トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 文化財公開日 外はお城、中はギムナジウム(学校)

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

文化財公開日 外はお城、中はギムナジウム(学校)

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月16日

ドイツの学校制度は、小学校が4年間、そのあと3つの学校に進路が分かれます。そのうちの「進学校」とされるギムナジウム。
実は新しい建物、古い建物、いろいろすてきなギムナジウムがあるのですが、(昨年もゲーテ・ギムナジウム についても少し外観を紹介しています)今日は、文化財公開日でチケット制で入場が可能であった、アルブレヒト・アルトドルファー・ギムナジウム(AAG)を紹介します。

IMG_6582.JPG

IMG_6584.JPG

まず、アルブレヒト・アルトドルファーというのは、ドナウ派の代表的ドイツの画家で、16世紀前半に活躍した人です。
ギムナジウムの歴史は、少し複雑で、合併したり名前を変えたり、いろいろあるようですが、レーゲンスブルクにあるギムナジウムのなかで2番目に古いそうです。
私の興味の対象は、建物そのものなので、ここでは「建物」に注目していきたいと思います。

IMG_6619.JPG

↑こちらが本来の正面玄関ですが、交通量が多いので、普段は使われていないようです。


その玄関を入ったすぐは、小さなホールになっていて、これまたすてきな感じ。

IMG_6648.JPG


床のモザイクもなかなかのものです。

IMG_6643.JPG


その奥は、階段の踊り場になっていますが、趣がある造りですね。美しい。

IMG_6634.jpg

IMG_6653.JPG


吹き抜けの上(天井)を見上げると、これまた美しい絵画。
説明がちゃんと理解できなかったので、何とも言えませんが、私の理解では、20世紀初頭に生徒が描いたものだとのこと。本当かなぁ。

IMG_6658.jpg

それにしても、毎年、この文化財公開日に参加すると、いろいろなガイドさんに出会いますが、美術史を専門に勉強しているガイドさんというのは、特殊な知識はあるけれど、人に理解をしてもらうという話し方を勉強していないので、理解できない説明をされる方が多いのです。
今回もまさにそのパターンでした。そんなに詳しいことより、と思うことも多々ありますが、今回の人は早口でドイツ語で変なアクセントがあり、本当難しかったです。が、普段公開されていない建物の内部を見ることができるだけでもありがたい話です。


そして、脇に広がる廊下はこんな感じです。シンプルだけれど、床が美しいですね。

IMG_6644.JPG


壁にはこんなモザイク状にツギハギにされている絵も。これも昔々の生徒の作品と理解しました。

IMG_6656.JPG

右中央よりちょっと下に、ガイドさんのノートが写ってしまいましたが。


そして、その後、移動したのはこんなすてきな場所。
そう、昔の壁がむき出しになっています。

IMG_6665.JPG

ここで行われた説明はあまりにも聞き取れなかったので、無視したおかげで何もわかりませんが。
ただ、これは、地理的に考えると1320年に作られた城壁かな、と思います。
そして、城壁の割には低いと皆さん疑われるでしょうが、レーゲンスブルクは6m ほど掘ればローマの遺跡に出くわすというくらいですから、ここも掘り起こせば、壁の下の部分が出てくるのではないでしょうか。


長いんですよ、こんなに。

IMG_6667.JPG

IMG_6669.JPG


建物は、オランダのルネッサンス様式で、コの字型。


内部の見学は、これで終了。
先ほどの城壁があるところから外に出ると、中庭。

IMG_6614.JPG

写真左の黄色い建物、下の部分は灰色になっていますが、この内部に先ほど紹介した城壁があります。町なかのギムナジウムだけあって、中庭といってもこんな感じですが、それでもなかなかおしゃれです。


歴史的な建物を、バリアフリーにしようとすると少し無理が生じるのですが、ここも改築して、エレベーターを外付けにしてあります。写真中央の文字が描かれた灰色の部分がそれです。

IMG_6671.JPG


それでは、周辺を少し見てみまそう。


周囲を19世紀、20世紀初頭の建物に囲まれ、緑もたくさん、ピザ屋やカフェなども近くにあり、なかなかすてきな環境です。


まずは、正面玄関の斜向かい。緑色の建物は、喫茶店。アイスクリームをテイクアウトしている人もいます。かなり繁盛しているお店のようでした。

IMG_6621.JPG


そのお店の奥には黄色い建物がありますが、こちらも同じ時代の建物でしょう。雰囲気がいいですね。

IMG_6583.JPG


学校のすぐ東の道路には、こんなすてきな緑に囲まれた歩道もあります。

IMG_6588.JPG


これを真っ直ぐ北に進むと、19世紀半ばに建築された、マクシミリアン2世のヴィラ(夏の宮殿)にたどり着きます。

IMG_6592.JPG


この建物は、クルージングでレーゲンスブルクに立ち寄る団体旅行客には、別の角度から目に入り、いったいなんだろう?と気になる最初の建物です。
ドナウ川からアクセスすると、こんな景色。

IMG_6600.JPG


このヴィラにたどり着く前に左折していれば、東の門(Ostentor)にたどり着きます。
これは13世紀のもの。文化財公開日でときどき公開されています。私も19年くらい前、ドイツ語がろくにわからない時代に中に入ったことがあるはずですが。

IMG_6589.JPG


わが子が通うギムナジウムは、やっと3年前から卒業生を出すような新しいギムナジウムです。貫禄が違いますね。
もちろん、手続きさえすれば、このようなギムナジウムに入学することは可能でしたが。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 文化財公開日 外はお城、中はギムナジウム(学校)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について