トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > イタリア④、レストラン

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

イタリア④、レストラン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年9月 8日

イタリアの庶民的なレストランも何度か利用しました。5人家族で夕食1回、だいたい€85~100くらい、1万1000~1万3000円程度です。

例えば、魚介類を中心とした前菜。これで€13、1700円(多分週末料金です)。

IMG_5085.JPG

第1の料理として、ラビオリ。€9、1170円。

IMG_5913.JPG

こちらも第1の料理。私が本場イタリアで食べてみたかった、ペスト(バジルと松の実のペースト)がたっぷりかかったパスタ(タリオリーニ)。

IMG_5087.JPG

ドイツで売られている瓶詰めのペストはまずいので、わが家は必ず自家製のペストを利用しています。が、本場イタリア。レストランのペストをわが家で食べ慣れているものと比べると、もっとバジルの割合が高いかな、という感じ。そして、パスタに対して、たっぷりとソースがかかっているみたい。本物を食べたことがなかったので、これで大満足。ちなみに、イタリア滞在中に、ペストがのったピザも初体験しました。


こちらは、第2の皿。魚介の揚げ物。週末料金で€19、平日だと€13であることが後に判明しました。

IMG_5915.JPG

お魚も食べましたよ。
ここは、漁業も盛んな地区ですが、私たちが泊まった宿のオーナーも漁師さん。彼の話曰く、この時期の天候は漁に向いていないそうです。
それでも、魚がどうしても食べたかったので、注文。

IMG_5920.JPG

わが家は牛肉のカルパッチョやタタールも大好きなのですが、なんとこのレストランに2回目に来たときに、メニューにタタールがありました。そう、生肉です。生肉。

IMG_5921.JPG

もうちょっとおしゃれなレストランも体験しました。

IMG_5571.JPG

IMG_5580.JPG

この下の写真、是非ちゃんとご覧ください。
コップが三つ伏せて置いてあるのですが、なんと、ワインのボトルを切ったもの。青、緑、透明とありました。家族の分を借りて写真をパチリ。そうそう、ミネラルウォーターをボトルで頼んだり、ハウスワインを頼んだりするとこのコップで飲みます。ワインもワイングラスじゃないんですね。でも、周りをみると、ちゃんとワイングラスでワインを飲んでいる人もいました。きっと、もう少し高級なワインなのでしょう。

IMG_5588.JPG

なんか、お洒落ですよね。微妙にサイズが違っていたりしますが、なかなかいいアイディアです。


そう、ここはピザ屋さん。我が家は必ず誰かがカプリチョーザを注文します。(↓)

IMG_5596.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > イタリア④、レストラン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について