トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルク南にある、プロテスタントの公園墓地

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

レーゲンスブルク南にある、プロテスタントの公園墓地

カテゴリー: 投稿日:2021年8月 9日

プロテスタントの公園墓地に行ってきました。
レーゲンスブルクの南、大学にほど近いところにあります。
まず、衛星写真を見てみると、なんだか美しい予感。
天気のいい日の午後、暑いかなぁと思いながら出かけたら、大きな木が心地よい木陰を作っていて、心配無用。

IMG_4858.JPG

↑これは、南半分の中央にある噴水。


ここを中心に円形に広がるお墓もあれば、区画ごとに多少異なるのですが、整然として緑が多く、木陰もしっかりあり、水を汲むための場所やゴミを捨てる場所もほどほどのところに点在しているようで、とても「美しい」大きなお墓です。


隣人のお墓の掃除のために一緒に出かけたのですが、隣人曰く、ここにはジプシーのお墓もあるのだそうです。


実は私、このお墓に興味を持っていたのです。それは、1630年に友人を訪ねてレーゲンスブルクで亡くなった天文学者のヨハネスケプラーのお墓がここにあったのではないかということを長い間、私は勝手に信じていたからです。
実際は、1633年(30年戦争の最中)プロテスタントのお墓は崩壊され、ケプラーのお墓そのものも消滅しています。


この公園墓地の公式ウェブサイトをチェックしたところ、この公園墓地が完成したのが1898年の11月とのこと。
ケプラーのお墓は残っていませんが、駅の近く(北側)にある小さな教会、ペータースキルヒライン(Peterskirchlein、1806年)や、ケプラー記念碑(1808年)などに、ケプラーを偲ぶ石碑があります。


実際、とても豪華な、または古い墓石もあちこちに見られ、一部は文化財指定を受けているとか。
隣人のお墓も戦前からあるもので、古い石を新しくしたかったのに、許可が降りなかった経緯があるそうです。


手入れの行き届いたお墓もあれば、そうでないものももちろんありますが、美術品かと思われるような石像が、個人のお墓の石碑に組み込まれていたり、大聖堂の尖塔のような(↓)造りの墓石があったり。

IMG_4860_toy.jpg

本当はもっとたくさん写真を撮りたかったのですが(それくらい美しい)、隣人の目もあるので、不謹慎かなと思い控えました。本当に美しいお墓でした。

IMG_4861.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > レーゲンスブルク南にある、プロテスタントの公園墓地

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について