず、今日も夜21時の気温が16度くらいです。半袖にジーンズで出かけても、上着を手にすることもなく帰宅しました。
町中は春の陽気に誘われ多くの人が出歩いていました。コロナ前の世界に近づいた感じです。


月曜日の夜21時過ぎ。ビスマルク広場の噴水付近には、オープンテラスとして周囲のお店が提供するドリンクを飲みながら仲間と過ごす人で賑わっています。
広場や石橋の上にはストリートミュージシャンが。
自転車で旧市街を走るのに、コロナ禍では普通に走れたのが、今では自転車が倒れんばかりのノロノロ運転をしないといけない場面も時々あります。
瓶ビールを手にして旧市街を友人と歩く若者や、立ち止まってはストリート音楽を楽しむ若いカップルなども多くいました。


石橋を自転車で走り抜ける、21時8分頃。コロナを思わせない懐かしい光景を楽しんでいた私の目に、もうひとつ入ったのは、美しい沈みつつある夕日でした。

IMG_9952.jpeg

忘れかけていた、春の訪れ。戯れる人々。


物価の高騰やパスタや油の品薄(いや、ほとんど店頭にない)を除いては、当たり前の日々が戻ってきているように感じます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。大学時代からの11年間でバックパッカーとして約25カ国訪問。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク公認現地ガイド。ドイツビールを日本へ輸入するサポートやピアノの先生をしつつ、トランペットやチューバ、フルートなど、音楽が趣味。2匹の猫、5羽の鶏、たくさんの観葉植物や野菜の苗に囲まれて、自由気ままなドイツ生活満喫中。連絡は こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 今日のレーゲンスブルク

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について